市民公開講座にパネリストとして参加します

市民公開講座ちらしより  来る3月10日(日)午後1時半から、周南総合庁舎2階のさくらホールで、医師会主催の市民公開講座が開催されます。

 「かかりつけ医と病院の上手な使い分け」

① KRY気象予報士 山本昇司さんによる特別講演
  タイトル「天気のミカタ」

② 県立総合医療センターの前川剛志先生による基調講演
  タイトル「診療所と病院の使い分け」

③ パネルディスカッション


* 画像をクリックしたら大きくなります

 実は、昨年の秋、徳山医師会の岡本会長さんから
市民代表としてパネルディスカッションに参加し、医療に対しての思いを話して欲しい
というお話を頂きました。

 一市民として、また看護師経験者として、県議会議員として、医療に対してどのような考えをもっているかを皆様にお伝えする、またとない機会であると思い、「了解です」とすぐにお返事をさせて頂きました。

 そして、2月から、パネリストの皆さんと内容について話し合いを重ねてきました。

 そこで今回のパネルディスカッションでは、
「風邪を引いたので徳山中央病院へ行ったら外来で4時間も待たされた。なぜ、熱があるのに、こんなに待たせるの?」

「夜中に熱が出たらどうしたらいいの?」

「ずっと胃が痛くて、食欲もないけど、ひょっとしたがんじゃないかしら。どこの病院にかかったらいいのかなあ?」

「自分にあった、かかりつけ医をみつけるには、どのようにしたらいいの?」


など、市民の皆様が日常生活の中で不安に感じておられることについて、私から出席の5人の医師の方々や周南市消防本部の救急隊員の方に質問し、教えていただく場にしたいと思っています。

 ぜひ、お越しいただきますよう、ご案内申し上げます。

 問い合わせ先 藤井律子事務所 電話 0834-26-0123
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ