第1回YMFGやまぎんカップ山口県中学校ハンドボール大会

ハンドボールちょるる。 少し前になりますが、去る2月2日、周南市のキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターにおいて「第1回YMFGやまぎんカップ山口県中学校ハンドボール大会」が開催されました。

 この大会は、これまで36年間にわたって、地元の「徳山ハンドボールクラブ」が開催していたものです。

 昨年から、この徳山クラブの世話人である宮本さんと一緒に山口銀行へ訪問させていただきました。
 「山口県のハンドボールは、山口国体でも天皇・皇后杯を獲得したが、その後も、各世代にわたって、とても頑張っている。
 これからの山口県のことを考えると、継続したジュニア世代の育成が重要であるので、県内企業として、ぜひ、ご支援をお願いしたい。
 できれば、徳山クラブがこれまで開催してきた『中国、四国、九州地区のチームを対象とした中学生のハンドボール大会』の冠を『やまぎんカップ』にして頂きたい」
とお願いをしました。

 山口銀行さんは、慎重に検討をされ、その結果、今年度から「YMFGやまぎんカップ山口県中学校ハンドボール大会」としてくださいました。

 これまでの地域活動が認められた結果であると、徳山クラブ一同、心から感謝している次第です。大会は、けが人もなく無事終了し、ホッとしています。

 今大会の結果は下記の通りです。おめでとうございます!
男子の部
 第1位 総社市立 総社西中学校 (岡山県)
 第2位 岩国市立 通津中学校  (山口県)
 第3位 周南市立 岐陽中学校  (山口県)
 第4位 岩国市立 平田中学校  (山口県)
女子の部    
 第1位 岩国市立 平田中学校  (山口県)
 第2位 大分市立 東陽中学校  (大分県)
 第3位 倉敷市立 下津井中学校 (岡山県)
 第4位 高松市立 香川第一中学校(香川県)


*** 徳山クラブとは・・・・2010-11-05より***
 昭和29年、現在、クラブの総監督の宮本昌治氏が当時の徳山高校ハンドボール部のOBの方々と立ち上げられました。

 昭和38年の山口国体では、高校の部で徳山高校が男女アベック優勝をしました。これは、歴史に残る成績として今も語り継がれています。残念なことに、この時、成年男子は予選会で下関クラブに敗れ、地元開催の地元チームでありながら出場出来ませんでした。

 その悔しさをばねに練習を重ね、翌39年から昭和44年まで6年連続、昭和47年と昭和49年から4年連続で国体に出場しています。

 成年女子は昭和38年の山口国体出場後、昭和63年から平成4年まで5年連続、平成6年、8年、12年に出場。最近では、男子が平成17年に、女子は平成20年、22年に出場しています。
 
 クラブは、現役(20代~30代)、マスターズ(40代~60代)、応援団(プレーヤー引退後)の3つに分類されます。クラブの活動としては、週2回の日常練習と年間5~6回の大会に参加。

 クラブ運営費の捻出、部員の確保(地元出身の優秀な選手が、関東や関西の大学で活躍後、地元に帰りたいと思っても、県内には就職先がない)、指導者の育成など、課題も多いのですが、みんなで知恵を出し合いながら、クラブ発展のために頑張っておられるところです。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ