平松先生をお迎えしての奉祝講演会

平松先生。中国の今後の動静や対応すべき方向性などについてお話をいただきました。   日本会議山口周南支部では建国記念日に合わせ、「奉祝講演会」を開催しました。

 講師は中国軍事専門家の平松茂雄先生。(法学博士、国際政治学者、国家基本 問題研究所評議員。経歴:慶應大学卒、防衛研究所第3研究室長、杏林大学教授)

 タイトルは『恐るべき中国覇権の現実』

 先生の最近の主な著書は、「中国の安全保障戦略」「中国は日本を併合する」「中国は日本を奪い尽す」「『中国の戦争』に日本は絶対巻き込まれる」「日本は中国の属になる」など です。 

大勢の方がお越しくださり、講演会を熱心に聞いていらしゃいました。 会場には自衛隊のOBの方々をはじめ、中国との関係について関心の高い多くの市民が駆け付けてこられました。女性の方も1割位いらっしゃいました。

 平松先生は、すでに東西冷戦終結間際に、冷戦崩壊後の世界で中国が軍事的台頭することを予感しておられましたが、この度の講演会においては、中国全般の動きを含めて、今後の動静、日本国として対応すべき方向性等について、お話をしていただきました。

 特に、核兵器を持たない日本の国は、いかにして国を守るのか、現実をしっかり踏まえて考えるべきだという点が一番心に残りました。

 日本国民として避けて通れない、非常に難しい問題であることを認識したご講演でした。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ