「第2回絵本と物語のある街・絵本コンテスト」の表彰式①

受賞された方々と一緒に記念撮影。  去る12月25日、「第2回絵本と物語のある街・絵本コンテスト」の表彰式が、山口県周南県総合庁舎の7階で行われました。

 昨年の様子は、こちらを見てください。
 2012-01-10絵本と物語のある街「第1回絵本コンテスト」表彰式 ①
 2012-01-11絵本と物語のある街「第1回絵本コンテスト」表彰式 ②

 私も、2011年にこのプロジェクトがスタートした時から関わってきた者としてご案内を受け、出席しました。更に光栄なことに、今年も、県教育長の代理として「県教育長賞」の表彰状を授与させていただきました。
(作品名「ほしぞら」岡田明花・岡田美砂作)

 昨年は120作品でしたが、今年は嬉しいことに、135作品の応募があったそうです。
 会場の外のスペースには受賞作品が展示されており、素晴らしい内容のものばかりでした。

 中でも県知事賞を受賞された河村友太さん(5歳)の「おばあちゃんのあめ。」は、読んでいるうちに、ホンワカとした温かい優しい気持ちになりました。

表彰式の中で顧問として御挨拶をさせていただきました。  そこで、私は挨拶の中で、
絵本を書くということは、優しい心を育んで行くことだと、改めて気づいた。
 人や動植物、全てのものに対して優しく見つめるまなざしと、思いやりの心がないと絵本は書けない。
 だからこそ、絵本は、それを読む人の心を、優しい気持ちにさせる不思議な力を持っているのだと思う」
とお話しさせていただきました。

 このことに気付いた今、より多くの子どもや、親子に、この感動を体験させてあげたいと思いました。これからも絵本のある街づくりに、頑張ってまいりたいと思います。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ