11月議会一般質問④観光力の向上について(2)年間宿泊観光客数四百万人構想

<山本知事 答弁> 

 観光力の向上は、少子高齢化が進む本県において、地域や経済の活性化を促す起爆剤となるものであり、私は、「産業力・観光力の増強」を明年度予算の最重点に掲げ、年間宿泊観光客400万人の実現を目指した、重点的、集中的な取組を進めることとしたところです。

 この実現に向けては、特に大都市圏をターゲットとした観光客の誘致拡大が不可欠であり、そのためには、ご指摘のような、全国イベント等のタイミングを捉えて、戦略的な情報発信や各地域の観光資源の魅力向上、ホスピタリティの充実などに取り組み、本県に繰り返し訪れていただけるような受入体制づくりを進めていくことが重要と考えております。

 このため、このたびの岩国錦帯橋空港開港を契機とした広域観光キャンペーンにおきましても、これまでの取組の成果を活かしつつ、首都圏への効果的な情報発信や県内2空港を活かした新たな観光ルートの形成、地元の食、歴史素材を活かした観光資源の充実を図るとともに、多様なサービスを盛り込んだ観光パスポートブックを配布しているところです。

 また、地元各市町の観光協会や地旅の会などの連携により、ボランティアガイドの育成や受入サービスの充実などを図るなど、おもてなし体制づくりにも取り組んでおります。

 県としては、今後、市町や関係団体と連携しながら、こうした受入体制の一層の充実を図るとともに、その成果を今後開催予定の大型イベントにもしっかりと活かし、宿泊観光客の拡大に繋げてまいりたいと考えております。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ