今年もフォークダンスの発表会が開催されました

会場もクリスマスツリーやリースで華やかに飾り付けられていました。 「第34回世界のフォークダンス発表会」、「第40回冬季フォークダンスの集い」が周南市立徳山小学校で開催されました。色とりどりのコスチュームに身を包んだ450人のお姿は、他では見ることができない華やかなものです。

 私は、県のフォークダンス連盟の顧問として参加し、開会式で、次の2点についてお話しをさせていただきました。

① 山口国体の成果を繋いでいくために、県では「やまぐち総合スポーツ大会」を開催することになった。10月21日、維新百年記念公園陸上競技場で、スポーツ関係表彰式が行われ、県フォークダンス連盟の野木会長がスポーツ功労賞を受賞された。

中村学園の生徒のみなさん。かわいい衣装で踊っていらっしゃいました。② 昨日のテレビで、フィギィアスケートのNHK杯の様子が流れていた。ある一人の高齢の女性に、「どなたのファンですか?」とインタビューがなされた。

 その女性は「17歳の羽生結弦くんです。あんな可愛い子が孫だったらいいのに」と答えられた。

 今日は中村学園の生徒さんがたくさん参加してくださっている。孫みたいな年代だ。結弦君とはいくら孫であっても一緒に滑ることはできないが、中村学園の可愛い孫とは、一緒に踊ることができる。これがフォークダンスの素晴らしい所ではないだろうか。

 その後、新しいダンスの指導があり、私も6曲習いながら踊りました。なかなか難しいものばかりで、冷や汗ものでした。

皆さん大変お元気に、難しいステップも軽い足取りで踊っていらっしゃいます。 参加者の平均年齢は70歳ですが、指導者の先生が一度説明をされると、皆さんはすぐにそのステップを覚え、上手に踊られます。いつもその能力の高さに驚かされますが、やはり長年続けてこられた練習の成果だと思います。

 その後、各グル―プごとに練習してこられたダンスが披露されました。どのグループのダンスも、とても素晴らしいものばかりでした。これからも、仲間の皆さんとしっかり踊っていただき、元気に年を重ねてほしいと願っています。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ