山口県消防操法大会を見学して

 9月19日、山口市鋳銭司にある山口県消防学校において、山口県、(公財)山口県消防協会、山口県消防クラブ連合会主催による平成27年度山口県消防操法大会が開催されました。

 この大会は、消防技術の向上、及び、消防団員の士気・連帯意識の高揚を図り、消防団の活動力の強化と県民の理解を深めるために開催されるもので、県内の消防団、及び女性消防隊の代表が消防操法の技を競います。

 本大会の基本操法ポンプ車の部に、第12分団久米・櫛浜支部が、また、基本操法小型ポンプの部に、第13分団大島・粭島支部が、周南市の代表として出場しました。両分団とも私の地元ですので、朝から応援に行きました。

 7月19日に周南市の大会が開催されて以来、(2015-07-31 第13回周南市消防操法大会)団員の皆さんは、暑い中、毎晩、集まっては練習をされていました。出場選手だけでなく、分団員全員が集まり、練習の手伝いをされますし、周南市消防本部からも指導に来てくださっていました。

 この基本操法は、ホース延長から放水までの基本的な操作の確実性と迅速性を競うもので、大会では、その練習の成果を発表します。本番前の皆さんの顔には、普段は見ることができない程の緊張感が漂っています。

 残念ながら、両チームとも優勝はできませんでしたが、共に、大変すばらしい操法を見せていただきました。

 大島・粭島支部には地元の日本精蝋の会社にお勤めの方が数名入っておられます。本大会にも3名の方が出場されていましたが、企業と地域が連携して、地区の安全を図る活動をされているのも珍しいことと思います。

 また、この大会では、他にも、応急操法の部(5種類の障害を突破し、2種類の標的を打ち落とすもの)と、女性消防団員による軽可搬ポンプ基本操法の部と、女性防火クラブによる水バケツ消火競技の部があります。

 水バケツ消化競技には、私の看護学校時代の同級生が出場していました。彼女は毎年のように出場していますが、チームワークも良く、命中率も高く、見事に優勝しました。「すごいなー!」と感動しながら、友人としても誇りに思います。

 夜は、団員や消防本部の方、約60名参加のもと、賑やかな反省会が行われました。「今回は優勝を逃してしまったけれど、次回はまた頑張りたい」と言う若者の声を聞いて頼もしく思いました。皆さんお疲れ様でした。

櫛浜地区敬老会に出席して

 9月の第3月曜日の敬老の日を控えた13日、地元櫛浜でも長寿を祝う敬老会が開催されました。現在、櫛浜地区の人口は6000人のうち、75歳以上が984人いらっしゃいます。

 櫛浜小学校の講堂には敬老会に参加される約150人の皆さんが集まられました。胸には入り口で小学生に掛けて貰ったお祝いのメダルが光っています!

 お世話をされるのは、地区の社会福祉協議会・婦人会・コミュニティ推進協議会・民生児童委員会等々。櫛浜地区の結束の固さを感じます。

 私は、挨拶の中で、先日の東日本豪雨による鬼怒川の氾濫についてお話しました。

*****

*テレビを観ていると、まるで4年前の津波を思い出させる映像。
*周南、櫛浜では、これほどの大きな災害はまだ起きたことがない。
*これまでも、災害現場で被災者にインタビューすると、必ず、「長い間、ここで生活してきたけど初めてのこと」と言われる。

櫛浜地区の気になる点
 太華山・・・大雨によって崩れる可能性がある。
 海岸沿い・・・高潮で浸水する地区がたくさんある。
 西光寺川・・・拡幅工事はまだ時間がかかる。
 櫛浜久米線の周辺・・・コンクリートで固めた街になった。今までは、雨を畑や田んぼが溜める役目をしていたが、それがなくなった。一気に川に流れ込むので、西光寺川の水が増える。氾濫も起こらないとは言えない。

*一番大切なことは、自分が住んでいる家に、どんな危険があるのか、しっかり知っておくこと。
*先日、災害時の避難場所となる櫛浜支所・公民館が新しくなった。何か災害が起こりそうだと思われた時は、遠慮なく、とにかく早めに避難して欲しい。
*自分で逃げることが難しい方は、早めに誰かに頼んでおいて欲しい。
自分の命は自分で守ることに、みんなで取り組もう。
*支所まで避難するにしても、体力が要る。自分で少々歩けるくらいの体力、筋力を保持しておくこともとても大切。食事や運動など、日常生活にも気をつけて。

*****

 祝賀会の後、小学生の金管バンドの演奏、地元の「八千代座歌舞伎」の「弁天娘女男白浪」が上演されました。

 多くの方たちと出会い、楽しく交流できた一日でした。


 皆様の今後ますますのご健勝をお祈りいたします。

看護師出身の地方議員の勉強会②

 勉強会の2日目は、学士会館にて、石田昌宏参議院議員との勉強会と情報交換会でした。参加した地方議員のメンバーは1日目の3人と、金沢市議会議員の久保洋子さんの4人です。

 石田先生の秘書をされている平間さん(看護師経験を持たれる男性)も仲間に入られ、今の医療政策に対する質問や、少子化に対する意見交換などもしました。

 特に、「平成28年度の看護関係予算概算要求概要について」、石田先生から詳しくお話を聞きました。
①看護職員の資質向上と復帰支援
②地域医療介護総合確保基金による医療介護提供体制改革
③看護師の特定行為に係る指導者育成事業
④ナースセンター事業
⑤母子保健医療対策の強化
 など・・・。

 看護師の経験を持つ議員だからこそ、今の医療体制や、看護師確保対策、不妊治療などに対して、とても率直な意見を言うことができます

 普段、それぞれの議会の議員同士では話すこともできない様々な内容について、深く掘り下げた意見を交換しました。とても中味の濃い勉強会・情報交換会であったと思います。

 今後も定期的にこの会を重ねていくことを約束して、それぞれの帰路につきました。皆さま、お世話になりました。

看護師出身の地方議員の勉強会①

 9月10日と11日東京にて、「看護師出身の地方議員の集まり」を、今回初めて開催しました。

 私が所属している日本看護連盟には、国会議員は高階恵美子参議院議員をはじめ、石田昌宏参議院議員など4人の方がいらっしゃいます。また、市議会議員も全国には8名いらっしゃいますが、県議は私1人です。(日本看護連盟HP 地方議員の紹介ページ参照)

 今年度の看護連盟総会の時に、私は市議の皆さんに、
「折角これほど地方議員がいるのだから、ぜひ、集まって、それぞれの地方が抱えている課題などを基に、勉強会をしませんか?」
と、提案しました。

 この呼びかけに札幌市の議員さんが快諾してくださり、準備も進めていただき、今回、勉強会を開催できることになりました。

厚生省にて勉強会 1日目は、厚労省に出向き、現在、地方の医療体制維持に喫緊の課題である
「地域医療介護総合確保法」に基づく「地域医療介護総合確保基金の活用と基金スキーム」について、
また、看護師確保対策などを含む「地域医療構想の実現に向けた今後の対応について」勉強会を開いて頂きました。

 対応してくださったのは、厚労省医政局、地域医療計画課の北波課長さんと、看護課看護職員確保対策官の笹子さんです。とてもわかりやすい資料を準備していただき、最新の動きを教えてくださいました。

 私ども、地方議員は、ちょうど、9月議会のまっ最中のため、全員が揃うことが叶わず、札幌市議会議員の宮村素子さんと小嶋裕美さんと私の3名になりました。逆に、少人数ですので、地元の細かな課題についてもしっかり質問することができました。

高階先生の部屋へ。 勉強会の後には、高階恵美子政務官のお部屋に通していただき、厚労省の笹子さんも交え、意見交換会を行いました。

 その後、懇親会には埼玉市議の稲川 智美さんもお見えになり、石田昌宏参議院議員と一緒に、5人で活発に意見交換を行いながら、楽しいひと時を過ごしました。

 同じ志を持つ仲間と言うのは、すぐにお互いを理解できていいですね。とても有意義な勉強会となりました。

つづく・・・

安倍首相の総裁再選おめでとうございます!

 任期満了にともなう自由民主党の総裁選挙が、今月8日に告示されました。
 この日、自民党県連では朝8時から県議会に集合し、テレビを観ながら総裁選の成り行きを見守っていました。

 再選を目指した安倍総理大臣に対抗して、野田聖子衆議院議員が立候補の動きを見せておられましたが、断念するという記者会見が流れ、その他に立候補者はなく、安倍総理大臣の無投票での当選が決まりました。早速、みんなで万歳をし、再選をお祝いしました。

 そして、24日、自民党は党本部で、党大会にかわる両院議員総会を開き、総裁選挙管理委員会の野田毅委員長が、総裁選挙の結果を報告し、安倍総理大臣の再選を正式に決定しました。

 再選により、安倍総裁の任期は、明治維新150年の節目となる2018年までになります。
 (2015-09-01 「安倍晋三内閣総理大臣を囲む会」

 安倍首相には今後、くれぐれもお体にお気をつけ頂いて、日本の国を守るために、また、今、一番大きな課題である地方創生に、全力で取り組んでいただきたいと願っています。

 私ども、自民党県連は、総理・総裁の御膝元として、安倍政権をしっかり支え、一致団結して、さらなる党勢拡大に向けた取り組みをしてまいりたいと思います。

 安倍首相の今後ますますのご活躍をお祈りいたしています!

「輝く女性応援会議」に参加して

 9月8日、内閣府主催の「輝く女性応援会議」が山口県教育会館で開催され、環境福祉委員会の委員として関心を持って参加しました。

 最初に村岡知事が
山口県では、毎年1万人ずつ人口が減少している。特に若い女性が多い。逆に福岡県は、毎年1万人ずつ若い女性が増加している。山口県では、他県にはない取り組みとして、女性の創業支援のための応援会社をつくった。他にも子育て支援として、男性の育児休業を勧めるなど取り組みを進めている。女性の活躍を応援しているので共に頑張りましょう!」
とご挨拶されました。

 次に内閣府大臣政務官、越智隆雄衆議院議員が「全ての女性が輝く社会を目指して」というタイトルで基調講演されました。

 その次にパネルディスカッション第1部。輝く女性として、西京銀行営業統括部の荒瀬ひろみさん、うさみ労務経営事務所の宇佐美理世さん、企業組合工房HaHaの山本百合恵さんの3名と、各界リーダーとして、(株)カシワバラ・コーポレーションの柏原伸二会長、県経営者協会の玉田英生副会長、ライフスタイル協同組合の船崎美智子さんの3名によるパネルディスカッションで、コーディネーターは、山口大学の鍋山祥子教授がされました。

 最後にパネルディスカッション第2部として意見交換があり、上記の7名の他、村岡知事も登壇されました。


 女性が社会で活躍するためには大きな壁があります。
①配偶者の転勤や移動・・・キャリアアップへの弊害、定年まで勤められるか?
②出産・子育てなど、女性にかかる責務・・・仕事との両立が困難
③女性本人に働く強い意志はあっても、社会の全体、家族の理解や支援がないと無理。


 しかし、今、
④人口減少を乗り切っていくには女性の力がなくては無理。
⑤高齢化する中山間地域の中で、元気な地域には必ず女性の活躍がある。
⑥女性の明るさ、コミュニケーション能力の高さは、地域づくり、仲間づくり、県づくり、国づくりに欠かせない。「女性が輝けば、日本が輝く
⑦女性を活用すれば、経営にとってもプラスになる。

と、女性の力がようやく評価され始めたように思います。

 働く女性への支援が社会全体で大きくクローズアップされ始めた今を好機ととらえ、出来る限りの応援をしていく時だと思います。そのことが少子化に大きく影響を与えるのではないでしょうか。

藻谷浩介さんの「みんなで考える地域活性化」を聞いて

 去る9月6日スターピアくだまつ大ホールにおいて、周南青年会議所の主催にて、日本総合研究所 主席研究員の藻谷浩介さんのご講演がありました。

 藻谷さんは周南市出身。徳山高校、東大法学部卒、現在51歳です。「みんなで考える地域活性化」と言うタイトルでお話をされました。

地域活性化って何?・・・
 交通が便利になること?工場が増えること?もっと好景気になること?
 いやいや、周囲に赤ちゃんの声が聞こえること
 これ以上、人口が減らなくなるように、若者がこの地域に戻り子供が生まれ続けるように、「誇りの持てる地域」を残さなければ!

地域内でお金を回すことの重要性について・・・
 市民一人が年間に使うモノ、消費額の100万円のうち、1万円でも、地元産品の消費に回せば、20億円が地域経済に回って、年間400万円の雇用500人分に匹敵する。

「地産地消」と「地消地産」の違いについて・・・
 隣のショッピングセンターに行った。鳥取の梨はあったが、須金の梨はなかった。
 その地で消費するものくらい、その地で作らなければ。
 今回ここに用意してくださった水もフランスのものだ。下松にも美味しい水はいっぱいあろうに。

* 周南が今、やるべきこと
 ①若者が戻り、子供が生まれるような施策。
 ②雇用を生む6次産業で域内循環を再構築。
 ③県の中心だった徳山駅前周辺の空洞化を止めること。


など、とても有意義なお話を伺うことが出来、これからの政治活動に活かしていきたいと思っています。

 また、屋外では、工作や折り紙教室、手芸品や野菜の販売、飲食ブースなどが用意され、雨の中ではありましたが、多くの市民が楽しんでおられました。

櫛浜支所・公民館の落成式に出席して

 かねてより工事が行われていました櫛浜支所・公民館が完成し、去る5日、落成式が盛大に開催されました。私も地元の県議という事でご案内を受け、祝辞を述べさせていただきました。

 この支所・公民館の建設に関しては長い歴史がありますので、挨拶の中で、その経緯について簡単に紹介させて頂きました。

1)平成元年、櫛浜地区では、当時のコミュニティセンターの所長、浅田育雄さんを中心として、「まちづくり推進協議会」が設立された。
 東部給食センターの移転、櫛浜西保育園の閉鎖などに伴うまちづくりや、櫛浜久米線の整備など、地域の将来を見据えた構想を打ち立てるために、住民が一体となって、市と共に、いろいろな話を進めていた。

2)平成18年、周南市の広報に「市民参画条例」を制定するという記事が掲載された。
 この条例は、「地域で責任を持って町づくりを進め、皆が安心して暮らすことのできる豊かな地域社会を築いていこう」というもの。
 浅田さんは、その動きをすばやくキャッチされ、当時の最重要課題である支所・公民館の建て替えについて検討するために、それまでの会を改め、「櫛浜地区街づくり懇話会」を立ち上げられた。

3)櫛浜地区は、地形的にも、土砂災害、川の氾濫、高潮や津波など、様々な災害が予測される場所。
 櫛浜公民館は、昭和42年に建設された市内で一番古い公民館で、避難所としての機能を充分発揮できる状態ではない。住民の皆様からも
いざという時、どこに避難すればいいの?
という不安の声があがっていたので、支所公民館の建て替えは急務だった。

4)浅田さんが亡くなられたので、この会の会長に田中義啓櫛浜自治会連合会長に就任していただき、活動を継続していくことになった。

5)平成21年、田中会長は、地区の諸団体の意見をまとめ、数名の代表と共に「建て替えに関する要望書」を市長へ届けた。

6)平成22年、青木市議会議員が議会で一般質問。
 市から、「積極的に取り組んでいく」という答弁がなされたので、懇話会を、「櫛浜まちづくり協議会」へと形を変え、市との会議や近隣の公共施設の視察を重ねながら、実現に向けてアイディアを出し合ってきた。

7)市の公民館建て替え事業に、これだけ市民が会議を重ね意見を伝えたことは他には例がないのでは?
 この櫛浜方式は、きっと、これからの公民館建て替え事業のモデルになるのではないだろうか。

8)完成した新施設は広くて明るく、また大変開放的な建物。広いステージがついた講堂には、櫛浜の古い街並みが描かれた緞帳がかけられた。
 授乳室やエレベーターの設置など、各所に細やかな優しい配慮もなされている。

*****

 これまで長年、みんなで思い描いてきた夢が実現し、とても嬉しく思っています。私たちは、今後、この住民の想いの詰まった新施設を、地域コミュニティの核として、情報・文化の発信地として、お互いの支え合いの拠点として、大切に使ってまいりたいと思います。ありがとうございました。

 施設の概要については、先日の見学会の際にブログに掲載していますので、そちらをご覧になってください。
 2015-08-16 櫛浜公民館・支所の下見

山口県の少子化対策②出生数が増えました!

② 「知事とイクメンパパの料理教室

 県では8月30日、お父さんの家事・育児参加の気運を盛り上げるため、家庭でも簡単に作れる、お父さんのための料理教室を開催しました。

 山口調理製菓専門学校で行われ、メニューはハンバーグ、枝豆ポテトサラダ、コンソメスープ、ライス、みかんの寒天ゼリーなど。

 村岡知事もご家族の皆さんと一緒に参加し、ハンバーグ作りに挑戦されました。
 (県のHP参照)

*****

 夫が家事・育児をする時間が長いほど、第2子以降の子どもが生まれやすいという全国調査の結果があります。また、結婚を望んでいるのに出会いがないという県民の声も良く聞きます。

 これらの声をもとにしながら、村岡知事は「できることは何でもやっていく」という姿勢で取り組んでくださっています。

 全国的にも、少子化に対して徐々に施策が進んできており、先日嬉しいニュースが入りました。



 昨年、全国における1月~6月の出生数累計は496,391人で、年間出生数は100万人を割るのではないかと言われていましたが、推計で100万1000人だったようです。

 今年も100万人割れを阻止したいところですが、去る8月26日発表の厚生労働省「人口動態統計月報」から6月の速報値を見てみると・・・

 6月の出生数は85,788人(前年同月比1697人の増加)、今年1月~6月の出生数累計は 508,802人となり、前年同期比で12,411人も増加!今年も年間出生数100万人をしっかり超えることを期待できそうです。


 また、山口県においても、1月から6月までの出生数の累計が、昨年は5,464人でしたが、今年は5,547人で、83人の増加となっています。

 県内で昨年1年間に10,197人の赤ちゃんが生まれましたが、この調子で進めば今年も1万人以上の赤ちゃんが生まれるであろうと推測できます。

 是非、一人でも多くの赤ちゃんが生まれます様、大きな期待をしています。

山口県の少子化対策①「結婚応縁センター」

 先日から山口県が取り組んでいる少子化対策の中で、とても嬉しいニュースがありましたのでご紹介します。

 9月3日に「やまぐち結婚応縁センター」がオープンしました!

 少子化の主な原因として、未婚化・晩婚化の進行があり、その背景には男女の出会いが減少していることがあげられます。結婚を希望する若い男女に、少しでも多くの出会いの場を提供するため、1対1の出会いのサポートを行うセンターを立ち上げました。

<やまぐち結婚応縁センター>
開設場所:
 山口市神田町 パルトピアやまぐち(防長青年館)3階
開設時間:
 月・木・金曜12:00~19:00
 土・日・祝日10:00~17:00
 (火曜・水曜・年末年始はお休み)
TEL:083-976-8300
ホームページ:https://www.yamaguchi-kekkon.com

会員登録の方法
 1)入会できる方:20歳以上の結婚を希望する独身の方
 2)登録料は5,000円/年
 3)会員登録の方法:
  ①センターのホームページ から仮登録+予約
    →センターにて登録
  ②電話で来所予約
    →センターにて登録
 4)必要なもの:
  入会申込書兼誓約書
  本人・住所を確認できる書類(運転免許証など)
  独身を証明できるもの(本籍地の市町が発行する「独身証明書」)
  入会登録料

事業の内容
 県内4か所に窓口を設置し、結婚相談、マッチング、引き合わせから、交際、成婚に至るまで、きめ細かなフォローをする。

 具体的には、登録後、会ってみたい相手のプロフィールを検索、引き合わせの申し込みをする。
 その後、スタッフが調整し、相手が承諾された場合、引き合わせをするほか、交際中はアドバイスなどのフォローを行う。

 その他、独身男女が出会い、交際するきっかけとなるイベントを開催する他、「やまぐち結婚応援団」のイベント情報の発信を行い、出会いの場の創出を積極的に行っていくそうです。

 効果に期待しています!
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ