「瀬戸内の海を美しくする会」活動参加者の声

 私が会長を拝命している「瀬戸内の海を美しくする会」や、顧問をしている「県釣り団体協議会」では、海底清掃や稚魚放流を行っていますが、いつも、幼稚園児や大学生などと一緒に活動をしています。

 これは、単に人手が必要だからということではなく、未来を担う子供たちに活動を通して、環境教育を行うことを目的としています。

 活動後に、参加した子どもたちからお手紙をいただくことがあります。



 昨年の秋、海浜清掃と稚魚放流を一緒に行った久保小学校5年生の皆さんからも、活動の後にお礼のお手紙を頂きました。感想の一部をご紹介します。


拾ったゴミの賞味期限が、自分の生まれる前だったのに驚いた。
*見たこともない、昔のペットボトルがでてきた。
*海にゴミが多いのは知っていたけど、ここまでとは考えてもいなかった。
*ナイフや便器、服など、普通ありえない物がたくさんあった。これからはゴミを拾いたい。
*岩のすきまやブロックの間にもたくさんゴミがあってびっくりした。

ごみが多いとお魚も住めないし、放流したキジハタも成長できない汚い海になってしまう。ごみ拾いをして、少しでもきれいな海にしたい
*稚魚放流は初めて。「頑張って育ってくれるかなぁ」と思いながら放流した。
*命を大切にして、優しく放流してあげたので元気もりもりの魚になると思う。
*キジハタは放流しても、10匹に1匹しか生き残れないと聞いてびっくりした。魚の命を大切にしようと思った。
*これからは魚や魚以外の生き物にもちゃんと感謝の気持ちをもっておいしく食べたい。

魚たちの住んでいる海をこれ以上汚さないように、まずは自分からごみを絶対に捨てないようにしようと思った。
*海だけでなく身のまわりでもゴミ拾いをしたい。


 活動の中で、私たちの想像以上に子供達が様々なことを感じていることがよくわかり、大変嬉しく思いました。

 こうした海の活動を始めて、10年近く経ちます。当時幼稚園だった子供たちも、今では中学生になっています。

 小中学生から、「幼稚園のころにおばさんと一緒に稚魚放流したよ!おもしろかったよ!」と言う声を頂くこともありますが、なかなか他ではできない貴重な体験であり、いつまでも記憶に残っているようで、嬉しく思います。

 多くの子供たちに「自然を大切にする心」「命を愛する心」が育つよう、これからも継続していきたいと思っています。

角膜提供された後に…「母蛍」

 先日、徳山中央ライオンズクラブ会長のお母様がお亡くなりになられました。私もメンバーの一員として、また、お母様にも大変お世話になっていた関係上、ご葬儀に参列させていただきました。

 お母様は、アイバンクに角膜を提供されたそうで、葬儀の中で、公益財団法人やまぐち移植医療推進財団より感謝状が授与されました。

 感謝状を伝達されたのは、同財団の評議員をされている新南陽若山ライオンズクラブの山本二雄さんです。山本さんは、感謝状を読み上げられる前に、弔辞を述べられました。その中で、
 「数年前、私の母が亡くなった際にも、献眼をしました。6月の初旬、初七日の法要を済ませた後、車を運転中に、季節外れの蛍が1匹、フロントガラスの前を飛んで行きました。その時、あっ、母が蛍になって帰ってきた。きっと献眼したことを喜んでいるんだ!と思いました。その時に詠んだ句です。
 『逝きてなお  光導く 母蛍』」 

 私は、その光景を頭に描きながら涙が出ました。山本さんのお母様の角膜は、視力がない2人の方へ移植されたそうですが、その人の目になって、今もこの世を見ておられるのだと思います。

 角膜移植をするためには、死後8時間までという時間制限がありますし、家族は葬儀の準備等で、故人がアイバンクに登録をしていることなど、思い出す余裕もありません

 死はいつ訪れるかわかりません。予期せぬ葬儀となる場合もあります。私も夫が亡くなった時、
できることなら角膜移植をして欲しいな
と言っていたことをすっかり失念してしまい、後悔しました。
蛍の光を見ると、亡くなった方が思い出されます。 そのために、一般質問で、「病院のカルテの表紙などに、大きく印をしておくのはどうか?」と提案をしたわけです。この意見に同調してくださり、システムを変えてくださった病院も少しずつ増えてきていると伺っています。

 故人の遺志が活かされる体制づくりを願っています。


櫛浜の街づくり・・・通学路の安全確保

 櫛浜久米線の開通により、新しい街づくりも日に日に進んでおり、とても嬉しく思っていますが、同時に、櫛浜地区の周辺道路では交通の状況に大きな変化が起こっています。

 便利になった一方、徳山東インターと企業団地を繋ぐ交通量は約2倍となり、朝夕のラッシュ時には、ひどい渋滞が見られるようになりました。

 また、渋滞を避け、狭い市道など生活道を迂回路として通り抜ける車も増えてきました。

 こうした交通状況の変化から、地元の櫛浜小学校では児童の安全の確保のために、「多少遠回りになっても安全な道を通るように」と通学路の変更が行われています。最近は小学校前の市道を通る車が増えてきており、先生方やPTAは大変な苦慮をされています。

 そこで先日、周南警察署の田中交通課長に櫛浜に来ていただき、現地で一緒に、
「どうしたら児童の安全が確保できるか」
「小学校前をう回路にしないためどうしたらいいか」

等の対策を話し合いました。

 櫛浜小学校の松田校長先生のお話によると、櫛浜小学校前の道路をう回路にする大きな原因として、県道の塩田交差点の右折レーンの渋滞があるという事でした。

 ラッシュ時、下松へ向けての右折レーンに長い列ができ、この渋滞を回避するために、その手前の交差点を右折する車が多いのだそうですが、その先に小学校がある訳です。

 そこで対策として、塩田交差点の信号機の右折信号を3秒長くされました。(1秒長くする毎に、1台多く右折できるそうです)

 すると、右折レーンの渋滞が一気に解消され、結果として小学校前の交通量が減少しました。

 2月2日の朝、あいさつ立哨に立った時、校長先生から、
「おかげさまで、子供たちが安全に登下校できるようになりました」
と御礼の言葉を頂きましたので、早速、田中交通課長さんにも伝えました。

 子供たちの安全を守るのが、大人の役割だと思います。すぐに取り組んでくださった警察をはじめ関係の皆様に感謝しています。

櫛ヶ浜駅前の街づくり

 櫛ヶ浜駅前には、以前は県道に沿って、写真屋、美容院、精肉店、靴屋、新聞屋さんなど、10軒近くの商店が並んでいました。しかし、ここ数年の間にほとんどが店じまいをされ、空き家となっています。

そして遂に、最後のお店である喫茶店も、先日閉店されました

 この商店街は、線路を背中にして櫛ヶ浜駅から東に細長く伸びた形です。店舗の前は交通量の多い県道ですので、駐車場も確保できないため、結局は消費者のニーズに応えられなかったようです。

 駅前にこのような空き家が続いている状況は、見栄えが悪いだけでなく、治安上も不安で、「どうにかならないのだろうか・・・」とずっと思っていました。

 しかし、この商店街は、戦後、JRの土地を借りて、そこにお店をつくり、商店主に貸すという手法で進められた街づくりだそうで、現在は、それをまとめる人もいなくなったことが、撤去できなくなった理由という事でした。

 ここ数年、市の方へ、どうにかして欲しいという陳情を櫛浜住民の皆様と一緒にして来ましたが、つい先日から、撤去作業が始まりました。

 まだ1軒しか撤去されていませんが、今後も少しずつ作業は続けられるそうです。商店街が無くなったことは寂しく思いますが、全てが撤去され、駅前がスッキリと整備される日が楽しみです。




「第3回やまぎんカップ」が開催されました

 去る14日、「第3回やまぎんカップ山口県中学校ハンドボール大会」が開催され、山口県だけでなく、岡山県や香川県、高知県からもご参加を頂きました。

 男女合計12チームでの熱い戦いの結果、男子は高松市立香川第一中学校、女子は岩国市立平田中学校が優勝されました。

 私も、試合を観戦しましたが、非常にレベルの高い、素晴らしいプレーが展開されていました。

 それもそのはず・・・スタッフに伺ったところ、3月の全国中学生ハンドボール選手権大会に、各県代表として出場されるチームが、今回の参加チーム12の中に7つもあったそうです。

 昨年の全国中学生ハンドボール選手権大会では、岩国市立平田中学校がアベック優勝をされました。全国大会でのアベック優勝は、山口県では50年前の山口国体以来の快挙であり、平田中学校が、山口県ハンドボールの歴史を塗り替えられたわけです。
 選手の皆さんには、これからも、「ハンドボールの歴史は自分たちがつくっていく」という気概で、頑張って欲しいと願っています。

 また、山口銀行の方たちと観戦しながら、「山口県の中学生の皆さんの活躍が素晴らしい」という話をしました。その理由を尋ねられましたので、
小学生の時からジュニアのチームに入り、ハンドボールに親しんでいるからです」
とお答えしました。

 ハンドボールはマイナーな競技とよく言われますが、県内においては決してそんなことはなく、小学生からシニアまで多くの市民が楽しんでおられ、とても嬉しく思います。

 ますます「ハンドボール王国」と言われるように、選手の皆さんのご活躍を期待しています。

「第20回ツルへの年賀状コンクール」の表彰式

 去る2月8日、「第20回ツルへの年賀状コンクール」の表彰式が周南市熊毛総合支所の「夢プラザ熊毛」で開催され、主催者の「ナベヅル環境保護協会」のメンバーである私も来賓としてご案内を受け、出席しました。

 会場には受賞された方々の作品が展示されていました。

 最優秀賞の角田さんの作品には、ふわふわと浮く雲と、今年の干支である羊、6羽のツル、八代の里の光景が描かれていました。羊の上には小さな十二支と作者が描かれており、思わず顔が緩みます。

 いつも感じることですが、温かい心のこもった年賀状は見ていると、まるで、自分がツルになって、自分がもらったような不思議な気持ちになります。

 県議になった12年前から、私はこの会に御縁を頂いていますが、技術的にもその頃より数段レベルアップし、本当に素晴らしい年賀状ばかりです。審査員の皆さんも甲乙つけがたい作品なので、「賞」を決めることに悩まれたのではないかと思います。

 私は今年も挨拶の場を頂きましたので、次のように申し上げました。

***

 『ツルは環境のバロメータになる生き物』と言われる。
 ツルは自然の中で生活するが、自然は、農業や林業などを通して人間が守っていなければ、すぐに失われてしまう。
 自然がなくなると、ツルは生きて行くことができない。同時に、人間も住みづらくなる
 このことに気付かれた八代地区では、田んぼで餌をついばむツルのために、農薬をできるだけ使わずにお米を作っておられる。
 ツルも喜んでいると思うが、農薬を使わないお米は、人間にとっても嬉しいことだ。
 また、農薬を使わなくなると、ホタルなどの生き物が増えた。
 『ツルやホタルが住む環境』は、我々人間にとっても、健康的な生活ができる住みやすい自然環境だ。
 『ツルと人との共生の里』と言われる由縁だ。これからもツルをたからものとして、みんなで守っていこう!

***

 受賞者の皆さんは、幼児から高齢の方まで、実に幅広い年代の方々。
「60年前に八代の里を訪れた時の記憶を思い出しながら書きました」
「家族みんなで書きました」
など、いろいろなお話を聞かせて頂き、皆さんの「ツルに対する熱い想い」をとても嬉しく思いました。

 今年の秋も、また、1羽でも多くのツルが舞い戻って来てくれることを、みんなで祈りたいと思います。 

第38回全国高校ハンドボール選抜大会中国地区予選会」と「第20回中国高校ハンドボール新人大会」

 2月7-8日、周南市キリンビバレッジ総合スポーツセンターで、ハンドボールの「第38回全国高等学校選抜大会中国地区予選会 兼 第20回中国高等学校新人大会」が開催されましたので、山口県ハンドボール協会の会長として開会式に出席しました。

 周南市でこの両大会を同時開催するようになって、今回で20回目という節目の年を迎えました。

 中国地区の高校生ハンドボーラーにとっても、周南市民にとっても、この時期、周南での本大会がすっかり定着してきた感があります。今回は、中国5県のトップチーム男女合わせて44チームの皆さんをお迎えしました。

 選抜予選に出場されたのは男女各10チームですが、3月25日から愛知県の豊田市と岡崎市で開催される全国高校選抜大会に出場できるのは、男女それぞれ3校です。その切符を求めて、どのチームも全力で熱い戦いを繰り広げられました。


 その結果・・・

<第38回全国高等学校選抜大会中国地区予選会>
男子

優勝:岩国工業高校(山口)
準優勝:下松工業高校(山口)

3位:総社高校(岡山)

女子
優勝:玉野光南(岡山)
準優勝:華陵高校(山口)
3位:山陽高校(広島)

 ぜひ、全国選抜大会で優勝目指して頑張って欲しいと思います。


<第20回中国高等学校新人大会>
男子

優勝:岩国高校(山口)
準優勝:下関中央工業高校(山口)


女子
優勝:高森高校(山口)
準優勝:岩国商業高校(山口)



 山口県勢のめざましい活躍を本当に嬉しく思います。

 来年8月にはいよいよ周南市等においてインターハイが開催されます。今回、参加された1、2年生の選手の皆さんには、今大会を一つのステップとして、是非、来年のインターハイ出場を大きな目標に今後も練習に励んでいただきたいと思います。

公認証を頂きました

岸県連会長から公認証の交付を受けました。 2月7日、山口市のホテルで、自民党の公認証交付式が開催され、この春の統一地方選挙の県議選に立候補を予定している32名へ、岸県連会長から「公認証」が手渡されました。

 現職29名、新人3名の計32名。私は1回目が「自民党推薦」でしたから、3回目の公認証。大変身の引き締まる思いです。


 また、2月2日には、自民党統一地方選挙対策本部が、県連の中に設置されました。私は総務会長として、本部員を命じられました。


秋月事務所にて。 投票日まで2ヶ月を切りました。立候補予定の皆さんは、全力で後援会活動をしておられます。

 自民党の公認証を交付された方、全員の当選を祈念しています。




「守破離」の言葉を頂いて

 高橋史朗先生の講演の時、併せて、書籍販売を企画しました。私も先生のご著書「対談集『主体変容の教育改革!』人づくり・国づくりを考える」を買い求めました。

 その後、先生にサインを頂く機会を得ました。先生は、他の方には「大丈夫!」と言う言葉をサインと共に書き込まれていましたが、私には
 「あなたは議員さんだから」
とおっしゃって、
 「藤井律子先生 『守破離』 高橋史朗
と書いてくださいました。

 恥ずかしながら、私は守破離と言う言葉を茶道の中でしか聞いたことがなかったので、「議員だから」と言う先生の意図がわからず、ただ
「ありがとうございます」
と言って、質問の機会を逸してしまいました。

 帰宅後、私は、「守破離」について調べてみました。

********

 修行の段階をあらわす教えで、600年前に能の世阿弥が「風姿花伝」のなかで展開した芸能論の一部で、『風姿花伝』からヒントを得た千利休が、茶道の作法を読んだもの。師弟関係を重んじる武芸(空手道、剣道、書道、茶道、華道など)の世界ではよく使われる言葉。

【守】
 ひたすら師匠(上司・先輩)の教えを守っていく時期。
ひたすら話を聞き、完全にできるようになるまで、師匠の行動を真似て、自分のものにする。

【破】
 今までの考え方ややり方の枠を超えていくこと
。師匠の教えどおりにやるだけではなく、自分なりの考え方ややり方を少しずつ盛り込んで試行錯誤を始める。

【離】
 師匠の教えを土台に、自分なりの考え方ややり方を盛り込みながら、プロフェッショナルへの階段を駆け上り、師匠の庇護の下から離れていく。

 弟子(部下・後輩)を教える立場になることができる。

 「守」の時期にいい師匠にめぐり合って、きちんと真似ることができ、型を身につけた人だけが「破」の時期の楽しさを味わうことができるのであれば、スポーツや芸事だけでなく、仕事も同じだと思いながら、高橋先生は私に「本物の議員」になって欲しいという思いを込めてのサインであろうかと思いながら、本を読んでみました。

 すると、251ページにはこう書いてありました。

*******

 千利休の「守破離」の「守」とは、師の型を学んで、「型」の「格」に至るという事です。
 その手本が今大人にあるのか、親にあるのか、教師に、官僚に、政治家にあるのかと言う問題が根っこにあるのではないでしょうか。
 この「守破離」の精神を現代に蘇生させる必要があります。


*******
 
 現代社会の中で、「範」となる人たちがいなくなったという指摘であろうかと思います。子供に自信を持って見せることができる「背中」を持った親になれるよう、また、3期目の議員にふさわしい行動がとれるよう、これからの頑張って行かなくてはならないと改めて痛感した次第です。

 高橋先生、素晴らしい言葉をありがとうございました。

高橋史朗先生のお話をお聞きして②

講師の高橋史朗先生。 高橋史朗先生がお話になられた中で、特に心に残ったことをご紹介します。

*****

3歳までに「罪悪感」や「恥」について、親が子供に教えるということが大切。
  低年齢(小2まで)での万引きが増えている。
 親にも罪悪感がない。対症療法ではどうにもならない。
 子供には「ならぬものはならぬ」というルールを教え込む。

* 学級崩壊のビデオを総理に見せたら、「これは休憩時間の様子か」と言われた。「いいえ授業中です」と答えた。
  危機感を持って取り組まなくてはいけない。

* 虐待、発達障害などの早期発見・フォローアップには縦割り行政では無理。
  1歳半検診の時、人の目を見ない子供…自閉症の疑いがある。

* 親から愛されたことのない人は、自分が子育てに当たるとき、子供にどう接したらよいのかわからない。

* 日本人は精神的に劣化してきた。中高年の万引きが増えている。

* 自助、共助、公助社会…「自助努力」は家族の絆でもって行われる。育児・介護

* 待機児童が多いというが、本当の待機児童はいない。待機母親がいるだけ。
  子供が犠牲になっている。
  子供は温かい母親の胸に抱っこされ、愛情いっぱいに育てられる方がいいに決まっている。
  子育ては親の責任。預けて働けばいいというものではない。

* アベノミクスの「女性の活用」は誰のためのものか。
  労働力の確保だけではないはず。

* 結婚や性差をめぐる意識には、日本と諸外国には大きな違いがある。
 「男は男らしく、女は女らしくあるべきだ」と考える人は、アメリカでは男性61.1%・女性55.5%、中国では男性75.9%・女性68%、韓国では男性61.3%・女性32.3%。
  日本では、男性38.9%、女性22.5%

* 日本を取り戻す教育が必要である。未婚化を助長する家庭科の教科書に大きな問題点がある。(独身生活の利点、等)
 結婚しない方が気楽で経済的で自由だ、という教育がなされているのではないか。
  子供を産むことができる時期…働くことより大切なことがある

女性が働くと出生率が上がるという論調があるが、実は嘘である
 3歳以下の子供を持つ母親にアンケートとると、60%が働きたくないとなった。

補い合い、性差を活かし合って日本を取り戻す「真の姿」

*****

 久しぶりに、私の子育て論と志を同じくしたお話を伺い、意を強くしました。

 女性議員として、このような内容の話をするときは、躊躇しながら慎重に言葉を選び、話していますが、高橋先生のストレートで子供の目線に立った育児論をお聴きして、とても嬉しく思いました。

 参加者も多くの方が賛同されており、安心しました。

周りに子供の声が聞こえないのは寂しい
という切実な声、
一人でも多くの人に、赤ちゃんを産んでほしい。赤ちゃんを育てる喜びを知って欲しい
という女性ならではの声もあがりました。

 ひとりひとりの意識の変化が社会を変える力になると思います。これからも、この活動を続けていき、少子化対策を考えていきます。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ