「時事通信プレミアムセミナー 自治体消滅」に参加して

講演の間は写真を撮影禁止でした。会場の様子。 今年の5月8日、増田寛也元総務相が座長を務める「日本創成会議」人口減少問題検討分科会は、「2040年までに全国の約5割を占める896自治体が、将来消滅する可能性がある」という試算を発表し、多くの人がショックを受けました。

 その増田氏が、東京の時事通信ビルで開催される時事通信プレミアムセミナーでお話をされるというので、行ってきました。

 増田氏のお話は昨年の11月の都道府県議会議員研究交流大会でもお聞きしました。

2013-11-19第13回都道府県議会議員研究交流大会に参加して
 
 この時も人口減少社会に対する警告を発せられました。私も大きな関心を持っておりますが、今回、本当に地域は消滅するのか、生き残るためには何が必要なのか現状を知り、先進事例に学び、その対応策を学ぶ目的を持って拝聴しました。

『2040年、地域消滅!! ~「極点社会」が到来する~』
 講師:増田寛也氏(野村総合研究所顧問、東京大学大学院客員教授、元岩手県知事)
 
人口減少の要因は、20~39歳の若年女性の減少と地方から大都市圏(特に東京圏)への若者の流出の2点

*推計によると、2040年には全国(1799市区町村)のうち896市区町村が「消滅可能性都市」に該当。うち、全体の29,1%にあたる523市区町村は人口が1万人未満となり、消滅の可能性がさらに高い。
  
少子化対策と東京一極集中対策を同時に行う必要がある。

*根拠なき悲観論は益にならない。国民が基本認識を共有し、適切な対策を打てれば、人口の急減を回避し、将来安定的な人口規模を得ることができる

 様々な角度から、厳しく人口減少社会を考え、その打開策を提案されたお話でした。「悲観論」のみでなく、具体的且つ適切な対策を早急に打つことが大事であると痛感しました。

(2)『地域を元気にする7つの戦略 ~人口減少社会の今、何をすべきか~』
講師:田中章雄氏(㈱ブランド総合研究所代表取締役社長)

*現在、各地で行われている地域ブランド戦略は単発的なもので、街づくりや活性化と連携していないものも多く、戦略になっていないものが多い

地域活性化をまとめるコンセプト作り
 1)「こだわり」のある地域特産品
 2)お客にとって「食」は食べるだけではない
 3)お客は体験することで、興味や価値を倍増させる

*住民・出身者からの愛着度を高めブランド伝道師となり、消費者に魅力を伝える力を高める。

地域資源(自然・歴史・文化・食・店・伝統工芸・イベント・サービスなど)を融合・連携させ外部へ展開することで、人・もの、お金が集まってくる。

 全国から地方議員を始めとする多くの方が参加し真剣に聞いておられました。私自身も、とても勉強になる会でした。
 

徳山高専ハンドボール4連覇!

 8月18日19日に徳島県鳴門市において「第41回全国高等専門学校ハンドボール選手権大会~とどけようスポーツの力を東北へ!~」が開催されました。

 全国を4ブロックに分け、各地区での予選を勝ち抜いて集まってこられた代表12校による熱い戦いの結果、見事、中国ブロック代表の我が徳山工業高等専門学校が優勝されました!

 (準優勝は、有明高専[九州沖縄地区、3位は津山高専[中国地区]と大阪府大高専[近畿地区]でした。)


3連覇をされたときのお祝い会の様子です。 しかも、徳山高専は通算5回目、4連覇という素晴らしい成績です。今年の1月には増田先生の叙勲受賞祝賀会と併せて、徳山高専の3連覇の祝賀会を開催したところですが、またまたこの嬉しい報告に心が躍る思いです。

 徳山高専のホームページによると、高専に入ってからハンドボールを始めた学生さんが結構多いそうです。1年生から5年生までの5年間の活動期間がありますので、チームワークづくりには適していると思います。


 4連覇という言葉に、今後、ますますプレッシャーがかかるとは思いますが、ぜひ、引き続きご健闘されますよう、祈念いたします。おめでとうございます!

人口減少・地域活力維持対策特別委員会②

 子育て世代の方たちと話すと、よく言われるのが、「病児保育を充実して欲しい」という事です。

 病児保育とは、体調に不安のある子供(熱発、嘔吐、湿疹など)を預かることですが、他の子供への感染なども懸念され、一般の保育所では断られるケースが多いので、山口県の各市では小児科医院に併設されています。

 朝、その小児科の外来を受診した後に子供を預けるのですが、保険診療以外の利用料がかかります。

 しかし、いくらお金がかかっても「病児保育」の施設があればいい方で、実は各市に設置されているわけではありません。例えば美祢市の人は市内にないので、山陽小野田市の小児科などに受診し、預けなければなりません。働くお母さんにとっては大きな負担です。

 私は、そのような話を聞いた時、いつも思うことがあります。

 それは、子供が病気の時ぐらいは、お母さんが、誰にも気兼ねなく仕事を休める環境が欲しいということです。

 もちろん、医師や看護師、教師など、休むことが難しい職業の方にとっては「病児保育」や「病後児保育」の施設が必要です。

 もし休むことができる職場の人であれば、病気の子供を抱いて看てあげて欲しいと願います。子供にとって、熱がある時や体調が悪い時はお母さんの胸に抱かれることが一番の薬になります。

 さらに、長い人生の中で「子育て」の時期はあっという間に過ぎていきます。

 「子供の熱が出たから休ませてください」
と申し出た時、
いいですよ。しっかり子供さんを看てあげてください
と優しく言ってもらえる職場環境が望まれます。

 快く勤務を休ませてもらっていれば、自分が子育てを終えた時には、次の若い人に
「どうぞ、しっかり子供さんを看てあげてくださいね」
と、言ってあげることができます。そこには「優しさの連鎖」で「優しい子育て環境」ができると思います。

 核家族化が進み、おじいちゃんおばあちゃんの力を借りられない状況が進んでいますので、社会全体で子育てに関わる必要性が高まってきました。

 特に、平成23年に設立された「地域協育ネット」は、中学校区ごとに県内ほぼ100%設置されており、新しい枠組みができております。学校・家庭・社会の連携の中に、幼稚園や保育園、子育て支援施設・グループ等の参加も求めて、ネットワークが広がれば、より有機的な繋がりになり、安心して子育てができる環境づくりになるのではないかと思います。

 社会全体で、優しい子育てについて考えていくことが必要な時代になってきました。少子化はますます進んでいきますので、皆様どうぞよろしくお願いしますね♪

人口減少・地域活力維持対策特別委員会①

 「人口減少・地域活力維持対策特別委員会」が開催され、
「生産年齢人口の流出防止対策」
 ・子育て世代の県内移住の促進に向けた取組
 ・男女の出会い・交流サポートの取組

「安心して暮らせる出産・子育て支援」
 ・出産環境の整備・充実
 ・子育て環境の整備・充実
 ・出産・子育てに係る経済的支援の強化

「女性や高齢者など県づくりを牽引する多様な人材の育成」
 ・高齢者が元気で活躍できる環境づくり

について審査しました。


 午前中は、山口市の特定非営利活動法人「あっと」理事の杉山美羽さんと、ボランティアスタッフの眞柳麻奈さんを参考人に迎え、「子育て家族の声 ~地域子育て支援の活動より~」という内容でお話を聞かせていただきました。

 専業主婦の集まりでありながら、地域に根付いた大変すばらしい活動をされていることに感動しました。ぜひ、このノウハウを県内各市町へ届けていただき、全県的な取組をすべきと思います。

 また、眞柳さんはこの子育て支援の中で、「子供や親が互いに育ちあい、成長する」過程を見て、
次に出産した時には、子供を預けて働くことも考えてもいいかな
と発言されました。この言葉をお聞きして、安倍総理が言われている女性の活躍・活用に進んでいくのだと実感しました。まさに、安心して子供を預けることができる制度が必要だと思います。


・・・続く

桜木野球スポーツ少年団 全国ベスト8!

 長年応援している「桜木野球スポーツ少年団」から嬉しいニュースです!

 桜木野球の皆さんは、5月の県大会で準優勝をされ、8月5日より徳島県で開催された「全国学童軟式野球大会2014」に進出しました。

 そして、見事全国でベスト8という素晴らしい結果を納められました。誠におめでとうございます!

 この経験や想いを胸に、メンバーの皆さんが今後益々ご活躍されますよう、私も名誉副会長として応援しています。

ラジオ体操と周南スープ②

「周南スープ」***周南スープのつくりかた***

(材料4人分)
ナス(40g)
セロリ(40g)
キャベツ(50g)
玉ねぎ(100g)
トマト(120g)
マッシュルーム(20g)
水煮大豆(50g)
人参(20g)
かぼちゃ(80g)
パセリ(2g)
塩(小さじ5分の1)
ブイヨンの素1個
トマトケチャップ(大さじ1.5杯)
水(500㏄)
塩コショウ 適量


作り方

①トマトは湯通しし、皮をむく。縦半分に切り種を除き、刻む。

②マッシュルームは薄切り。

③セロリ・ナスは1㎝角にきり、水にさらす。

④その他の野菜はざく切り。

⑤水煮大豆はざるにあげておく。

⑥鍋にかぼちゃ・大豆以外の野菜と塩を入れ、火にかける。ふたをして蒸し煮にする(弱火で15分)

⑦水・ブイヨンの素を入れ、さらに煮る。沸騰してきたらかぼちゃ、大豆を加え、柔らかくなるまで煮る。

⑧トマトケチャップを加え、煮立ってきたら中火にし、アクを取り調味する。

⑨パセリはみじん切りにしてさらしておく。

⑩スープをお碗によそい、パセリを散らす。

ラジオ体操と周南スープ①

朝のすがすがしい光の中で。 去る7月26日、櫛浜小学校のグランドで、「朝のラジオ体操会」が開催され、多くの市民が集まり、みんなで心地よい汗を流しました。

 主催は櫛浜公民館。共催は櫛浜スポーツクラブ、櫛浜子ども教室運営員会。バレーや野球などのスポーツ少年団の子供たちもたくさん集まってきました。

 昨年は周南市の合併10周年記念大会として市の野球場で開催されました。
2013-08-07 周南市誕生10周年記念「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会」に参加して

 その際にも、櫛浜までみんなで一緒に歩いて帰った後、婦人会の皆さんのお世話で「朝食を食べる会」を開いて頂きましたが、今年も櫛浜婦人会の皆さんのご協力により、美味しい朝食を用意してくださいました。

 メニューは、パン、夏バージョン周南スープ、スイカです。体操終了後、子供たちは一斉に並び、美味しいスープに思わず笑顔が!きっと、今日のラジオ体操のことは、このスープの味と共に、大人になってもずっと覚えていることと思います。

地区の「お母さん」役。婦人会の皆さん 櫛浜婦人会の皆さんは、このような地区の行事があると、必ず、地区のお母さん役として食事をつくってくださいます。今日も、周南市食生活改善推進協議会お薦めの「夏バージョン周南スープ」をつくってくださいました。

 婦人会のメンバーの一人は、
「最近は、朝ごはんを食べない子供が増えているそうです。朝ごはんを食べると、脳の働きも良くなりますので、ぜひ、朝食は摂るようにしたいですね」
と言われていました。とても美味しかったです。ありがとうございました。

 皆様も是非お試しください。

 レシピはまた後日・・・

鹿野市とアートフェスティバル②

鹿野市。 8月2~3日、鹿野地区中心部において「第4回いっておかえり。鹿野市(かのいち)」が開かれました。

 これは、街の中心部の古民家や商家などがカフェやギャラリーに変わるイベントで、鹿野ブランド創出研究会・かの高原開発・鹿野町商工会の共催で行われるものです。

 かつて、中央に水路があり、市(いち)が開かれていた旧山代街道沿いの賑わいを復活させようと、2日間限定で昨年から開かれています。

 普段は使われていない空き家が骨董市、雑貨市に様変わりし、金魚すくいや射的、かき氷店などが軒を並べていました。私も、お茶のお道具や、瀬戸物などを買い求めました。

 水路には、足湯ならぬ「足水」もありましたし、多くの市民の方が訪れ、色々なお店を楽しんでおられました。

 鹿野の街をこんなにゆっくりと歩いたのは初めてです。多くの皆さんと交流することもできました。準備をされた皆さん、お疲れ様でした。

鹿野市とアートフェスティバル①

見事なお花。紫陽花が涼やかに、鹿野クオーツの石英ガラスに活けられていました。 「潮音洞(ちょうおんどう)」開通360周年と名水サミットin周南を記念して、「鹿野アートフェスティバル2014」が8月1~4日「コアプラザかの」で開催され、岩崎家の「お宝展」や、アート作品展示、お抹茶カフェなど、様々な企画が行われました。


岩崎家の「お宝展」

 現存する岩崎家の住宅には、岩崎家が所蔵していた古文書や書籍、製売薬用具などが多数残されています。

 2006年の調査報告書によると、3200点余りが確認され、全国的な売薬業の展開を知ることができる貴重な資料だそうです。


薬の製造に関わる道具の展示 家の玄関の上に掛けてあった看板や、薬の製造に関わる道具一式は、現在、佐賀県鳥栖市の「中冨記念 くすり博物館」に所蔵されているそうですが、今回は、その博物館から逆に貴重な道具を貸し出して頂いたそうで、いくつもの部屋に分けて展示公開されていました。

 調査や整理が始まったばかりの日本画や掛け軸、武者人形などの美術品も今回初めて公開されるそうですが、全部で約1000点のお宝に感激しました。


アート作品展示

 鹿野地区の伝統工芸品の山代和紙をはじめとして布・石英・木・土を使用したアート作品も展示されました。

竹細工のブース。体験コーナーもありました。 どのブースに行っても、地区の皆さんが丹精込めてつくられた絵手紙やバッグ、竹細工、裂き織りなど・・・ため息が出るほどの見事な作品がずらり!

 本当に素晴らしいものを見せていただき、ありがとうございました。




続く・・・

鹿野の潮音洞を見学して②

可動堰渋川の可動堰
  この堰で水を溜め、水路に水を流していく最初の地点です。










田んぼの中を通る水路。870mの水路
  田園風景の中を通っています。
  この田んぼにも水は配分されながら流れて行きます。









取水口裏山の取水口
  少しかがんで中を覗いてみると、昔の石組みが見えます。










漢陽寺裏庭の出水口漢陽寺の裏庭の出水口
  ゴウゴウと大きな音をたてながら、水が止めどなく溢れ出てきます。
  漢陽寺の裏の廊下に腰掛けて、しばし周囲の木々と溢れ出る水を堪能。









清流通り。⑤この水は漢陽寺の中の美しい庭を流れ、清流通りへと進みます。
  水車や、池、句碑、神社、しだれ桜などを見ることができる延長545mの通りです。
  水を中心として自然・文化、そして住民の生活が一体となった散策スポットとなっています。






⑥この水路を中央にし、両側に家を建てていく方式で、鹿野の街づくりは進みました。
  

足湯ならぬ、足水。⑦現在は道路の両側に水路がつくられています。
  この日は、その歴史を踏まえて、水路に足を浸けられる、「足湯」ならぬ「足水」が」セットされていました。










岩崎想左衛門重友の像岩崎想左衛門重友の銅像
  「大地潤す命の水の開拓者」として、鹿野総合支所の庭に建てられています。

 想左衛門重友は慶長3(1598)年、代々毛利家につかえた郷士の岩崎家に生まれました。生まれた頃の岩崎家は農業を営む浪人暮らしでした。
 想左衛門が9歳の時に寺に修行にだされましたが、もう一度、武士に戻りたいという思いを強くし、14歳で寺を飛び出しました。
 のちに鹿野村の田村家の養子になり、その後、独立して岩崎想左衛門重友を名乗るようになりました。
 その後「潮音洞」を開いた想左衛門の努力が認められ、岩崎家は再び毛利家臣に迎えられました。



平成18年の岩崎家。岩崎家
 その後、安永3年(1774)に岩崎重次が、家伝の秘薬を「超世丸」と名づけ丸薬にして売り始め、売薬業を創業。大変栄え、江戸や大阪、長崎、中国など各地に取次店があったそうです。

 この時の家の前に掲げてあった看板は、鳥栖の「くすり博物館」に所蔵されています。





現在の岩崎家。看板はありません。 現在、鹿野の街並みの中ほどにこの家は現存しています。空き家となっているため、家の傷みもひどく、鹿野焼の瓦も傷んでいますが、趣のある家の風貌の佇まいです。






 鹿野の街を散策しながら、歴史と文化を感じた一日でした。


プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ