ナベヅル環境保護協議会の皆さんと知事さんを表敬訪問

 5月24日、NPO法人「ナベヅル環境保護協会」の総会に出席しました。本州唯一の越冬地である周南市八代の「ナベヅル」は、国の特別天然記念物であり、山口県の県鳥です。

 以前は多数飛来していましたが、さまざまな要因により徐々に飛来数が減少してきたため、1996年、保護を目的とした「ナベヅル環境保護協会」が任意団体として発足しました。

 2002年、さらに保護活動の幅を広くするため、任意団体をNPO法人化しました。資金・ボランティア要員の受け皿づくり、生息環境の整備、小学生を始め市民を対象とした愛護心の醸成などを行っています。現在、正会員24名、協賛会員150名。2014年度の予算規模は約350万円です。

ナベヅルのねぐら整備の様子 この保護活動には課題がたくさんあります。
 例えば、ツルのねぐら整備にはこれまで、民間企業(アサヒビール、ライフ、サントリーなど)のご協力で、約3000万円の助成金を頂いていました。しかし今年から主たる助成が中止されるため、ねぐら整備に関する計画も中断せざるを得なくなっています。

 また、環境省は、「高病原性鳥インフルエンザ」の脅威のため、2013年度・2014年度で、鹿児島県出水市のツル分散化計画を策定しておられるところですが、いざ、八代に分散化されても、その受け入れ態勢のための環境整備は全くされていません。

 山口県や周南市においても、環境省、鹿児島県、出水市と共同し推進にあたって欲しいと願っているところです。
  
県知事さんにナベヅルについて西岡会長より説明しました。 そこで、去る6月19日、ナベヅル環境保護協会の役員さんと一緒に、村岡県知事さんを表敬訪問しました。知事さんには、まずは、ナベヅルに関心を持っていただきたいと思い、ナベヅル環境保護協会の皆さんがつくられた「八代のナベヅル」と言う本をお持ちして、ツルに関するお話をしてきました。

 知事さんは、まだ八代へ行かれたことがないそうです。ぜひ、今年の冬にはツルが餌をついばんでいる様子を見に来て頂き、ぜひ、県鳥を守るための力を貸していただきたいと願っています。


第5回シニアアートフェスティバル

おしらせのハガキより。 6月6日から8日まで、周南市の山口放送本社と隣接の住宅展示場のKRYハウジングサイトで、「第5回シニアアートフェスティバル」が開催されました。

 山口放送本社の7階ホールであった公募展には、賛助出品を含む102点が展示されており、ゆっくりと見て回りました。

 この展覧会は、実行委員会の主催で、周南市、下松市、光市、防府市の60歳以上の人の作品が対象で、応募者全員の作品が展示してありました。

 日本画が10点、洋画46点、写真20点、書12点、陶芸等工芸が14点の出品があり、大作も多数ありました。前日に公開審査、初日には表彰式があったそうです。

 また、隣のKRYハウジングサイトで開催された「家とアート展」は、とても面白い企画で、モデルハウス1棟を1人のプロの作家さんが貸し切り、思い思いに自分の作品を展示しておられました。

 萩焼・金工・染織・書道・洋画・吹きガラス・華道・煎茶など、各モデルハウスがそれぞれの家の中に作品を飾られており、しっくりとした風情に、時間を忘れるほど楽しませていただきました。

 公募の方は、素人の皆さんの作品ですが、とても質の高いものばかりです。年を重ねてられても、こうして生涯学習に取り組み、味わい深い作品をつくられている皆さんに敬意を表し、できれば私も何かを始めてみたいと思いました。 



***

 テレビやラジオなどでもCMされていますが、現在、山口市の山口県立美術館で、「大浮世絵展」が開催されています。

 全部で約350点の作品を、週ごとに入れ替えながら展示されています。常時 約160点の浮世絵が展示されており、リピーターの方も多くいらっしゃいます。

 ぜひ、ご家族、ご友人と足をお運びいただきまして、日本の素晴らしい芸術を楽しんでください。

 山口県立美術館ホームページ

県立大学で

昨年の様子 今年も、県立大学で講義をさせていただくこととなりました。

 県立大学では、一般の方も学生と一緒に受講できる「市民公開講座」をいつも実施されています。

 「地域学」や「環境学」など、様々なシリーズがあり、私はその中のシリーズ「医学」の中の1授業を仰せつかっています。

 タイトル:求められる医療人とは
 内  容:看護師勤務や、夫・家族の看取りの経験を活かした「命を守る」ための県議の活動を通し、医療人に求められる姿勢、心のあり方を考える


 場所は、山口県立大学本館A32教室。7月14日(月)17時50分~19時20分です。

 どなたでも受講できます。(受講料は500円/回)お時間がありましたら、ぜひ聞きにきてください。お待ちしております。

 申し込みは山口県立大学附属地域共生センター生涯学習部門まで。

   電話:083-928-3495
   詳細:http://www.yamaguchi-pu.ac.jp/contents/000029487.pdf

******

これまでの講義の様子はこちら・・・
第6回 2012年7月23日
第4回 2010年4月19日 ① ~ 
第3回 2010年1月18日 
第1回 2008年1月7日

 「櫛浜版ひまわりプロジェクト」と我が家のヒマワリ

櫛浜保育園の園児たちがつくったかわいい看板。 私の地元では、今、東日本大震災復興支援の「ひまわりプロジェクト」の櫛浜版として、櫛浜地区内にひまわりの花を咲かせる運動が進められています。

 大震災復興支援の義援金を贈られた人へお返しにと、ひまわりの種を渡して、日本中を善意のひまわりの花でいっぱいにしようと言う、この「ひまわりプロジェクト」。

 昨年、ボランティアとして被災地を訪れた方が被災地でプレゼントされたひまわりの種を、校区の太華中学校に贈られました。太華中学校ではこの種を播き、花を咲かせ、そして、秋に採取した種を、地域の皆さんに少しずつ配られたことが「櫛浜版」として始まったきっかけです。

 今年度、「花いっぱい運動」の推進と、「東日本大震災を忘れないために、福島県の被災地復興のシンボルとなっているひまわりの花を咲かせよう」と言う目的で、櫛浜公民館、太華中、櫛浜小、櫛浜保育園、櫛浜地区コミュニティ推進協議会で「くしがはまひまわりプロジェクト実行委員会」を作り、櫛浜地区自治会連合会、青少年育成市民会議も協賛して地域ぐるみの取り組みに広がりました。

櫛浜支所前の休耕田にひまわりを植えています。6月19日(種まきの10日後の様子。 そして去る9日、櫛浜公民館の兼平主事さんが中心となって、櫛浜支所前の休耕田(10アール)に、櫛浜の住民の皆さん20人と櫛浜小の3年生53人、櫛浜保育園の園児29人という大勢の方々がひまわりの種を播かれました

 写真は、その10日後の様子です。これから除草や水やりなどの手入れは実行委員会が中心になって取り組みまれるそうです。

 このひまわりは、夏には1.5メートルほどの高さになり、黄色い大輪の花が咲きます。

 復興支援が目に見える形となって進んでいくことを期待しています。


6月25日の事務所ひまわりの様子。一週間前まではフェンスより背が低かったのですが。。。 尚、私の事務所でもこの種を頂いたので、4月頃にポットに種を播き、苗を立てて庭に植えました。

 日増しにぐんぐん大きくなっており、驚きます。

 今後、この成長の様子も時々、このブログでお知らせしてまいります。





人口減少・地域活力維持対策特別委員会

 6月13日、人口減少・地域活力維持対策特別委員会が開催されました。今回の審査項目内容は、
Ⅰ] 女性が活躍できる労働環境の整備
  *企業の職場環境の整備〈仕事と生活の調和〉
   ・働く場における男女協働参画の推進
   ・病院内保育所への支援

Ⅱ] 出産や子どもの成長に応じた多様な働き方が可能となる雇用環境の充実
  *子育て後の再就職支援

Ⅲ] 女性や高齢者など県づくりを牽引する多様な人材の育成
  *女性の起業支援(商工労働・農林水産)

 今後、特別委員会からの提言のために、執行部から現在、県が取り組んでいる状況を、データを示しながら説明されました。

 今回は女性の働き方なので、大変気になる分野で、たくさんの質問も考えていましたが、時間の関係上、1点のみ質問を行いました。

<質問>
*働く場における男女共同参画の推進の中の「固定的性別役割分担意識」について



 『男は仕事、女は家庭』と言う考え方に賛成・・・男性53、6%、女性36、1%と言う山口県の調査結果がある。
(全国の平均は男性45、9%、女性37、4%)

 山口県の男性は全国に比べ、「僕がしっかり働いてくるから、きみはしっかり家を守るように」という人の割合が高いということ。

 このデータのどこに問題があるのか、また、こうした数値が専業主婦の立場を安易に否定することに繋がらないように、配慮をお願いしたい。

 今年の母の日に、3人の子供さんを持たれているキャロライン・ケネディ中日米大使が、「母親は世界で一番大切な仕事である。」と言われ、併せて、女性が仕事と家庭を両立しやすい社会の実現を呼び掛けられた。

 私も、女性にとって、子育ては何にも替えられない大切な仕事だと思う。

 その上で、人口減少社会の到来を迎え、山口県のみならず国全体として女性の活躍に期待がかかっている。県として、今後どのように取り組んでいくのか?


<男女共同参画課長 答弁>

*女性が人生設計を描く中で、主婦を選ぶということは、大きな選択の一つと考える。

*一方で、固定的性別役割分担の意識が決めつけになると、特に働きたい女性にとっては男女間における可能性や選択の幅の差異につながるという考え方もあり、広い意味で男女ともに働く中での環境づくりということで、こうした意識を調査することも大切だと考えている。

*女性の活躍に向けた本県の取組としては、本年4月、県知事をトップとする男女共同参画推進本部内に、新たに「女性の活躍促進プロジェクトチーム」を設置した。

*プロジェクトチームでは部局をまたがる課題の調査・分析や事業調整を行うことを目的としており、今年度はすでに2回の会議を開催したところ。

*今後は国の成長戦略等の状況把握に努め、県が策定するチャレンジプランの成果目標や平成27年度に向けた施策、さらには男女共同参画基本計画の改定作業を来年度行うので、長期的な展開方向も検討していきたいと考えている。



 答弁をされた男女共同参画課の須山課長さんは、県庁において久しぶりに登用された女性課長さんです。

 これからも、女性ならではのご活躍をお祈りしております。

 「蛍狩り」に出かけました

広兼さんご夫妻と一緒に。 兄の知人の広兼さんよりご案内を頂き、親族や友人と一緒に、岩国市錦町へ蛍狩りに出かけました。


 道の駅「ピュアラインにしき」のすぐ傍にある、広兼さんの別荘へ夕方、集合。8時過ぎから車に分乗して、宇佐川の上流へ移動しました。

 途中、ホタルが乱舞する所が何カ所もあり、そのたびに車を停めては車外に出ました。 手を伸ばせば、簡単にホタルに触れることもできます。


初のほたる! 親族の幼児も2人来ていたのですが、2人にとっては初めての体験です。「ほー、ほー、ほーたる来い♪」と歌いながら、ホタルを追っかけ、手のひらの中に愛おしむように包んで、淡い光を放つ小さなホタルを不思議そうに見つめていました。

 ゴーゴーと大きな音を立てて流れる宇佐川、カジカの高い鳴き声、まん丸のお月様、広がる星空・・・久し振りに大自然の中に身を置き、暗闇に広がる幻想的な光の世界を満喫することができました。

 日常の生活の中では滅多に体験することはできません。思い出に残る貴重な夕べをつくってくださった広兼さんご夫婦や関係の皆様のご厚意に深く感謝します。本当にありがとうございました。


***参考***

 清流「宇佐川」の源は,島根・広島・山口県境にある山口県最高峰の「冠山(1339m)」で、さらに、その西にある「寂地山(1337m)」や「羅漢山(1109m)」らの水をあつめ,宇佐郷を経て錦町に流れ、「錦川」と合流します。

総務企画員会の県内調査視察③

 山口県商工労働部商政課では、2年前、山口県の工業の姿、本県工業の強みや特性、また、ものづくりの楽しさなどについて、小学生の時から理解を深めてもらうことにより、将来の山口県を支える優秀な産業人材の育成・確保に繋げるため、県内初となる小学生向けの社会科教材『山口県の工業』を作成しました。

2012-04-16 社会科の副読本「山口県の工業」ができました

 平成24年度から、県内の全ての小学校317校において、小学校3年生から6年生までの4学年、約5万人の児童を対象に、学校現場で教材として活用されています。

 また、県が主催する「ものづくりフェスタ」などのイベントや「県政出前トーク」などにおいても活用しています。

「日本の会社力」 この冊子ができた時、私はたまたま山下工業所の社長さんと出会いましたが、この時、社長さんから
 「この『山口県の工業』の副読本になる『小さくても大きな日本の会社力』の本を、各小学校で用意して、子供たちに見て欲しいのだが・・・
と言うお話を聞きました。

 教育長さんに相談に行きましたが、学校の図書購入の予算の関係もあり、結局、どうにもなりませんでした。

 社長さんにお返事したところ、
「では、私が周南市の小学校には寄付をしましょう!
と、小学校の数だけの本を用意してくださったので、村田教育長さんに一緒にお届けにまいりました。

 教育長さんは
「こんな高価な本(1冊3000円)を寄贈していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ぜひ、有効活用させていただきます」
と受け取ってくださいました。現在、市内の各小学校で、子供たちの手に渡っていると思います。

 実は、この時、大変嬉しいニュースだったので、マスコミを通じて地域の皆さんに知っていただきたいと思いました。
しかし社長さんが、
報道には言わないでください
とおっしゃいましたので、どこにも紹介されていません。

 今回、この本が会社の応接室に置いてあるのを見て、ぜひ皆さんに知っていただきたくて、ご紹介しました。

総務企画員会の県内調査視察②

②  (株)山下工業所 (下松市)
 ・新幹線に代表される流線型の鉄道車両先頭講体の打ち出し板金加工会社。
 ・50年前、新幹線開業の時、日立製作所から先頭ボディをつくるよう依頼された。
 ・O系から現在まで、歴代の新幹線37種類の顔をハンマー1本で作り続けてきた。
 ・月に2編成(4つ)製造。
 ・打ち出し板金の技術は全国にも他には例がない。
 ・「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれている。
 ・「モノづくり日本大賞」受賞。
 ・「現代の名工」2名輩出。
 ・36名の従業員の内、現在10名が打ち出し板金の技術者として活躍。
 ・今後も鉄道インフラは続くことが予想される。
 ・「打ち出し板金」の技能継承が大切。
 ・25年前から半導体業界へも参入。売り上げは半々。

アルミで作ったチェロ。以前音色も聴きましたが、美しかったです。創業者の方と一緒に。 私は、山下工業所の創業者を以前よりよく存じ上げており、「第1回目の講演」を拝聴したこともあります。視察の際には社長が出張のため、代わって説明されましたが、ハンマー一本で会社を築きあげ、ここまで頑張ってこられた方ですので心から尊敬します。
 
 8年余り前、お父様の跡を継ぐため、海外での金融関係のお仕事を辞め専務として会社に入られたご子息も、よく存じ上げております。

 彼は、技能継承のための人材確保に東奔西走される時、「新幹線の顔を下松市でつくっていることを、県内の人も周南地区の人も知らない」事に初めて気づかれたそうです。

 そこで、会社のPRのために、新幹線の材質と同じアルミでチェロをつくり、マスコミに取り上げてもらって、求人活動に役立てたというお話を、以前、お聞きしました。

熟練工の業を見せていただきました。 現在は、このご子息が社長になられ、ますます会社の経営も順調だそうです。打ち出し板金の熟練工に、20代の若者3人もいるそうです。

 今回、2人の言葉が私の脳裏に刻みこまれました。
 ・創業者  ・・・「一番の財産は従業員です!
 ・従業員の現代の名工・・・「50年叩いても、完全な完成品はない

 ものづくりにかける人たちの言葉から、その心を少しだけわかったような気がしました。


続く・・・

総務企画員会の県内調査視察①

 6月5日、総務企画員会の県内調査視察に出かけました。

① マツダ(株)防府工場
 ・現在、従業員が約3,000人、アクセラやアテンザを年間約42万台製造。
 ・防府工場での今年度の新規採用者数は13名。
 ・好景気なので、来年度は40名近い採用を見込んでいる。
 ・HⅠ(エイチ-ワン)工場を見学。
  *アテンザを年間約24万台製造。
  *約400人の従業員が勤務。
  *車1台を生産するのに、3時間半~4時間かかる。
  *ラインからは、完成した車が1分間に1台出てくる。
  *欧米への輸出90%、国内販売10%。
  *契約から製造まで、約2週間。
  *効率化を図るため、モジュール生産方式、キットサプライ方式など採用。


マツダ職員の方からの説明。 私は、自動車工場の見学は初めてです。広い工場の中に入ると、自動車がラインに乗って規則的に流れていました。ロボットがあらゆるところに導入されており、人の手が必要な所を、社員の皆さんが手際よく機敏に作業されている光景を見て、ただただ、「すごいなー!」と皆で感動しました。

 会社として地域貢献にも努めておられ、サッカー、駅伝競走、裸坊祭りなど、イベント参加やスポーツ交流などに取り組んでおられます。

 海外への販売状況も順調だそうで、とても嬉しく思いました。


続く・・・

平田中学校から御礼の手紙を頂きました

頂いた御礼状です。 先日、春の全国中学生ハンドボール大会でアベック優勝された岩国市平田中学校の藤本校長先生や藤高監督、選手のお二人から、ご丁寧なお手紙を頂きました。私が村岡知事さんや浅原教育長さんを表敬訪問する機会をつくったことへの御礼状です。
2014-06-03 平田中学校ハンドボール部の皆さんと知事さんを表敬訪問①
2014-06-04 平田中学校ハンドボール部の皆さんと知事さんを表敬訪問②

 心に響く言葉がたくさん書かれておりましたが、親書なので、ここに紹介できないことが大変残念です。

 監督の藤高先生は、14年前に、通津中学校に赴任された時、初めてハンドボールという競技に出会われたそうです。

 前任の先生が、前年度まで3年連続で全国大会に率いられた経歴の持ち主だったそうで、その後を継いで、経験のない藤高先生がいきなり顧問となられたそうです。

 しかし、県内のハンドボールを指導されている先生たちが、一から親切丁寧に指導してくださって、ここまで上達をされたそうです。周囲の先生方のご苦労もさることながら、藤高先生のご努力も並大抵のことではなかったと思います。

 さらに、藤高先生は、平田中学校の男女両チームの監督をされています。これも、少々の気苦労ではないと拝察いたします。

 しかし、藤高先生のお手紙には、そんなことは微塵も書かれておらず、今日の日を迎えられたことへの感謝の言葉と、生徒の皆さんが頑張っている様子のみが書かれていました。

 結びの言葉に
試合の勝ち負けよりも、正しい判断力を持ち、たゆまぬ努力で今を切り拓くことに価値を置いて、これからも指導していきます
としたためてありました。頭が下がります。

 選手の皆さんの努力と、先生の指導力、家族の支援、地域や周りの応援などがあったからこその今回の快挙です。改めて、「おめでとうございます!」夏の大会も頑張ってくださいね!
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ