下松港第二埠頭の清掃活動

 以前、下松市の徳山下松港の第二埠頭の清掃活動の記事を載せましたが、それ以後の状況について、ご報告いたします。

 この第二埠頭の課題は、県の港湾施設の中に、山ほど不法投棄されたゴミ、生い茂った草、ここに住み着いた30匹余りの野犬でした。

 この状況に困っておられた下松市の住民から、
 「いつも清港会や釣り団体協議会の皆さんは、海底清掃や海浜清掃をしておられますが、ぜひ、この埠頭もきれいにしてください。ついては、私たちも全面的に協力します」
と申し出がありました。

 私たち「海と港をきれいにする会(清港会・釣り団体協議会・日本釣り振興会の有志で構成)」は県と話し合いをし、通常は入る事の出来ない県の敷地内の清掃活動をすることになりました。

 まずは、各種団体の方が160人集まり、10トン余りのゴミ拾い、草刈り、整地作業をし、きれいになった所へ看板の設置。

 残りの部分は、2回目の清掃活動。120人の参加があり、とてもきれいになりました。

市民の皆さんが掃除を継続して行ってくださっています。  そして、それ以後は、最初に申し出をしてこられた下松の方たちが、毎月1回のゴミ拾いを定期的に続けてしてくださっていました。

 その集めたゴミは、ありがたいことに、下松市さんが処理してくださっています。

 ところが先日、この代表の方が突然亡くなられました。私どもはどうしようかと悩んでいましたら、大変嬉しいことに、最初に申し出てくださったもう一人の方が、
「僕が、跡を継ぎましょう!」
と言ってくださり、このボランティア清掃活動は継続されることが決まりました

 そこで、今月の清掃の日、県の港湾管理事務所の所長さんをはじめ、職員の方も数名と、釣り団体協議会の岡村会長さん、清港会の磯村事務局長さんと一緒に、清掃活動に参加して来ました。

酒瓶や空き缶などを燃やした跡 残念なことに、ゴミは想像以上に多量にありました。特に、火を焚いて、暖を取ったような跡があり、その周辺にはお酒やビールの缶や瓶が散乱しているのを見た時には涙が出そうでした。

 不法投棄は犯罪になります。ゼッタイにゴミは捨てないでください。誰かが捨てたら、誰かが後始末をしなくてはなりません。

 ゴミの山を見ながら、「人に迷惑をかけない」ということを、今一度考えてほしいと心から願った1日でした。






周南フィルハーモニー管弦楽団デビュー♪

 昭和57年に開館した周南市文化会館は、トイレや空調設備、楽屋、エレベーターなどが老朽化したため、昨年12月から4か月かけて大掛かりな改修工事を行われました。

春爛漫コンサートちらし 先日、これらの工事が無事終わり、杮落とし(こけらおとし)として、4月5日、徳山商工会議所・新南陽商工会議所主催による、周南市文化会館リニューアルオープン記念「春爛漫コンサート」が開催されました。

 第1部はジャズフェロー・オーケストラの「結成40周年スプリングコンサート」。ジャズフェローは、昭和49年に「大徳山夏祭り」の応援のために結成されたバンドです。

 第2部は、今回、新しくできた「周南フィルハーモニー管弦楽団」のお披露目である「デビュー演奏会」でした。

 実は、山口県内には現在3つの市民オーケストラ(山口県交響楽団【創設58年】、下関市民オーケストラ【創設25年】、宇部市民オーケストラ【創設15年】)が活動されていますが、県東部にはありませんでした

 そこで、「周南市をオーケストラのある町にしよう!」と、バイオリン奏者の中村素子さんを中心にした有志の方々が奔走され、今年の1月11日に「周南フィルハーモニー管弦楽団」を創設されました。

 15名の弦楽器と、4名の管楽器でスタートした少人数の編成ですが、今後も奏者を募集して、将来は50人を超えるシンフォニーオーケストラに成長させたいそうです。

 曲目はヴィヴァルディの四季より「春」、そしてモーツァルトのジュノームやアイネクライネナハトムジークなどを演奏されました。

 アンコール曲は、まど・みちおさんの名曲メドレー。満員のお客さんも一緒に口ずさみ、素晴らしい「春爛漫コンサート」となりました。

 「周南フィルハーモニー管弦楽団」がますます発展し、周南地域の文化振興に大きな力を発揮していただきますよう期待しています。

徳山中央病院について

徳山中央病院に救急ヘリが来た際の写真 周南市孝田町の徳山中央病院は4月1日より、公設公営による「独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)徳山中央病院」となりました

 最近、新聞やテレビの報道があったせいか、市民の皆さまからよく
「徳中は、どこが変わったの?」
という質問をよく受けますので、少し紹介いたします。

 同病院は1946年(S21)、戦後の医療体制の立て直しのために速玉町に開設され、76年(S51)に現在地に移転した周南地域の基幹病院です。

 これまでは、病院の土地、建物を所有する独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)が、全国社会保険協会連合会に運営を委託する公設民営の病院でした。

 しかし、今回、全国57の病院とともに4月からRFOが改組したJCHOが直接、運営することになりました。県内では「社会保険下関厚生病院」も「下関医療センター」と名称を変更して同機構の経営になりました。

 新しく院長に就任されたのは山口大学医学部付属病院の副院長だった井上裕二先生(63)。副院長には那須誉人先生と斎藤満先生の2人が引き続き就かれることになりました。事務部長は新任の西平勝美氏です。

 現在、医師は122人(昨年4月より1人減)。看護師は537人(10人減)。スタッフの総数は931人(増減なし)、519床のベッド数も変更ありません

 院長先生から「救急医療や急性期・高度専門医療を提供する体制には全く変わりがない」と説明があったそうで安心しています。

 周南地区、また県東部の基幹病院です。
 ぜひ、地域に密着した患者中心の医療を行っていただきたいと、市民・県民の皆様とともに心から願っています。
 
 

水素ステーション、来春、周南市櫛浜へ設置!

 2015年から水素で動く燃料電池車の国内販売が始まります。経済産業省は水素を供給する「水素ステーション」を全国100カ所で整備する計画を進めており、現在、東京や福岡など大都市圏を中心に25カ所での建設が予定されています。

 山口県では、瀬戸内コンビナート生成の水素を活かした「水素先進県」の実現を目指し、「やまぐち産業戦略推進計画」に掲げる「水素利活用による産業振興と地域づくり」に向けた取組を進めているところです。

 そこで、この取り組みの一つとして、山口県と周南市では、「液化水素ステーション」の誘致に早くから手を挙げ、水素供給事業者である産業ガス大手の岩谷産業(株)が、国の設置補助事業への申請を行っていました。

 嬉しいことに、このたび、国の補助事業に採択されることが決定しました!


 これで、かねてからの計画通り、櫛浜の市有地に、岩谷産業は国から2億6千万円の補助を受け、ガソリンスタンドの役割を果たす「液化水素ステーション」を建設されることとなりました。

 中国・四国地方では初めての設置となり、運用開始は来年春を目指しています。

山口リキッドハイドロジェン(株)のパンフレットより。液化水素貯槽と液化水素ローリー。 周南市では、昨年、(株)トクヤマと岩谷産業の合弁会社(山口リキッドハイドロジェン株式会社)が液化水素を製造する工場をつくり、すでに稼働中ですので、ステーションの完成により、エネルギーの地産地消が可能となります。

 また、先日は、市道櫛ヶ浜・久米線が全線開通したばかりです。この開通により、今後、高速道路を走行中の水素自動車も、水素充填のために徳山東インターから一気にこの水素ステーションまで来ることができるようになりましたので、とても活用しやすくなったと思います。

 さらに、水素ステーションの設置が促進されれば、燃料電池自動車が普及し、関連産業の振興や雇用も創出されると思いますので、大きな期待をしているところです。


***参考***
2013-11-05 「第4回やまぐち総合ビジネスメッセ」が開催されました
2013-12-26 液化水素ステーションの誘致に向けて①
2013-12-27 液化水素ステーションの誘致に向けて②

「第58回 向道湖マラソン大会」

雨のマラソンコースでしたが、沿道には多くの応援の方とスタッフの皆さんが。
 4月13日、恒例の「向道湖マラソン大会」が開催されました。

 今年はあいにくの「花散らしの雨」となりましたが、企画運営してくださる地元の皆さんのご尽力のおかげで、無事終えることができました。

 ランナーの皆さんは、桜の花びらが舞い散る中、雨に濡れながらも元気に走り抜き、タイムを競うことができました。


 私は式典で挨拶をさせて頂いた後、地元の婦人会の皆さんがつくってくださる「うどん」を木村市長さんと一緒にいただきました。

野の花が各テーブルに飾ってありました。 この時、婦人会のある女性の方が
昨年、りつ子さんに、『いいね!』と誉めていただいたので、今年も自然の中に咲いているお花を採ってきて各テーブルに飾りましたよ
と言われました。

 私の一言を覚えていてくださって、今年も野の花を飾っていただいたこと、心から感謝です。

 運営に当たられた方も、ランナーの方も、雨の中、お疲れ様でした。

桜を見る会に参加して

偶然、安倍総理の到着時に遭遇しました。「やぁ藤井さん!」  4月12日、東京の新宿御苑で安倍晋三首相の「桜を見る会」が開催され、私もご案内をいただき出席いたしました。

 私は平成12年、亡き夫が自民党県連の幹事長を務めていた際に当時の小渕首相からご案内をいただき、夫に同行いたしましたので、今回、2回目の出席となります。

 広い苑内には、政財界、芸能、スポーツ選手など、約14,000人が参加されていました。

 式典が始まる前には、山口県からの参加者と一緒に、首相ご夫妻との写真を撮っていただきました。

 その後、苑内のステージに移動し、式典が行われましたが、安倍首相は
「昨年の桜を見る会は、花も散った後で葉桜だったが、今日は八重桜が満開だ。今年の目標は景気回復の実感を全国津々浦々に届けることだ」
とご挨拶をされ、
給料の 上がりし春は 八重桜」と、自作の句も披露されました。

満開の八重桜の下で。H12年には夫と参加いたしました。
 13年前、夫と参加した際には、写真を一枚撮って、すぐに帰ったように記憶していますが、今年はゆっくり苑内を散策しました。


 苑内の約430本の八重桜は今を盛りと咲き誇り、また、欅などの新緑も目が覚めるような鮮やかさであり、
「東京にもこんなに緑があるの!」
と驚くと共に、さわやかな風に吹かれながら、花と緑の空間を満喫しました。



岸先生、江島先生ご夫妻とともに。 途中、大勢の人の中で江島潔参議院議員ご夫妻、岸信夫外務副大臣、三原じゅん子参議院議員などに出会うことができました。

 このような晴れがましい場に参加させていただくことは、応援してくださる皆様のおかげであると、改めて感謝した一日でした。

 これからも県政発展のために頑張ります。



 「平和の島プロジェクト」がスタートしました

 現在、周南市で、街づくりに精力的に取り組まれている「周南観光コンベンション協会」(伊藤博之会長)。先日の「花☆ワイン周南まんま市場」をはじめ、さまざまな取り組みを展開しておられます。

周南パラボラ会でプロジェクトの説明がありました。中央は回天顕彰会の廣さん。 去る3月29日には、太平洋戦争末期に使われた特攻兵器・人間魚雷「回天」の史実を後世に伝えるため、回天の搭乗員を主人公に描かれた「特攻の島」の作者(漫画家)、佐藤秀峰さんの協力を得て、「平和の島プロジェクト」を立ち上げられました。

 回天は太平洋戦争末期の旧海軍の特攻兵器で、大量の爆薬を積んだ魚雷に隊員1人が乗り込んで操縦し、敵艦に体当たりするという人間魚雷です。

 周南市の大津島には訓練基地が置かれ、訓練中も含めて搭乗員、整備士ら145人が戦死されています。来年は戦後70年を迎え、戦争体験者も徐々に少なくなっていることから、「命をかけて戦った人の思いを伝えていこう」という目的で企画を始められました。

 「平和の島プロジェクト」では、「特攻の島 海軍カレー」、「おしげさんのすき焼き缶詰」などを開発し、パッケージに佐藤さんの絵を付けて販売し、収益は今後の活動費に充てるそうです。

 今後は、隊員の遺書、遺品の世界記憶遺産登録に向けた活動なども検討しておられます。

徳山駅の新幹線口に大きな看板が設置されています。  今回のキャッチコピーは、あの時代に生きた若者たちが感じた家族や国への気持ちを表す「好きだ。」です。先月末には、このキャッチコピーと「特攻の島」の絵を組み合わせた大型広告をJR徳山駅新幹線側に張り出されました。


 周南市の回天基地が持つ意味合いを、後世の人に語り継いでいく使命が今を生きる私たちに課せられています。ぜひ、このプロジェクトを成功させて欲しいと思います。




長いエスカレーターをあがった先に、回天の模型とここにも看板が。***参考***


1)佐藤秀峰さん「海猿」や「ブラックジャックによろしく」などの人気作品を書かれた漫画家です。

2)「特攻の島」は「週刊漫画TIMES」に2004年から連載されている漫画です。

3)当時、徳山の旅館「松政」には、若者たちを親身になって世話をされていた仲居の“お重さん”がいらっしゃいました。搭乗員たちの壮行会では、いつも「すき焼き」を振る舞っておられたそうです。

桜ヶ丘高校のS君へ「小さな親切運動実行章」

生徒の皆さんに、社会のために役立つ活動をしてほしい旨、お話しました。 先日、ブログでご紹介しました「消火活動を頑張ってくれた山口県桜ケ丘高等学校のS君」を、小さな親切運動で表彰することが決まり、本部から善行章が届きましたので、学校長へ連絡を致しました。

 すると、校長先生から
「4月8日に始業式をします。その直後、実行章授与式をしたいと思います」
とご連絡をいただきました。早速、小さな親切運動徳山支部の長広事務局長と一緒に行きました。 

 始業式の会場は高校の体育館。全校生徒が集まり、シーンと静まりかえった中に通していただき、私も少し緊張!

 まず、校長先生より、新学年を迎えるに当たっての心構えのお話があり、その後すぐに授与式が行われました。

 壇上へ案内をされた私は、最初に次のことを話させていただきました。
*一昨年、本校の生徒会の皆さんが、大津島の回天記念館の石碑に墨を入れる活動や、徳山港の清掃活動に協力してくださった時も、小さな親切運動実行章の授与に来た。
*今回のS君の勇気ある活動について具体的な説明をし、その心構えは、他の人の模範になるので表彰する。
*皆さんも社会のために役に立つ活動を積極的にして欲しい。

 S君は、ステージに上がりながら、私の顔を見て、ニコニコニコニコ。これまでにも機会があり、何度かお会いしたことがあったのですが、出会った中で、一番晴れやかな顔をしていました。

表彰状をわたしました。 「小さな親切実行章」を読み上げた後、手渡しながら
これからも勇気をもっていろんなことにチャレンジしてください
と話しましたら、笑顔で
「はいっ!」
と答えてくれました。

 校長先生は
子供たちは、怒られることはあっても、なかなか褒められることはありません。この実行章をいただくということには大きな意味があります。S君も、人生の考え方が大きく変わるでしょうね」
とおっしゃいました。

 これからも生徒の皆さんが、人のために働ける人になるよう、小さな親切運動の立場から応援していきたいと思います。

「花☆ワイン周南まんま市場」

きれいなお花のモニュメントが目をひきます。 2日から3日にかけて、恒例の「花とワインフェスティバル」がキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで開催されました。フェスティバルの名称は、昨年から「花☆ワイン周南まんま市場」と変更されました。

 会場では、徳山巨峰ワイン「シュガーネ」の販売や、花・鉢物の展示・販売、地場特産品の販売、地元の食材を使った食事コーナーなど、多彩なブースが用意され、多くの市民で賑わいました。

 会場入り口には、美しい花の苗、約15,000個でつくった「山口国体」、東日本大震災の被災者を応援する「ガンバレ」の文字などのモニュメントが設置され、春の訪れを感じさせてくれると共に、お客様を歓迎してくれています。

あいにくの天候でしたが、多く方が来場され、大変ににぎわいました。 また、ステージイベントでは、ガールズユニット「Love」のライブや、アニメのキャラクターショー、屋外ではレクリエーションコーナーなどもありました。私も徳山レクリエーション協会のメンバーとして、恒例のヒューストン(健康安全吹き矢)と遊びのコーナーを担当しました。

 また、花を使っての企画としては、小学生を対象としたフラワーアレンジメント教室、徳山花市場の皆さんによる鉢物の「競り」などが準備され、来場された皆さんはとても楽しまれている様子でした。

 お花を愛でる気持ちは誰しも同じであり、両手いっぱいに抱えて帰られる皆さんの嬉しそうな顔を見ていると、こちらまで幸せな気分になります

 雨の中、「花☆ワイン周南まんま市場」運営担当の皆様は大変な2日間だったと思います。お疲れ様でした。



***参考***

 徳山巨峰ワインは、サッポロワイン岡山ワイナリーで1987年から醸造されています。今季は須金地区でつくられた巨峰7トンから5800本生産されましたが、収穫前に好天に恵まれ、糖度は例年並みの17度。淡いピンク色で、甘みと酸味のバランスの取れたすっきりとした味わいに仕上がっています。税込み2115円。

靖国神社へ参拝してきました

靖国神社にて 数回にわたり手記を掲載させていただきました。

 山崎さんの体験、想いを何度も読み返し、「戦争のため子供たちが次々と理不尽な死を遂げて、どんなにか辛い日々であったろう。いかに切り抜けてこられたのだろう・・・」と涙ながらに思いました。

 遺族会の皆様とお話をする時、いつも身につまされる思いを致します。

 戦後69年経った今もお国のためとはいえ、やはり、戦没者遺族の皆さんにとって、愛するご主人様やお父様、兄弟の方を失われたことは、筆舌に尽くし難いできごとであり、記憶から消すことのできない辛い体験であったと思います。

 敗戦の混乱した社会情勢の中で、深い心の傷を背負いながら、幼子を抱えて、血のにじむような苦闘の日々をよくぞ切り抜け、乗り越えられたことと思います。

 ご主人を喪われた妻の立場の方たちは、現在90歳を越えておられます。お父様を喪い、遺児となられた皆様も、現在、既に70歳代

 戦争を体験された方々が少なくなる中、戦争の事実を風化させてはなりませんし、御英霊のご遺徳を長く後世に語り継ぐ事、また、ご主人やお父さんを戦地に送り出した後も、必死に国を守ってくださった方々の血のにじむような努力を忘れてはならないと思います。

 その思いを心に深く刻み、4月13日、靖国神社の参拝に行ってまいりました。桜の花びらが舞い散る中、御英霊の皆様に感謝の心を届けるために手を合わせてきました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ