(株)森づくりの竣工式に出席して ①

竣工式の看板横にて。 以前より親しくお付き合いをさせて頂いております香川県高松市の南部開発(株)の杉田社長さんが新会社を設立され、その竣工式のご案内を頂きましたので、去る18日、香川へ行ってまいりました。

 この南部開発(株)は土木工事関係の会社ですが、廃棄物処理などにも手掛けておられ、12年前からは周南市の(株)トクヤマと協力し、下水を処分した際に出る「下水汚泥」を高松市から周南市へ輸送されています。

 下水汚泥はセメント原料となる粘土と成分が非常に近いことから、(株)トクヤマは、この下水汚泥をセメント原料に活用されていました。しかし、本来の原料の粘土よりも水分が多いため、その分、セメント生産量が少なくなる等の課題があったそうです。

 近年、災害復興事業や消費税駆け込みによる需要等で、セメントの国内需要が増してきている上に、東京オリンピックの開催に向け、今後さらに右肩上がりになることが予想されることからセメントの量産が求められており、下水汚泥の再利用について見直しの必要性が高まってきました。

木材チップの集積所 そこで、南部開発(株)では、この水分を取り除く研究を重ねてこられ、このたび、木材チップ等と混ぜ、自然界に存在する微生物により効率的に発酵、乾燥させ、バイオマス燃料を製造することに成功されました。

 微生物による乾燥は日本で初の取り組みです。

 このバイオマス燃料は、石炭の約2分の1程度の発熱量を有するため、石炭代替燃料として利用が可能です。



広い敷地に大きな工場。規模に驚きました。 今回、南部開発(株)は、(株)トクヤマとの合弁会社「(株)森づくり」をさぬき市郊外に設立され、敷地面積1万3千坪の広大な土地に、1,100坪の作業棟を建てられました。

 ここでの業務が開始されると、下水汚泥は乾燥しバイオマス燃料が作られ(株)トクヤマに運ばれます。そして、セメント製造時の石炭に代わる燃料として利用されることになります。 

 同じ「下水汚泥のセメント製造への利用」ですが、これまでと違い、水分がなくなることによって大きく軽量化しますので、輸送時の二酸化炭素の排出量も大きく減量され、画期的なエコとなります。英知を絞ったまさに先進的な取り組みです。

 続く・・・


***参考***

 南部開発(株)のパートナー企業であります(株)トクヤマは、4年後には100周年を迎えられる歴史の長い会社で、周南市、また山口県になくてはならない会社です。

 早くからゼロエミッションに戦略的に取り組まれ、中でもセメント事業は、廃プラスチックや古タイヤを燃料に、また焼却灰や汚泥を原料にするなど、いろいろな廃棄物や副産物を資源として広く社外から受け入れ、セメント製造工程に利用しておられます。

「共楽養育園をサポートする会」について

おもちを地域の方、子どもたちみんなでついて、丸めます。 児童養護施設「共楽養育園をサポートする会」は平成21年6月1日に発足しました。私は会長を仰せつかっています。

 発足以来、周南地区をはじめ、県内から多くの温かい支援を頂いていますので、ご紹介をさせていだだきます。

 平成21年度は294,000円(延べ会員数60人)
 平成22年度は372,300円(  〃   67人)
 平成23年度は811,000円(  〃   75人)
 平成24年度は644,000円(  〃   76人)
   *各年度とも、高額の寄附金は法人会計へ納入していますので含まれていません。
 
 このように年々協力者が増え、今年度は、12月末現在で、会費、寄付金を合わせて約110万円のご協力を頂いています。

 本当にありがたいことです。

地域の方等、多くの方のご協力をいただいています。 寄付金以外にも、
①お餅つきに関する全てを準備(米・機材等)、指導
②生け花の指導
③絵本の読み聞かせ
④学習指導・公文教室のお手伝い
⑤キャンプの実施
⑥お皿、タオル等の物品
⑦お菓子を始めとする食品
⑧お花の苗
⑨イベントへのお誘い
⑩共楽園祭のステージづくり等
⑪高校卒業お祝いに食事会へのお誘い
・・・等々、

 ここには書ききれない程の真心が届けられていますし、これらは、お金には換算できない大きな愛情そのものです。

 今年度の支出の主なものは、
①卒園祝い金  
②自動車運転免許補助
③園旅行の補助
④ヘルパー等、資格取得補助
 等、とても有効に遣われています。

 実は、この「サポートする会」ができるまでは、共楽養育園のことをご存じの方は、市内にもあまりいらっしゃいませんでした。

 しかし、新聞に、寄付の記事が掲載されるたびに、少しずつ、市民、県民の皆様に知っていただくことができ、支援の輪が広がってきたように思います。

 共楽養育園には色々な問題を抱えた子ども達が約60名暮らしています。子ども達の幸せのために、職員の皆さんはいつも全力で頑張ってくださっていますので、支援の輪が一層広がるよう、祈念しています

山口県知事選挙が行われます

安倍総理と村岡さんと一緒に。 去る16日、自民党山口県連総務会長として、県知事選挙について、山口県選出の国会議員の皆様に相談するため、他の役員の皆様とご一緒に上京いたしました。

 一昨年の夏の山口県知事選挙において、我が自民党が推薦した山本繁太郎氏が見事当選され、産業戦略本部の設立をはじめ数々の実績をあげて来られました。しかし、残念なことに体調を崩され昨年の10月から入院、11月議会にも出席が叶いませんでした。

 年が明けてからも退院することができず、1月9日に山口県議会議長に辞表を提出されました。その結果、急遽、県知事選挙が行われることになり、2月6日告示、2月23日に投開票と決まりました。

 そこで、安倍総理にも相談し、山本県政を継承してくださる有能な方を探していました。宇部出身で総務省にお勤めの村岡嗣政さん(41歳)が、「ぜひ県の発展のために頑張りたい」と名乗りを挙げてくださいましたので、16日に、国会議員の皆様にご意見を伺いにまいりました次第です。

 国会議員の皆様は、全員「異議なし」と言われ、村岡さんは総務省に辞表を出され、早速、山口県に帰ってこられました。

 1月20日には県連の役員会や常任総務会を開催。村岡さんを推薦することを決定し、初めて皆さんの前で村岡さんがご挨拶をされるという運びとなりました。

 そして、23日には県連支部長・幹事長会議が開催され、村岡さんのご挨拶の後、室内ポスターやリーフレットなどが配布され、一気に選挙ムードとなりました。

 後援会活動ができるのも2月5日までです。本当に短期決戦ですが、自民党県連は心を一つに合わせ、全力で戦っていきたいと思っています。


事務所開きの様子。 尚、村岡さんのご家族は、奥様と幼いお子様が2人いらっしゃるそうです奥様は看護師をされていた方で、事務所開きでは涙ながらに挨拶をされました。

 初めての選挙で戸惑われることもあると思います。家族の方も含め、みんなで温かく応援していきたいと思います



増田先生の叙勲のお祝い会

全員集合!皆さんでひとつの大きな家族のようです。 山口県ハンドボール協会の副会長の増田雅夫先生が秋の叙勲で、瑞宝双光章を受賞され、そのお祝いの会が去る1月18日に周南市内のホテルで開催されました。

 増田先生は、昭和41年、山口大学教育学部をご卒業後、高校の教員となられました。高校ではハンドボール部の指導に携わり、全国大会で好成績を収めるかたわら、クラブチームの指導や県内初の小学生チームの設立・指導もされ、選手の育成・指導、並びに指導者の育成にご尽力されています。

 また、同時に、昭和45年から山口県ハンドボール協会の理事、常任理事、副理事長、理事長を歴任してこられ、さらに、平成13年からは副会長として協会の組織強化と発展に尽力され、山口県のハンドボール競技の普及振興に多大な貢献をしてこられました。

 特に、平成23年の「おいでませ山口国体」においては、強化部長・総監督として4種別の競技力向上を総括しその指導力を十分に発揮され、見事、競技別総合成績で優勝を収め、本県の天皇杯・皇后杯の獲得に大きな貢献をされました。

 40数年にわたるこれらの活動の間には、幾多のご労苦もあったと思います。先日、先生ご夫妻にお目にかかったときに、
「いつも忙しくさせており、ごめんなさいね」と奥様に申し上げましたら、
「いえいえ、この人が元気にハンドボールをしてくれるのが一番幸せなんですよ」
と笑って言ってくださいました。奥さまの支えがあってこそのご活躍と感じた次第です。

 県ハンドボール協会からは初の叙勲であり、この祝賀会には、県内各地から、先生を慕われて多くのハンドボール関係者がお集まりになりました。皆さんは長い間の師弟関係にあり、全員がまるで大きな家族のようで、私の目にはとても羨ましく映りました。

 ハンドボールの発展のためにさまざまな活動を展開され、御貢献いただきましたことに、改めて、深甚なる敬意を表します。これからもますますお元気に、ご活躍されますことをお祈りいたします。

丸い虹を見ました!

富士山もきれいに見えました。 先日、岩国錦帯橋空港から東京へ向けて飛びたち、しばらく時間が経ったときのことです。

 お天気も良く、先日からの寒気団のおかげで空気も澄み渡り、眼下には、白い雲の下に真っ青な海、雪をかぶった山々の稜線が白い筋になって描かれ、とても美しい景色が広がっていました。

 くっきりと日本列島の姿を俯瞰できると感激し、地図を片手に、眼下の地形や街並みと見比べながら、高松市の辺りを眺めていた時のことです。

この淡い虹のような光の輪は何?!

 すぐにカメラを構え、写真を撮りました。でも、雲の上に広がる輪の色が淡いので、上手に撮れた気がしません。そこで、「とにかく、この神秘的な光景を自分の目のレンズに焼き付けよう」と観察し続けました。

丸い虹!見えますか?  その輪の中には、うっすら影のようなものが見えますが、何かわかりません。大阪の上空まで、その光の輪は飛行機と同じスピードで付いてきました。大阪を過ぎた頃、雲が切れ、光の輪は見えなくなりました。

 そこに、客室乗務員が来られましたので、
「先ほどから、虹のような光の輪が見えていたのですが、何かわかりますか?」
と尋ねました。

 すると、
私は見たことがありませんが、それは虹だと思います。虹は地上ではその半分か3分の1がアーチ型で見えていますが、本来、輪になっていて、雲の上では繋がって見えるのだそうです。
以前、3人のパイロットの皆さんと話をしていた時、その中の1人の人が、その輪について話されていました。他の2人は、見たことがないと言われていました。きっと、とても珍しいものだと思います。ラッキーですね

と言われました。

 「何かいいことが起こりそう!」
と感動しながら、空の旅を楽しみました。 


***参照***

 帰って、ネットでこの丸い虹について調べてみました。

☆窓側に座って、しかもうまい具合に太陽との角度で条件が揃わないと見ることはできない

高度に関係なく、上空が晴れていて、飛行機の直下に雲海が広がっている場合、下の雲がスクリーンとなって自分の飛行機の影が映る。その周りにまん丸い虹が出来るのである。その虹は自分と同じ速さでどんどん移動する

雲の上面は完全な平面では無いから、虹の七色はやや混ざり合った色となり、コントラストの乏しいぼけた色合いではあるが、虹であることは間違いない。

☆なぜこのように雲の海に丸い虹が出るのか(どこで分光されるのか?)は分からない。

☆これは正しくは、虹ではなくブロッケン現象という。ドイツのブロッケン山で見られたことからこの名前が付き、虹とは原理が異なる。
という説もありました。

 「丸い虹」のキーワードで画像検索をしてみると、神秘的な写真がたくさん出てきます。ぜひ調べてみてください。

第3回絵本と物語のある街絵本コンテスト表彰式

商工会議所会頭賞を藤井会頭さんから 3年前、地元の新聞記者である杉川さんと一緒に立ち上げた絵本作りプロジェクトは、年々、取り組む人が増えてきました。また、応援してくださる人や団体や企業なども増え、年末の12月29日に、無事「第3回絵本と物語のある街絵本コンテスト表彰式」を開催することができました。

 私はこの絵本づくりに最初から関わって来たので、顧問を仰せつかっていましたが、今回は審査委員長というお役目を頂きました。

 1回目が120作品、2回目が135作品、そして、今回は何と315作品の応募がありました。こんなにたくさんの方から絵本が寄せられたことは嬉しい限りです。

 また、今年は、大人の方からもたくさんの素晴らしい応募があり、その結果、新たに、大人の賞として「絵本大賞」を作ることとしました。

審査委員長として公表及び挨拶をさせていただきました。 どの作品も、本当に素晴らしく楽しく温かいものばかりでした。さらに、絵本としてのストーリー性、メッセージ性があり、読み応えがありました。
このコンテストがスタートした時に比べると、確実に内容密度が濃く、技術的にも、数段アップしており、絵本と物語のある街づくりが形になりつつあると感じています。

 きっと、この間に、皆さんそれぞれが、絵本作りに一生懸命取り組んでこられた成果であろうと思います。

 絵本を書くということは、優しい心を育んでいくことだと思います。人や動植物、全てのものに対して優しく見つめるまなざしと、思いやりの心がないと絵本は書けません。だからこそ、絵本は、それを読む人の心を、優しい気持ちにさせる不思議な力を持っているのだと思います。

 絶対にお金では買うことのできない自分の絵本、一番の宝物になったと思います。

受賞された皆さま・・・
・山口県知事賞    「スマイル☆ロボ」  小田 拓海様
・山口県教育委員長賞 「いちご」      吉松 暁羽様
・周南市長賞     「夜の動物園 」    末次 理子様
・周南市教育長賞    「かくれんぼ」    中原 愛・中原 めぐみ様
・徳山大学学長賞    「にじのむこうがわ」 藤田 みる様
・YICキャリアデザイン専門学校校長賞 「ねこのまち」 谷本 心優様
・徳山商工会議所会頭賞  「どうぶつぱんつ」  古殿 碧様
・西京銀行頭取賞     「おかしないぬ」   仮野 晄・仮野 美代子様
・トクヤマ御影文庫賞   「お茶の中のおんせん」 川崎 華怜様
・東ソーこども絵本賞   「うさぎとこうさぎ」  森本 菜月様
・国際ソロプチミスト徳山会長賞「なっちゃんと赤い花」 鹿島 桃夏様
・周南西ロータリークラブ会長賞 「かっぱのお父さん」 三浦 祥弘・三浦 智香様
・絵本大賞        「どうぶつまちのパンやさん」 定廣 知恵様
・物語大賞        「自分のたからもの」     黄 智禪様

審査委員長として表彰状をお渡ししました 私も審査委員長として、物語大賞と絵本大賞の受賞者に表彰状を授与させていただきました。

 また、この受賞作は周南西ロータリークラブの皆さんがスポンサーとなって製本され、中央図書館に寄贈されることになっています。表彰式で近間会長より周南市の村田教育長に、その目録が寄贈されました。

 また、プロの目で審査をしてくださった審査委員のYIC山口キャリアデザイン専門学校デザイン科の貞廣安彦先生との嬉しい出会いもありました。
 
 「絵本にふれあうことは子供や親子にとって素敵なこと。子供や親子で絵本を描くことは素敵なこと」―YIC山口キャリアデザイン専門学校のブログ

 来年はもっと多くの作品が寄せられることを期待しています。これを読まれた皆様もぜひ、チャレンジしてみてください。とても楽しいですよ!

「光マリンスターズ」の第11期生の卒団式

卒業生の方と一緒に集合写真 去る12月22日、光市のホテルで中学生硬式野球「光マリンスターズ」の第11期生の卒団式が開催され、顧問として出席しました。

 今年の卒団生は16名。昨年はホークスカップで優勝。4月の山口大会では県勢、初の優勝。また、11月のヤングリーグ西日本秋季大会ではベスト4。快挙とも言うべき、大きな足跡を残してこられました。

 軟式野球は各中学校の部活でできますが、硬式野球を選択した場合、県内には中学生の硬式野球はチーム数が少ないため、3年間、遠くから通い、厳しい練習に耐え、さらに、勉強との両立をしなければなりません(周防大島町や岩国市などからも通っておられます)。

 この3年間は、決して平坦な道ではなかったと思います。弱音を吐きたくなる時も、愚痴を言いたくなる時もあったでしょう。夏の暑さもこたえたでしょう。

式典の様子 しかし、光マリンスターズに所属し、共に汗や涙を流してきたことには、計り知れないほどの価値があったと思います。他の中学生の何倍も何十倍も貴重な体験をされ、入団時より、心身ともに、一回りも二回りも大きくなられたはずです。ここで身についたことは大きな財産で、これからの人生に大いに役立つはずです。家族の支えのもとに、みんなよく頑張ってこられました。

 また、光マリンスターズの指導者の皆さんの熱意も半端ではありません。卒団式の中で、選手一人ずつが背中のゼッケンを母親に外してもらい川崎監督に返納しますが、その間、その選手の3年間の成長の過程が前のスクリーンに写真で紹介されると共に、川崎監督が書かれた文章が代読されます。

 その文章の中には、試合での活躍・悔し涙の他、性格、くせ、長所・短所、身体の成長など、きめ細かなことが書かれています。聞いていると、どんなに熱い想いを持って指導に当たっておられるかがよくわかります。

 指導者として、試合で勝つために必要な事だけでなく、生活習慣や礼儀作法、勉強へのアドバイスにも熱心に取り組まれております。例えば、「玄関の靴を揃える」ことを徹底したことで心がけが変わり、試合展開が変わり、10連敗から抜け出したそうです。

 今回、監督のお話の中で、「食事合宿」のことにふれられました。普通の和食が苦手な中学生も多いとのこと。
大切な身体を作る時期ですので、体力をつける上でも好き嫌いなくしっかり食べてほしいものです。

 卒団生の皆さんは、来年からは各高校で甲子園をめざし、野球に打ち込まれることと思いますが、この3年間、光マリンスターズのメンバーであったことに大きな誇りと自信を持ち、これからも練習に励み、夢に向かって、挑戦をし続けて欲しいと願っています。頑張ってください。

映画「永遠の0」を観に

 年末、娘と一緒に、今話題の映画「永遠の0」を観に行きました。原作は百田尚樹さん。

 人の命の重さ・尊さ、愛する人の大切さなど、人が生きる上で大切な事がたくさん詰まった作品で、命をかけて、家族や国民、日本を守るために、私達が決して目をそらしてはいけない時代を生きてこられた人達のお話でした。

 私はもともと、百田尚樹さんの本は、徳山と関係の深い「海賊とよばれた男」が気になり読ませていただきましたが、他の本も読んでみたくなり「永遠の0」もすぐに買い求めました。大変おもしろく、読み始めると一気に進みました。


百田先生と一緒に。 実は、昨年の秋、私は百田尚樹さんに2回お会いしております。1回目は自民党山口県連のセミナー。2回目は周南コンベンション協会の講演会並びに懇親会です。

 自民党県連のセミナーでは総務会長として、新山口駅までの送迎、昼食など、ずっと傍に付いてお世話係をさせて頂きました。
 また、周南コンベンション協会の講演会では、懇親会会場までの御案内係を仰せつかりました。


 自民党のセミナー券も周南市の講演会チケットも、あっという間に売り切れの状態。立ち見の方もいらっしゃるほどの熱気あふれる会場で、「永遠の0」や「海賊とよばれた男」を書き上げた作家として、今の日本の国に対する想いをお話されました。

大変凝縮された中身の濃いお話でした 「海賊とよばれた男」は出光興産創業者の出光佐三さんをモデルに書かれた小説です。佐三さんは、戦後の焼け跡の中で、社員を1人としてクビにせず、会社を復興。出光が周南市(当時の徳山)に残した大きな軌跡を、改めて思い知らされました。また、日本のみならず、世界を驚かした日章丸事件のお話も圧巻でした。あれだけの大事業を展開した底力は一体どこから出てきたのでしょうか。

 また、百田さんは大正生まれの人たちのすごさを熱く語られました。日本人としての品格。武士道に通じる身を切る覚悟、守りきる覚悟。根本に流れる優しさ。

 日本人として、大きな勇気をもらったように思います。多分、ご講演を聴かれた皆さんも同じ感覚になられたのでしょう。帰られる時、皆さん「良いお話が聴けた」という表情をなさっていました。


 周南での講演会では、終了後、一緒に車で市内のホテルに移動し、懇親会でも同じテーブルで親しくお話をさせて頂きました。

 百田さんは講演会の日の午前中は「海賊とよばれた男」に登場する「徳山製油所」を見学されたそうです。奥様は山口県宇部市のご出身だそうですが、徳山に来られたのは初めてだとか。もし今後「海賊とよばれた男」の映画化…などということがあれば、その時には、ぜひ徳山をロケ地としてもらいたいと願っています。

 百田さんは他にもたくさんの本を書かれています。どうぞ手に取ってみてください。

コンビナート事故に思う

 去る1月9日、三重県四日市市の三菱マテリアル四日市工場で爆発が起き、同社の従業員(3人)と協力会社の従業員(2人)の5人の方が亡くなられました。

 実は、四日市のコンビナートの協和油化という会社で働いていた私の叔父は、昭和50年3月25日、同じような爆発事故で亡くなっています

 当時38歳の若さで、8歳の女の子と5歳の男の子の2人を遺し、無念の旅立ちをしました。私は、母の弟であるこの叔父を「四日市のおじさん」と呼び大好きでした。

 今回と同じように定期的修理の間の事故でした。私は今でも、ニュースを聞いた時のショックを忘れることができませんが、このたびの事故を聞いて「また、四日市・・・」と胸が痛くなりました。

 ましてや、叔母や従兄弟たちは、このたびのニュースの中に必ず出てくる「四日市」という地名を聞きながら、どんなに苦しくいたたまれない想いをしているのだろう・・・と思い、電話をかけました。

 周南市内で暮らしている叔母は
「その時の辛かったことを思い出すから、できるだけ、テレビを観ないようにしている。しかし、今回の事故で亡くなられた5人は、25歳から48歳までの働き盛りの方々。奥様や子どもさんも、また親ごさんや兄弟もいらっしゃるはず。今、どんなに悲しまれているだろうか・・・。その人たちの方が気になる
と言っていました。

 山口県にも、また周南市にも同じようなコンビナート企業がたくさんありますが、これまで何度か爆発事故を起こし、亡くなられた方もあります。そのたびに苦しく悲しい思いをされる方が生まれてきました。「もう二度と事故を起こしてほしくない!」そんな思いの日々です。皆様のご冥福をお祈りいたします。

知事より10年勤続表彰を頂きました

表彰状を持って 昨年の11月定例議会中に、知事より「議員勤続10年表彰」を頂きました。

 対象は
・在職30年以上・・・吉井利行県議
・在職 20年以上・・・伊藤 博県議
・在職10年以上・・・岡村精二県議・橋本尚理県議・石丸典子県議・先城憲尚県議・上岡康彦県議・藤井律子
・・・・・の、計8名です。

 授与してくださったのは、病気療養中の山本知事に代わって藤部副知事さん。とても優しく温かい微笑みを添えて手渡してくださいました。

 藤部副知事は、亡き夫の時から御縁がある方です。跡を継いで頑張っている私に向けて、エールを込めてお渡しくださったように感じました。

 これも、ご支援くださった皆様のおかげですが、この表彰に見合うような議員活動を展開していきたいと思っています。



右から3番目が伊藤先生です。 尚、この時、一緒に受賞された伊藤博県議さんが昨年末に急逝なさいました。

 自民党控室では私の隣の席で、いつも、優しくいろいろなことを教えてくださった方です。とてもお元気な方でしたのに、残念でなりません。

 心からご冥福をお祈りいたします。




プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ