日本看護連盟の「政治アカデミー」の講師として ①

皆さん熱心に聞いてくださっていました。 11月17日、日本看護連盟の「第3期政治アカデミー」の講師依頼を受け、たくさんの資料を持って東京へ行ってきました。

 政治アカデミーとは、看護師さんの中で、将来政治家を目指す人たちを全国から募集し、各分野にわたって総合的な教育をしていくものです。9月からの6回シリーズです。前回も、講師としてお呼びいただき、県議の日常活動についてお話をさせていただきました。
 
 会場は、表参道に面した日本看護協会会館の5階。参加者は、都道府県看護連盟の推薦を受けられた14名で、全国各地から来られた若い人ばかりです。

 部屋に入ると、皆さんが一斉に立って、大きな拍手と笑顔で迎えてくださいました。感激とともに、一気に緊張感が走りました。それは、男性が10人、女性が4人というこれまでの看護の団体には考えられない構成だったからです。世の中の変遷とともに、看護の領域も変化しているのだと思いました。

 今回は、「看護師の経験を持つ県議としての想いと活動」と「選挙の実際」についてお話しをさせていただきました。

 私の日常の議員活動は、声を上げることができない人たちに代わって、生活の中で困っていることを解決することですが、今回はその例として、視覚障害者に対する施策について、詳しくお話ししました。

 さらに、日本会議や日本女性の会、「創生日本」などで、日本人の心を再生することの大切さについてお話しした後、私の日常活動をまとめたDVDを観ていただき、県議とは、どういう日常活動をしているのかを知っていただきました。

 最後に、私の後援会活動・選挙活動をまとめたDVDを観ていただき、後援会の組織づくりや、選挙の具体的な大変さ・苦しさ・楽しさ等について紹介しました。

 皆さんはとても熱心に私の話を聞いてくださいました。看護師も、議員もその職業を目指す人は「人のために役に立ちたい」という精神がとても強い人だと思います。
 
 皆さんが、いつの日か立候補を決意された時には、すぐにでも応援に駆け付けたいと思っています。皆さん、頑張ってください。 

全国女性議員政策研究会に参加して ②

靖国神社前にて
 二日目は早朝、参加者の中の有志が靖国神社に集合し、心静かに神霊を偲び、本殿を参拝いたしました。


 その後は前日に引き続き、自民党本部で研修会が行われました。


Ⅰ]下村博文衆議院議員による「教育政策について」の分科会。
  * 野田総理は、所信表明の中で、教育に関して一言も言わなかった。
  * インドでは8月6日と8月9日の2日を戦後66年にわたってずっと「慰霊のための追悼慰霊国会」を毎年開催している。
これは、インドは日本の国のおかげでイギリスから独立できたことを感謝しているからだ。
しかし、日本の歴史教科書の中には、このことは何も書かれていないし、誰も伝えないからほとんどの日本人は知らない。
はたして、現在のような自虐観のみ教える歴史教育でいいのだろうか。
  * チベットでは、チベット人350万人の所へ、漢民族700万人が移住し、弾圧をしている。
チベット亡命政府のセンゲ首相は「日本を目標とし、日本の教育を参考にしたい」と言われている。
30年後には必ず独立をしたい。そのためにはチベット人の歴史・伝統や誇りを子どもたちにきちんと教えなければならない。
そうしないと、30年後に独立国として、花開くことはないかもしれない。 
  * 国家が滅びる時は、戦争ではなく国民に共通の歴史観がなくなった時だ。

Ⅱ]菅義偉 組織運動本部長 挨拶
  自民党が再生するためには、女性の力と地方の力が必要。

Ⅲ]西村隆男横浜国立大学教授による基調講演「学校教育における消費者教育
 * 若い人が生活実践力・生きる力を失っており、自殺が増えている。
 * 生きる力を育てるためには、環境保全のエコ活動などを通して社会への参加をすることが大切である。
 * 消費者が社会を変えていく時代。
 * 正しい判断と、正しい選択が必要。

Ⅳ]逢沢一郎衆議院議員による基調講演「国会審議におけるこれまでのわが党の震災対応と今後について
 * 自民党は震災直後から官邸をサポートして、577項目の提案をし、自民党がリードして33本の法律ができた。また、独自の議員立法も12本作った。
 * 復旧・復興にはスピードアップが大切である。

Ⅵ]閉会セレモニー 島尻安伊子女性局長

防災公園にて。防災について、危機管理について学びました。Ⅶ]都内視察 東京臨海広域防災公園(江東区有明)
  「災害時の防災学習・体験」並びに内閣府・国土交通省担当者との意見交換


 それぞれの講師の方のお話は、とても楽しく、中身の濃いもので、とても勉強になりました。自民党の都道府県議会議員は全国でも30名しかいませんので、お互いに連携を取りながら、女性の目線を県政に活かしていきたいと思っています。

全国女性議員政策研究会に参加して ①

今年も参加させていただきました。 14日・15日の2日間にわたって、東京の自民党本部で「全国女性議員政策研究会」が開催されました。全国から60名以上の地方女性議員が集まり、私も参加してまいりました。

 この研究会は、毎年1回行われていましたが、昨年から2回開催となり、今回は後期コースです。

 全体の進行は、女性局長の島尻安伊子参議院議員がされました。

 一日目のプログラムを順番にご紹介します。

谷垣総裁です。Ⅰ]谷垣禎一総裁のご挨拶
 民主党に任せておくと日本はだめになる。なぜ大震災後の復興がこんなに遅いのか。

Ⅱ]福島県選出の岩城光英参議院議員による「大震災に関する基調講演

Ⅲ]山田不二子医師(内科医)による「児童虐待防止についての基調講演
 * 「里親」の文化を育てなければならない。
 * ネグレクトとは『普通の生活』を迫害されている子どもである。家族の愛を知らない。医療・福祉・警察・児相、この4つの初期対応のシステムの構築が最も必要であるが、アセスメントができていないから事故が起こる。
 * 今回の津波によって亡くなった方はたくさんいるけれど、専門の保育士に預けられていた子どもは誰一人死んでいない。日本の保育士はプロである。この技術と誇りは世界に向けて発信できる。危機管理能力が高いので、いざという時の子どもの守り方は保育士に聞くのがベスト。

Ⅳ]猪口邦子参議院議員による「少子化対策・子育て支援について」の分科会

高階恵美子先生と。Ⅴ]懇親会
 大島理森副総裁、石原伸晃幹事長、茂木敏充政調会長、高階恵美子参議院議員などが出席され、楽しい交流のひとときを持ちました。



******

昨年のこの研究会参加の記事はこちらです。

http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-964.html
http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-965.html
http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-966.html
http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-967.html
http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-968.html
http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-969.html
(続)http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-970.html

「生きものと人・共生の里を考えるシンポジウム」に参加して

ナベヅルのシンボルマークが制定されました。 19日・20日の2日間にわたって、希少鳥類をテーマにした「生きものと人・共生の里を考えるシンポジウム」が周南市で開催されました。
 
 これは5年前に始まったもので、本州唯一のナベヅルの飛来地である周南市・一万羽以上のツルの飛来地である鹿児島県出水市・コウノトリの兵庫県豊岡市・トキの新潟県佐渡市の4つの市が、大型トリを守るために農地や自然をいかに守っていくか、交流しながら情報交換をする、通称「ツルサミット」です。

 文化会館で開催されたシンポジウムでは、この度募集されたナベヅルのシンボルマークが制定され、その表彰式も行われました。

猫八さんの見事な鳴きまねでした。 また、特別公演として、4代目江戸家猫八さんが「動物の鳴きまねを通じて ―自然の大切さ― について」という演題でお話しをされました。

 ウグイスやホトトギス、イカル、ツル、オオハクチョウ、コハクチョウなどの鳴きまねを演じながら、
世界の中で日本ほど自然豊かな国はない。この自然は、農業や林業などを通して人間が守っているからだ。

 営利を求め、開発を進めるために、自然が失われており、このままではトリが住める環境はなくなってしまう。

 気が付いた者だけでも、自然を守ることに真剣に取り組むべきだ。そうしないと、人間も住めなくなる


 という内容のお話をされました。
 大型トリがその地に住むためには、低農薬での農業をしていくことや、地域住民全体で、トリを優しく見守ること、あまり土地開発をしないことなど、たくさんのルールが考えられます。
 
 その地に住むものとして、自然との共生をみんなで考えていかなければならないという気持ちを改めて強く思いました。


これまでのツルサミットについては、下記のブログをご覧ください。

http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-344.html 2006-05-27
http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-532.html 2007-10-14
http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-609.html 2009-03-04

歯科医師親睦野球大会前夜祭

 11月20日、恒例の山口県歯科医師親睦野球大会が周南市野球場で開催されました。19日には、その前夜祭が市内ホテルで行われ、今回もご案内をいただき、出席いたしました。

 私は挨拶の中で、
「健康づくりの一番の基は歯と口腔にあることから、口腔条例は必要と考え、今年3月11日に県議会議長に、『歯・口腔の健康づくり推進条例検討組織』の設置について申し入れをしました。

 改選後、私は文教警察委員長を拝命し、担当を離れましたので、次の環境福祉委員長にきちんと申し送りをし、現在、条例制定に向けて諸準備が進んでいるところです。

 また、歯科医師という職業はとてもストレスが強く、健康を害される方が多いので、心を痛めています。ぜひご自身の健康をしっかり守っていただき、その上で県民の健康を守っていただきたいと思います」
とお話しいたしました。

「みかんの花」のすばらしい演奏を、歯科医師の皆さんが大絶賛されていました! また、今回歯科医師の皆様は、「医療と福祉の原点に帰って、自分たちのなすべきことを考えよう」というお考えから、私が顧問をしています楽団「みかんの花」に、「ぜひ来ていただきたい」という申し入れがありました。

 そこで、会の中のアトラクションでは、楽団「みかんの花」のメンバーが、『Aozora2011』や『25枚の年賀状』『小さな世界』など、見事な演奏を披露しました。

 先生方は、とても関心を持って演奏を聴いてくださいました。

 中には、メンバーに手話で話しかけてこられる先生もあり、お互いが感動できる演奏会となりました。

 楽団「みかんの花」にこのような、社会参加の機会を与えてくださった歯科医師の皆様に心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

***参考***

2011-03-25  歯・口腔の健康づくり推進条例(仮称)の申し出をしました
http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-entry-1119.html

「小さな親切」運動で感謝状をいただきました

 先日19日、「小さな親切」運動山口県本部及び小郡支部の推進大会が山口市で開催されました。

感謝状をいただきました! 私は、この大会で、県本部運動功労者として、「小さな親切」運動山口県本部本部長の田中耕三本部長から感謝状をいただきました。

 当日のプログラムに掲載された私の功績概要は
 「平成4年から現在に至るまで、長年にわたり徳山支部推進委員・実行委員として活動を指導されています。また、平成20年11月、周南市「小さな親切」運動連合会の設立、及び、平成22年12月周南市議会の『「小さな親切」推進都市宣言』決議に尽力され、周南市全域における「小さな親切」運動の普及・推進に多大なる貢献をされております
となっておりました。

 この20年間、磯村仁前会長や国冨晃会長さんのご指導の下で、「小さな親切」運動に関わってきたそのご褒美だと思います。

 私個人の活動を認められ、感謝状をいただいたのは、民生児童委員・主任児童委員に次いで二つ目ですが、ごく普通のことをしていただけであり、気恥ずかしい思いもあります。

しかし褒められることは非常に嬉しいですね。これからも「小さな親切」が明るい町づくりのもとになると信じ、「小さな親切」の種をまき続けてまいりたいと思います。

 ありがとうございます。

****

 受賞の様子が山口新聞に掲載されました。

 http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2011/1120/4p.html

日本看護連盟 石田幹事長のブログに「お空のすべり台」が!

 日本看護連盟の石田昌宏幹事長さんは、いつも、素敵な笑顔で人を温かく包み込んでくださる方で、看護連盟の大きな柱となっている方です。

 石田幹事長さんは、ご自身のブログで、時々私の活動を紹介してくださっています。
 
 今回は、先日、私が作った絵本について、次のように書いてくださいました。ぜひ、アクセスしてみてください。

******************

石田幹事長のブログです。
 石田昌宏 幹事長日誌 Season 2 
 2011年11月09日(Wed) 「お空のすべり台」
 http://d.hatena.ne.jp/MasahiroIshida+JNF/20111109


 山口県議会議員の藤井律子さん。

 看護連盟の推薦する唯一の看護職県議会議員です。日本看護連盟や都道府県看護連盟の活動にも積極的に参加してくださり、これから地方議員をもっと出していきたいという私たちの想いの旗頭になってくださっています。

 その藤井律子さんのブログにこんなことが書いています。

 「お空のすべり台」
 http://fujiiritsuko.blog22.fc2.com/blog-date-20111104.html

 藤井さんは生後数か月のお子さんを亡くした友人のために、絵本を作ったそうです。

 そのアイディアは、地元の日刊新周南社が『絵本と物語のある街・山口県』というプロジェクトを立ち上げ、その相談役に彼女がなったことがきっかけです。

 小さなきっかけを、友人のために、地域で暮らす人たちのために大きく育て、みんなを幸せにする活動は素敵です。


******************

 石田幹事長さん、ありがとうございます。

還暦・古希軟式野球大会

 先日12日、第16回環瀬戸内海還暦軟式野球大会・第5回環瀬戸内海古希軟式野球大会が周南市野球場で開催され、開会式で歓迎と激励のあいさつをさせていただきました。

実行委員長の大谷さんです。83歳のお年を感じさせない、大変お元気な方です。 選手が60歳以上の還暦大会は、光市の山口アインツなど、県内5チームを含む16チーム。70歳以上の古希大会は、下松市の山口アインツィッヒなど、県勢2チームを含む7チームが参加をされました。

 大谷博大会実行委員長は、前回の8月の第6回中四国還暦軟式野球大会でもヒットを打たれた方ですが、今日も元気そのものです。朝早くから大阪・岡山・広島・高知・徳島・大分など、各地から来られた皆さんに声をかけるために、走り回っておられました。

 開会式では、「大会を熱意で盛り上げて、存分に楽しんでください」とご挨拶をされました。

 還暦野球の皆さんには、球場の改修のための募金活動にご協力をいただいた関係もあり、以来、交流をさせていただいております。今日も、選手の皆さんの年齢を感じさせない、はつらつとした見事な「走・攻・守」に、驚きとともに感動いたしました。

吉井先生、大会役員の皆様と。 さらに驚いたことに、開会式が終わった時、「りっちゃん!」と声をかけてくださる方がいらっしゃいました。

 その方は、「平生ファイターズ」のユニフォーム姿の山口県議会議員の吉井利行先生でした。

 先生は議員野球でも長年ピッチャーをされておりますが、きっと今回も大活躍をされたことと思います。

 皆様には、生涯現役で野球を謳歌されますよう祈念いたしますし、私も皆さんを見習って、元気に年を重ねてまいりたいと、改めて思いました。

 この大会は、大谷会長が始められたことから、毎年、周南市野球場で開催されているそうです。来年、お目にかかれることを楽しみにしています。

殉職警察職員慰霊祭

謹んで献花いたしました。 去る9日、山口市の警察学校講堂にて「第94回山口県殉職警察職員慰霊祭」が行われ、私は文教警察委員長として、初めて出席いたしました。

 この慰霊祭は、明治10年から平成6年までに職務中に亡くなられた69人の方のご冥福をお祈りするものです。ご遺族の方々も多数ご参列をされました。

 多湖県警本部長が
「御霊の尊い行為から学び得た教訓を胸に刻み、県民の期待と信頼に応える警察活動に邁進することを誓います」
とご霊前で追悼の言葉を述べられました。

 私も、尊い自らの命を犠牲にし、県民を守ってくださった皆様に思いを馳せ、謹んで献花をいたしました。

 69名の方に深く敬意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

「笑顔家」さんのブログ

笑顔家さんのブログです。 「笑顔家」さんのブログを紹介します。

 笑顔家さんは、下松市で整体をされているスポーツトレーナーの吉田さんです。2年前にブログを開設され、今年の山口国体まで、ハンドボールチームのトレーナーとしての活動を掲載されていました。

 国体が終わった時に、
「寂しいですが、今日でHC山口のブログは終了です。長い間、ご愛読ありがとうございました!年内は振り返るためブログはおいときますね~
 今後も・・・私自身 またハンドに携わっていきたいと思っています」
という記事を目にし、「残念だなあ・・・」と思っていました。

 先日お会いした時に、
「吉田さん、ブログをやめるって、書いてあったけど、やめないでくださいよ。楽しみにしているんですから・・・」
と話したところ、
「えっ?りつ子さん、見てくれているんですか?」
と聞かれました。
「ちゃんと、見ていますよ。いつもHC山口の選手の皆さんのことを書いてくださってありがとうございます。これからは、幅広い分野で、スポーツの記事に取り組んでくださいね」
とお話ししました。

 そして先日、「その後どうなったかな?」と、ブログを開いてみましたら、更新されている上に・・・何と、私が、宙を飛んでいました
人生初の胴上げです!
 人生初の胴上げの写真です。ぜひ見てください。

 2011-11-13  ハンド祝勝会 http://ameblo.jp/hc-yamaguchi/entry-11077109425.html

 こうしてブログを続けていらっしゃることを嬉しく思います。

 これからもスポーツを通じてみんなが元気になるような話題を提供してくださいね。



*********

11月24日 追記

 笑顔家さんが私のことを取り上げてくださいました!大変恐縮です。

 こちらもぜひご覧ください。

 2011-11-21  山口県ハンドボール会長
 http://ameblo.jp/hc-yamaguchi/entry-11085529141.html

 吉田さん、ありがとうございます。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ