県立大での講義を終えました

 先月の13日、今回で9回目となる県立大学での講義を無事終えることができました。14回にわたって行われた市民公開講座「医学」シリーズの1コマで、今年は「求められる医療人とは」と題しお話をしました。

 この「医学」シリーズも今年で最後と伺っていますが、これまでの9年間の講師のうち、毎年、講座を持った「皆勤賞」は2人だそうです。その1人になった訳ですから、継続で指名してくださった江里先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

 今回は障害を大きな柱の一つに掲げてお話しました。聴覚障害のある「こすもすの家」の皆さんにも来ていただき、「耳が聞こえない」という事の実態と大変さについて、特にポイントを置いて話しました。

 学生の皆さんは、他の講師の方は、医師を始めとする医療関係者ばかりなので、なぜ県議の私が講師になるのかわからず、「県の医療政策についてでも話すのかな?」と思っている方もおられるようでした。

***今回話した内容について***

自己紹介
  看護師としての勤務経験→結婚→家族の在宅介護・看取り→夫の死→初出馬→県議
夫の闘病生活を通して
  亡き夫の闘病・人生の閉じ方
  夫が遺した言葉
医療者の言動が患者に与える影響
  言葉は慎重に
医療者に求められる手と目と心
  手・・・人にエネルギーを与える・医療人が持つ技を提供
  目・・・相手の全てを見極める ― 相手の状況 ニーズ
  心・・・相手に寄り添う ― 相手を理解し、癒しを与え、苦しみを除去する
障害者支援について
  視覚障害
  聴覚障害
   「ほたるの星」の上映会(テロップ・手話通訳付き)
   「こすもすの家」の立ち上げ
  障害は、特別なものではない
   「せっかく見える目、せっかく聞こえる耳をもっと大切にしてください
  あいサポート運動
医療人である前に「一人の人間」
  求められる人間とは
   ・人間力が高い人…人生を力強く切り拓いていく能力
   ・「気付く」こと
   ・「センサー」を磨くこと


 これから大学を卒業すると、いろいろ大変なこともあるかと思います。社会人になった時には、人と人の繋がりを大切にし、素敵な社会人になってほしいと願っています。

山口県立大学での公開授業のお知らせ

 今年も、非常勤講師として県立大学で講義をさせていただきます。この授業は市民公開講座であり、どなたでも受講できます。ご興味のある方はぜひお越しくださいませ。

 日にち:7月13日(月)17時50分~19時20分
 場  所:山口県立大学本館A32教室
 タイトル:求められる医療人とは
 内  容:看護師勤務や、夫・家族の看取りの経験を活かした「命を守る」ための県議の活動を通し、医療人に求められる姿勢、心のあり方を考える
 受講料:500円/回
 お申込:山口県立大学附属地域共生センター生涯学習部門
      電話:083-928-3495
 詳  細:H 27 年度 山口県立大学前期公開授業「医学」

 これまでの講義の様子・内容・・・「続きを読む」をクリックしてください

続きを読む

県立大学で講師をさせて頂きました

今年もお話をさせていただきました。 7月14日、山口県立大学で、市民公開講座「医学シリーズ」の講師をさせて頂きました。今年でこの講義は8回目になります。


タイトル:「求められる医療人とは
内  容:看護師勤務や、夫・家族の看取りの経験を活かした「命を守る」ための県議の活動を通し、医療人に求められる姿勢、心のあり方を考える





***内容概略*****

①はじめに-最近、日本人の心が壊れていると感じた体験 
②自己紹介
 1)看護師の経験
 2)出産・子育ての経験
 3)家族6人の自宅介護・看取りの経験
 4)夫が亡くなった後のひきこもりから立候補の決意まで
 5)県議になってからの活動
③夫の闘病生活と、命が切れる瞬間の様子
④夫が遺した言葉
⑤看護師さんの言葉-医療者の言動の影響力
⑥人財育成
 海の清掃活動・ササユリの保護活動を通して
⑦3.11の時、世界中から賞賛を受けた日本人の言動
⑧百田尚樹さんの言葉
人に与えられた4つの命
 ・運命・天命・宿命・使命

⑩次世代を生きる皆さんへ
 ・医療人である前に、誰もが「一人の人間」
 ・高い「人間力」…人生を力強く切り拓いていく能力
 ・「公の精神」を持ったリーダーとして活躍して欲しい
 ・「気づくこと」…何が大切か、何が真実か、自分は今どうしたらよいのか。
 ・自らのセンサーをよく磨いておくこと
⑪課題
 ・自分に与えられた使命は何か?そのためにどう生きなければないか?

**************

今年も「手当て」の実践を行いました。肩甲骨の間に両手を置き、数分間。お互いの感想を言います。 講師として話すことに、ようやく多少慣れてきましたが、「一期一会」という言葉があるように、いつも初心を忘れないように心を込めて話をさせていただいています。


 聴いてくださった方に何か残ればうれしい、そんな気持ちで8年目の講義が、無事終わりました。




県立大学で

昨年の様子 今年も、県立大学で講義をさせていただくこととなりました。

 県立大学では、一般の方も学生と一緒に受講できる「市民公開講座」をいつも実施されています。

 「地域学」や「環境学」など、様々なシリーズがあり、私はその中のシリーズ「医学」の中の1授業を仰せつかっています。

 タイトル:求められる医療人とは
 内  容:看護師勤務や、夫・家族の看取りの経験を活かした「命を守る」ための県議の活動を通し、医療人に求められる姿勢、心のあり方を考える


 場所は、山口県立大学本館A32教室。7月14日(月)17時50分~19時20分です。

 どなたでも受講できます。(受講料は500円/回)お時間がありましたら、ぜひ聞きにきてください。お待ちしております。

 申し込みは山口県立大学附属地域共生センター生涯学習部門まで。

   電話:083-928-3495
   詳細:http://www.yamaguchi-pu.ac.jp/contents/000029487.pdf

******

これまでの講義の様子はこちら・・・
第6回 2012年7月23日
第4回 2010年4月19日 ① ~ 
第3回 2010年1月18日 
第1回 2008年1月7日

県立大学「癒しの医療」

7回目の授業をさせていただきました。 去る29日、山口県立大学にて、「癒しの医療」をテーマに講義をいたしました。毎年この時期にさせていただいており、今回で7回目となります。

 主に、看護師や栄養士をめざす看護栄養学部の学生を対象にした「医学」のシリーズですが、公開講座ということで地域住民の皆様も「学生さん」として多数受講されていました。 

 今回も夫の闘病生活や、残した言葉などを通して、
①学生さんたちに感じ取って欲しい人生の生き方と閉じ方
②医師や看護師の皆さんから受けた「癒し」について
緩和ケアについて
グリーフケアについて・・・「お空のすべり台」
障害者支援について
 *「温かい目と心と手」を貸してあげてほしい
 *誰もが、いつ、病気や事故により、障害者になるかわからない
  →今ある自分の視力や聴力などを大事にして欲しい
知識と技術を兼ね備えた品格のある優秀な医療人となって欲しい
 *「看護の原点」は優しい「目と手と心」であり、それは「優しい社会づくり」にも通じる

等についてお話しをさせていただきました。

江里学長のお話 最後に学生さんたちから質疑があった後、江里学長がまとめとして次のようにお話されました。

 「『医』の字の真ん中には『矢』がある。これは、目標に向かって、ぶれずにまっしぐらに進むという医学の原点を表している。
 医療人のみでなく、全ての人に、心の真ん中に『矢』を持って、ぶれずにまっすぐ進んで頂きたい

 「本を読めばいろいろなことが学べる。しかし、一番良いのは、直接話を聞くことだ。藤井さんの話は活きた体験談、参考になることも多い。だからいつも「トリ」をお願いしている。しっかり吸収して、立派な医療人・社会人になってほしい。」

「手当て」の実践の様子。地域の方も参加されての「公開講座」です。  「この公開講座は、地域の皆様に来て頂き、学生にも大きな刺激を与えてほしいという気持ちで行っている。今後、学生が年を重ねた時、県立大学で出会った皆様のことを思い出し、また勉強するきっかけとなればと願う」

 江里先生には夫が入院した時からずっとお世話になっており、夫を看取った後も、また私が県議になってからも大変お世話になっています。さらに、この7年間は、講師として学生の皆さんにお話をする機会を与えていただき、そのために自らも学ぶ機会をいただいたことに、心から感謝しています。

 今回のレポートの課題は・・・
・あなたは「人を癒してあげられる人間」になるために、これからどのように生きていけばいいと思いますか?
または
・自分は「神様との約束の日」までに何をしたいか 何をするべきと思いますか?

 学生さんたちが私の話をどこまで心で聞いてくださったか、レポートを見るのがとても楽しみです。

 今回で、「医学」の公開講座も終了です。学生さんは、15回のシリーズでいろいろなことを学ばれたことと思います。ぜひ、高い志を持ち、患者や家族に信頼される立派な医療人になって欲しいと願っています。

看護学校の卒業式から思ったこと

 先日の県立大学でお話しした「東北の看護学校の卒業式について」、少し詳しく紹介します。

 今年の3月、私は、テレビのニュースで宮城県石巻市の看護学校の卒業式の様子を見ました。震災直後に、自らも避難者でありながら、避難していた人の救護活動を続けた看護学生の感動的な卒業式でした。

*************************************

 震災当日、津波が押し寄せた宮城県石巻市の「石巻赤十字看護専門学校」の94人の学生と職員は、全員、近くの小学校に避難。

 電話も通じず水も食糧もない避難所の中で、看護学生の皆さんは、自分にも何かできることはないだろうかと考えたそうです。しかし資格がない自分たちには、着替えの手伝いなどはできても医療行為はできない。そこで、1300人の避難者の皆さんの冷えた身体をさすり、温かい声をかけて励まし、また、高齢の方の身体を暖めたりするなどの救護に当たったそうです。

 この時のことを後で思い出した時、
自分達には何もできることはなかった。ただ傍にいることしかできなかった・・・
と・・・・・。
 ところが後日、体をさすってもらった多くの人たちから、
あの時、どんなに嬉しかったか・・・
あの時、どんなに心が安らいだか・・・
と、感謝の言葉をいただいたそうです。

 卒業式で、
「家族の安否確認もできないまま不安な日々を過ごし、それでも頑張れたのは、避難している方々の前では涙を見せないで救護に当たる仲間の姿でした。この体験を無駄にしたくないと思っています」
と、決意を語る卒業生代表の長谷川聡子さんの姿が映しだされていました。

 この時の彼女の強く、温かい目を見て、私は「きっといい看護師さんになられるだろう」と感ずると共に、「あ、これが看護の原点だ!」と思いました。

 看護学生さんたちも、「自分の冷えた体を誰かにさすってほしかった」であろうし、「誰かに温かい言葉をかけて欲しかった」のではないでしょうか。

あの卒業生の方々は、温かい心を持った、よい看護師さんになっていらっしゃると思います。 だからこそ、避難所におられる高齢者や子ども達の背中に手を当てて言葉をかけたり、傍にいる人に寄り添うことができたのだと思います。

 この温かい心をもった行動こそが、看護の原点
だと思いましたので、このことを講義の中で話したところ県立大の多くの学生さんたちから共感を得たようです。


 看護学生の皆さんが、卒業後も看護の原点を忘れず活躍されることを心から願っています。



県立大で「癒しの医療」について講義をしました

今年も「癒し」について話させていただきました。 去る7月23日、山口県立大学の市民公開講座「医学シリーズ」の最終回の講義の講師を務めさせていただきました。

 私は今回で6回目になりますが、テーマは毎回「癒し」です。
 「癒しの医療」とは、とても難しいテーマであるといつも思います。今回は、原点に返って、癒しとは何か、どんな時に癒しがいるのかを考え、更に、皆さんには、癒しのできる人になって欲しいという願いを込めて、お話をさせていただきました。

① 自己紹介
 主婦だった私がなぜ県議になったのか

多くの学生さん・市民の方が講義を受けにいらっしゃっていました。② 講師を引き受けた理由
 夫の闘病生活について、夫が遺した言葉について

③ 闘病中、家族として看護師や医師に対して思ったこと

④ 夫が亡くなった後の苦しみ、ひきこもりと、最初の第一歩について

⑤ 徳山中央病院に緩和ケア病棟を開設したことについて
 すべてのがん患者さんに、夫と同じように穏やかな生活をして欲しい。

⑥ 緩和ケア病棟での癒し・・・遺族の方の声。ホスピスマインド。

「癒し」の絶対的必要条件・・・「優しい言葉」「温かい笑顔」

⑧ 夫の七回忌の時に私が作った冊子「みんなにありがとうって伝えてな!」と、子どもさんを亡くした友人のために私が作った「お空のすべり台」について

皆さんに「手当て」の実技をしていただきました。「手当」と「笑顔」を実際に体験してみよう
   
⑩ 東北の看護学校の卒業式について
看護学生は、被災者の皆さんの冷えた体をさすり、励まし、温かい声をかけた。
「自分たちには何もできることはなかった。ただ傍にいることしかできなかった・・・」
   (後日、詳しく書きます)

「病気を見るな。人をみよ」
  「看護の原点」は、「手当て」「優しい笑顔」「温かい言葉」「相手の気持ちに寄り添い、心を通わせる」ことで、看護には、優しい「目と手と心」が必要

⑫ 松陰先生の「留魂録(りゅうこんろく)」 
 「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め(とどめ)置かまし大和魂」
  江里学長の思い
 「私の医療に対する気持ちを理解し、その思い、志を受け継いで欲しい」

 奇しくも7月23日は夫の誕生日でした。生きていたら65歳になります。こんな節目の日に、夫の写真を使いながらお話をさせていただけたことを心から感謝します。

 また、学生さんは非常にまじめに熱心にお話を聞いてくださいましたし、市民公開講座なので、多くの市民の方が聞きに来てくださいました。皆様、ありがとうございました。

「什の掟」をご存知ですか?

 先週、産経新聞の「都道府県伝統の教え」のコーナーに、福島県の「什の掟(じゅうのおきて)」が掲載されていました。以前、この「什の掟」を知った時に感動を覚えた記憶がありますので、ご紹介をします。

 若松郭内に屋敷を構える会津藩の上士は、約800戸あり、その子息達は10歳になると藩校「日新館」に入学しますが、それまでの6歳から9歳の子どもたちは居住地域によって「什」という組織(10人程度の遊びの仲間)に振り分けられます。

 その中の年長者が一人、什長と呼ばれるリーダーとなります。什では、毎日順番に、仲間の家に集まり、什長が7か条の「什の掟」を訓示します。

一、年長者の言うことに背いてはなりませぬ。

二、年長者には御辞儀(おじぎ)をしなければなりませぬ。

三、虚言を言うことはなりませぬ。

四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ。

五、弱い者をいじめてはなりませぬ。

六、戸外でものを食べてはなりませぬ。

七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ。

 最後に、「 ならぬことはならぬものです」と締めます


 什長が「什の誓い」を申し述べ、それが終わると、什長がみんなに「何か言うことはありませんか」と訊ねます。

 もし違反者がいれば、その者に謝らせたり、「しっぺ」をするなどの罰を受けさせます。どんな場合でも、大人は口出しせず、子ども達が「会津武士の子として名誉を汚した行為」を自主的に反省します。

 「什の誓い」は、年長者を敬う心を育て、自らを律することを覚え、集団生活に慣れる為の幼年者向け基本教育であるといえます。

 最後に、「ならぬことはならぬものです」と強調するところにある意味、気迫が込められているように思います。

 「いじめ」が大きな社会問題になっている現在、どこに問題があるのか、解決のためにはどうしたらいいのか、みんなでしっかり考えなくてはなりませんが、現代の教育には、「ならぬことはならぬもの」という教えが、家庭にも社会にも欠けているように思います。

 この「什の掟」は、第7項を除けば、現在の社会人への教えとしても通用するものです。私たちも、大きな声で唱え、自分の日々の行動を反省するよい材料としてはいかがでしょうか?そして、自分の周りの者へ、広めていくこともよいのではないかと思います。

今年も県立大学で講義をします

前回の様子です。 今年も、県立大学で講義をさせていただきます。早いもので6年目を迎えます。

 4月から、県立大学で毎週月曜日の夕方から、「医学」シリーズの公開授業が開かれています。

 この授業は、患者自身が医療を選択し決定する、いわゆる「自己決定権の確立」に役立つものとなっています。

 また、人間をトータルとして捉え、多方面から医学・医療を解説するように、このプログラムは組み立てられています。

 その最終回に「癒し」のタイトルで講義するよう、今年も依頼を受けました。内容については
 「医療との係わりが長くなるにつれ、機械的な医療が疎まれ、心のこもった医療を求めます。癒しの医療に足らないもの、配慮すべきことについて、体験を踏まえて述べてください」
ということです。

 場所は、山口県立大学本館A32教室。7月23日(月)17時50分~19時20分です。

 どなたでも受講できます。(受講料は500円です)お時間がありましたら、ぜひ聞きにきてください。お待ちしております。


 申し込みは山口県立大学附属地域共生センター生涯学習部門まで。

   電話:083-928-3495


******
これまでの講義の様子はこちら・・・

第4回 2010年4月19日 ① ~ 

第3回 2010年1月18日 

第1回 2008年1月7日

「 国立国会図書館」へ行きました

国会議事堂の隣にあります 以前、東京に出張したときに、国会議事堂の隣にある「国立国会図書館」へ行ってみました。開館時間は9:30~19:00(土曜日は17:00)です。

 普通、図書館と言えば、誰でも簡単に入れますし、中に入ると、たくさんの本が並んでいるイメージがあると思いますが、この国立国会図書館は全く違いました。
① まず、玄関に入ると、
  「満18歳以上の方であれば、どなたでも入館・利用できます(子どもは入館できない)が、登録利用者の方は本館入口から、登録されていない方は新館入口からお入りください」
 とあります。
 私は初めてなので、新館入り口から入りました。

館内への持ち込みが規制されていますので、荷物をコインロッカーに預けます。
 ・中身の見えないカバンや紙袋・封筒などでB5判以上のものは持ち込めない。
 ・筆記用具や財布・貴重品などは備え付けの透明袋に入れればOK。

入口にカード発行機が設置されています。
 ・ 登録利用者は、カード発行機に登録利用者カードを読み取らせ、パスワードを入力すると、その日の館内利用カードが発行される。
 ・ 未登録者は、名前、住所、電話番号などを入力すると、館内利用カードが発行される。

入館ゲートで、館内利用カードを触れるとゲートが開く
駅の自動改札のように、利用カードをかざすとゲートが開きます。 






⑤ しかし、中に入ったものの、館内には、本棚一台、本1冊、見えません
 ・自分が読みたい本をパソコンに入力すると、約20分から30分ほどで、申し込んだ図書が図書カウンターに到着する。
 ・この時、到着案内モニタに館内利用カード番号が表示される。
 ・図書の複写は、著作権法上許される範囲内で、複写することができます(有料)。
 
 私は、初めて国立国会図書館に行きましたが、私たちの身近にある図書館と違い、資料の閲覧のみです。そのため、本を借りて読む場合は、身近な公共図書館を利用することになります。

 戸惑いの連続の国立国会図書館でしたが、とてもよい体験をすることができました。

**********

☆参考
  国立国会図書館とは 
  日本の立法府である国会に属する国の機関であり、国会の立法行為を補佐することを第一目的とする議会図書館。
  国立図書館も兼ねており、行政・司法各部門と日本国民に対するサービスも行っている。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ