自民党が圧勝しました!

街宣の様子。 12月14日、師走のあわただしい中での選挙も終わりました。

 皆様の温かいご支援のおかげで、自民党は圧勝することができました!

 山口県においては、20時の時報と共に、1区の高村正彦先生、2区の岸信夫先生、3区は河村建夫先生、4区は安倍晋三総理の4名に揃って、当確が出ました。

 私は、周南市の高村先生の事務所での当選のセレモニーの司会を仰せつかっていましたが、「当確」のテロップと共に、会場から大きな拍手が起こり、そのまま、後援会長のご挨拶・万歳となだれ込みました。

バンザイの瞬間。 その後、奥様の治子さんも、ホッとされたお顔でお礼の言葉を述べられました。

 今回は雨や雪などの寒い中の選挙で、街宣の行動隊も本当に大変だったと思いますし、街宣車の声を聴いて出てくださる方々にとっても、大変だったと思います。

 本当にありがとうございました。 



投票日まであとわずか

 来たる14日は第47回衆議院議員総選挙の投票日です。

 最近は、選挙戦の終盤になると
「もう期日前投票でいれてきたけぇね!」
等という声をよくいただきます。

 以前は、手続きなども大変でしたが、最近はかなり簡略化されており、簡単に事前に投票ができます。

 14日当日は大寒波でかなり冷え込むとの予想でしたし、投票率が大変気になるところです。

 ぜひ、期日前投票の活用や、投票所までご近所の皆さんで乗り合わせて行くなどしていただき、大切な一票を投じていただきたいと思います。

周南市での決起大会

 村岡つぐまさ新知事が多くの県庁職員に迎えられ、初登庁されたニュースを観て、本当に嬉しく頼もしく思いました。活力みなぎる元気な山口県をつくるために、全力で頑張っていただきたいと思います。

主催者として挨拶をさせていただきました。 村岡知事の選挙期間中の活動について、少しご紹介をいたします。 

 周南市では20日に村岡候補の決起大会を開催しました。会場の周南市市民館には1000人を超える方々が集まられました。

 周南市には、徳山・新南陽・熊毛・鹿野の4つの自民党県連の支部がありますが、一番組織が大きい徳山支部が中心になって企画・準備・進行を行いました。

 私は、徳山支部長として、主催者代表の挨拶をさせて頂きました。

 応援弁士には、県選出の国会議員の皆さんの他、高知県の山本有二衆議院議員、佐賀県の古川知事など、多彩な面々がお揃いになりました。


ご夫妻のご令嬢様方と同い年の女の子たちから花束の贈呈。 村岡候補が決意表明をされた後、奥様の雅美さんとお二人へ花束贈呈をしました。ご夫妻には、9歳と2歳の二人のお嬢さんがいらっしゃいますので、プレゼンターを「同い年の子ども」二人にしました。

 奥様の雅美さんは、それまで気丈に振る舞っておられましたが、「同い年」という司会者の言葉に急に涙ぐまれ、最後の「お礼の言葉」の時も声が詰まっておられました。

 きっと、家族全員が戸惑いの中でスタートした選挙であったと思いますし、選挙期間の17日間も緊張の連続だったことでしょう。

 東京から転居されその荷物も解けないまま、慌ただしい選挙戦となりました。奥さまにとっては、母親として、子どもの傍にいてあげる時間的余裕もなく、大変な日々であったと思います。

 お身体に気をつけていただきながら、知事さんをしっかり支えてあげていただきたいと思います。応援しています。

村岡知事の誕生

当確発表前の控室。緊張した面持ちです。 
 23日に山口県知事選挙の投開票が行われ、村岡嗣政さんが初当選を果たされました。



 現職の知事の中では2番目に若い知事の誕生です。

 皆で力を合わせて、活力みなぎる山口県にしていきたいと思います。


エスコートするお役をいただきました。 尚、当確発表後に山口市内で行われたセレモニーでは、歓声の湧き上がる会場の中、新知事と奥様を壇上までエスコートするお役をいただきました。 光栄なことであり、大きな節目の場に係ることができ、嬉しく思います。


 期間中の詳細はまた追って報告させていただきます。




万歳三唱













23日は山口県知事選挙です

大雪の日の街宣にて。 明日23日に、山口県知事選挙の投開票がなされます。

 6日の出陣式から17日間、村岡嗣政候補は、雨の日も、風の強い日も、大雪の日も全力で走り抜いてこられました。

 今日は周南市で夕方6時まで街宣。その後、高速で山口に移動され、19時45分から県庁前で「マイク納め」を行い、全日程を終了されました。

 これまで総務省でお勤めになっていた時とは全く違う環境に身を置かれ、さぞや、ご苦労やご心痛の多い大変な選挙活動の17日間であったと思います。

 それでも、村岡候補は嫌な顔一つ見せず、いつも笑顔で元気に走り回り、多くの人と握手をしてこられました。

 私も自民党県連の徳山支部長として、決起大会の開催や街宣の先導など、多忙な日々を過ごしてきました。時間的にブログを書く余裕もありませんでしたので、この間の詳細については、追って紹介させていただきます。

 新しい県知事を中心に「活力みなぎる元気な山口県」をつくって行かなければと思っています。


***


 最近の動向を見ていますと、明日の投票率がとても気になります。

 皆さん、貴重な一票です!必ず投票に行ってくださいね!

山口県知事選挙の最中です

このたびの出陣式には、東京から石破幹事長がかけつけてくださいました。 現在、山口県は県知事選の真っ只中です。
  
 自民党県連の総務会長として、出陣式の司会をしたり選対会議へ出席したり、また、県連徳山支部の支部長として、支部の取りまとめや、街宣の先導、後援会員さんへのお願いの電話など、毎日、忙しく走り回っています。

 自民党が推薦する村岡嗣政候補は、現在41歳です。故郷への思いも強く、「山口県のために全力で頑張りたい」と言われています。これまでも広島市や北海道、高知県に赴任され財政課長の職務を経験されるなど、地方行政の経験も豊富です。

 若くて行動力があり、とても誠実で爽やかな山口県知事候補です。また、使命感や正義感も強く、即、山口県の牽引役として働いてくださる方だと思います。


奥様の「たすきがけ」  奥様は子育てをしながら看護師をされていたそうですが、このたび、
「主人の後を付いて行きます」
と仕事をやめ、一緒に山口へ帰ってこられました。

 初めての選挙でわからない事ばかりだと思いますが、お二人とも、一生懸命選挙運動をされています。






事務所前の光景。 なお、先日、村岡候補の看板を掲示して欲しいと連絡があり、早速、私の事務所の前に掲げました。

 事務所前の風景も少し活力が増したように感じます。






山口県知事選挙が行われます

安倍総理と村岡さんと一緒に。 去る16日、自民党山口県連総務会長として、県知事選挙について、山口県選出の国会議員の皆様に相談するため、他の役員の皆様とご一緒に上京いたしました。

 一昨年の夏の山口県知事選挙において、我が自民党が推薦した山本繁太郎氏が見事当選され、産業戦略本部の設立をはじめ数々の実績をあげて来られました。しかし、残念なことに体調を崩され昨年の10月から入院、11月議会にも出席が叶いませんでした。

 年が明けてからも退院することができず、1月9日に山口県議会議長に辞表を提出されました。その結果、急遽、県知事選挙が行われることになり、2月6日告示、2月23日に投開票と決まりました。

 そこで、安倍総理にも相談し、山本県政を継承してくださる有能な方を探していました。宇部出身で総務省にお勤めの村岡嗣政さん(41歳)が、「ぜひ県の発展のために頑張りたい」と名乗りを挙げてくださいましたので、16日に、国会議員の皆様にご意見を伺いにまいりました次第です。

 国会議員の皆様は、全員「異議なし」と言われ、村岡さんは総務省に辞表を出され、早速、山口県に帰ってこられました。

 1月20日には県連の役員会や常任総務会を開催。村岡さんを推薦することを決定し、初めて皆さんの前で村岡さんがご挨拶をされるという運びとなりました。

 そして、23日には県連支部長・幹事長会議が開催され、村岡さんのご挨拶の後、室内ポスターやリーフレットなどが配布され、一気に選挙ムードとなりました。

 後援会活動ができるのも2月5日までです。本当に短期決戦ですが、自民党県連は心を一つに合わせ、全力で戦っていきたいと思っています。


事務所開きの様子。 尚、村岡さんのご家族は、奥様と幼いお子様が2人いらっしゃるそうです奥様は看護師をされていた方で、事務所開きでは涙ながらに挨拶をされました。

 初めての選挙で戸惑われることもあると思います。家族の方も含め、みんなで温かく応援していきたいと思います



参議院選挙が終わりました

林農林水産大臣の開票速報所にて。 参議院選挙も無事終わりました。

 自民党に対し、皆様からとても力強いご支援を頂いたおかげで、自民党は、現行制度で過去最多の65議席を獲得いたしました。

 山口選挙区から立候補された林芳正先生は、4期目の議席を得られました。これからも、安倍政権の下で、農林水産大臣として「強い日本」をつくっていくためにご活躍頂きたいと思います。

 また、比例区におきましても、自民党に対し大きなご支援を頂きありがとうございました。各団体が推薦・支援されました18名の自民党公認の方が当選されたことは、誠に喜ばしい限りです。

北村参議院議員と奥様と一緒に。 さらに、今回、自民党山口県連が重点候補として推薦していた北村経夫さんも見事、当選されました。

 山口県の国会議員は、今年の春まで、安倍晋三総理、高村正彦自民党副総裁、河村建夫自民党選挙対策委員長、岸信夫衆議院議員と林芳正農林水産大臣の5人でした。

 私たちはよく「長州ファイブ」と呼んでいましたが、春の参議院補選によって、下関市出身の江島潔参議院議員が誕生!

 さらに、今回、熊毛郡田布施町出身の北村経夫参議院議員が誕生!山口県は、一気に「七人のサムライ」となりました。先生方の益々のご活躍をお祈りすると共に、明治維新発祥の地、長州から、新しい風を起こしてほしいと願っています。

第23回参議院議員通常選挙

出陣式にて林候補と夫人の裕子さん 第23回参議院議員通常選挙が7月4日に公示され、現在、7月21日の投票日に向けて、各候補者は全力投球中です。


 私は山口県連総務会長として、山口選挙区では林よしまさ候補の応援に全力で取り組んでいます。






出陣式にて司会をさせていただきました。 4日の出陣式では、司会のお役をいただきました。また、5日の夕方は自民党県連徳山支部で決起大会を開催し、支部長としてのご挨拶をさせていただきました。

 林よしまさ候補は現在、農林水産大臣として公務等のため選挙区に入る事が非常に困難な状態で、街宣のほとんどは奥様の裕子さんが代わって行っていらっしゃいます。

 比例代表には、自民党公認として29名の方が立候補しています。

 以前は、比例代表の当選順位を「1番 Aさん 2番Bさん・・・」と、党本部が決めていましたが、現在は個人名を記して票を投じることにより、得票数の多い順番に当選順位が決定されます。

 よって支持している方がいる場合、党名でなく、その候補者名を書いて投票することが重要です。

 また、投票日に仕事や旅行などの予定がある方は期日前投票ができますので、ぜひご活用ください。

 政治に参画するための貴重な一票です。棄権することなく、必ず投票に行ってほしいと思います。

参議院補欠選挙

21日の街頭演説では県選出の国会議員の先生方がそろい踏みされました。 昨日28日、参議院議員補欠選挙の投開票が行われました。皆様の温かいご支援のおかげで、自民党公認の江島潔さん(元下関市長)が当選されました。

 この度の選挙は、昨年暮れの第二次安倍政権発足後、初の国政選挙でした。安倍政権の評価を問う、また7月の参議院議員通常選挙の前哨戦となる、重要な意味を持っています。その選挙において、良い結果を出すことができたので、自民党県連徳山支部長として、本当にほっとしています。


街頭演説の様子。2000人を超える方が徳山駅前に集まられました。 この選挙期間中、21日に徳山駅前で開催された街頭演説会では、安倍総理や高村副総裁、林芳正農林水産大臣、河村建夫選対委員長、岸信夫参議院議員等、山口県選出の国会議員の先生方が一堂に会され、2000人以上の支援者を前に、元気よく「自民党に任せて欲しい」と演説されました。
 
 錚々たるメンバーのため、100人近いSPの方が厳重に警備に当たられていました。先生方のお人柄からか、笑いや感嘆の声、同意の声がたくさん上がり、一体感のある演説会となりましたし、全員で心を一つにして行う「ガンバローコール」は大変に迫力がありました。

支部長として司会のお役目をいただきました。 私は自民党徳山支部長として司会のお役目をいただき、先生方と一緒に自民党街宣車「あさかぜ」の上にあがりました。観衆の方々の中にたくさん知っているお顔が見え、少々緊張しました。


 24日の決起大会は、小池百合子さんと高村副総裁を応援弁士にお迎えし、周南市民館で開催しました。800人近くの方に来ていただき、私は主催者として挨拶をさせていただきました。



市内の街宣にて。 26日の周南地区最後の街宣は、支援してくださっている企業を中心に廻らせていただきました。支部長として、
「この選挙結果は、安倍政権の信任のバロメーターになるので、ぜひ、自民党へ支援を頂きたい。補欠選挙であるし、連休中でもあるため、投票率が非常に気になるぜひ、投票へ行って欲しい
と、挨拶をさせていただきました。
 
 選挙結果は、投票率38.68%で、江島さんの得票数287,604票(得票率63.4%)でした。

 江島潔さんには、下関市長の行政経験を活かし、山口の声をしっかり国に届けてくださると思います。参議院議員としてのご活躍をお祈りしております。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ