「日本女性の会山口」光支部の発会②

 光支部の立ち上げに際し、以前から、「女性の会山口」のメンバーでもある元タカラジェンヌの、玉泉瑞穂さんにご講演をしていただきました。

 玉泉瑞穂さんは、光市光井の玉泉(ぎょくせん)寺の奥様。宝塚歌劇団でご活躍されていたころの名前は「大空希望(のぞみ)」さん。幼少期からのお話を楽しく聞かせてくださいました。

・「本当はバレエ団に入りたかった」。3歳から始めたクラシックバレエにのめり込んだ。しかし、中学3年のころ身長は既に170センチ。バレリーナの夢は諦めた。
 そのころ、友だちに連れられて宝塚の舞台を見た。歌、ダンス、ショー。すぐに宝塚の魅力に取り付かれた。そして「男役なら身長の高い私にもできる」。

・高校入学後、親の反対を押し切り、宝塚音楽学校の受験を決めた。2回目の受験で倍率21倍の難関を突破した。

・しかし、環境は予想をはるかに超えて厳しかった。身だしなみ、掃除、物音すら立てられない寮生活…。自由時間などなかった。それでも「歌が好き。舞台に立ちたい」の一心で、やめたいと思ったことは一度もなかった。

・2年間の音楽学校を卒業し、80年に初舞台。87年までの8年間、花組で舞台に立ち続けた。真矢みきさん、黒木瞳さんの1級先輩。
 
94年に結婚し光市へ。

 現在は、熱心に地域活動をされているとても気さくな方です。見上げるほどのスラーっとした体に、宝塚のユニフォーム、黒い帯、短めに着付けた青い袴、乙女結び、5枚こはぜの足袋に身を包んで、颯爽と登場されました。

 お話の中で、
厳しい規則の寮生活で学んだことは、お寺に嫁いだ今、とても役に立っている。特に、トイレや玄関の掃除は、いつどなたが来られてもいいように、と気を遣っている」     

一日一日を大切に生きること。その積み重ねが内面の美しさに繋がる
など、女性の会に一番大切な心をお話してくださいました。

 途中、「すみれの花の咲く頃」「翼をください」「Stand Alone(坂の上の雲 主題歌)」「愛あればこそ」など、何曲も素敵な歌声を聴かせてくださいました。

 光支部の益々の発展に大きな力を貸してくださることと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。


「日本女性の会山口」光支部の発会①

 去る8月28日、光市の結婚式場に80名を超える女性の皆さんをお迎えして、「日本女性の会山口」の光支部発会イベントが開催されました。

 私は「日本女性の会山口」の会長としてご案内を受け、ご挨拶の場をいただきましたので、下記のことをお話しました

*****

・7年前に「日本女性の会山口」を立ち上げてからの経過、活動実績。

・スローガン…「女性も元気に国づくり人づくり」~素晴らしい日本を子ども達に伝えたい~。

・子供は国の宝である。この宝を、家庭や社会や学校の中で、キラキラと輝くものにしていかなければならない。

女性に与えられた役割…次の世代を担う子供たちを、日本人の心を持った日本人として、きちんと育てること。

・赤ちゃんに母乳を与え続け、夜、寝ないでも子育てができるのは、女性のすごい力。 神様は女性に、子育てに耐え得るだけの力と、喜びながら我慢をし、喜びながら献身的な行動ができる特質を与えてくれた

・少子化対策として、三世代同居が有効ではないかと考える。女性の肩には、少子化の問題も、家族や地域や国を守る力も、みんなかかっている。同じ志を持つ仲間として頑張っていこう!

*****

 光支部の支部長さんには二十八(つちや)さんが選出されました。これまでも、磯部光市議さんと、女性の会山口に大きな力を貸してくださった方です。

 今回の発会で、「女性の会山口」には、岩柳支部、周南支部、山口支部、光支部と4つの支部ができました。一致団結して、高い目標に向かって、共に頑張っていきたいと思います。

「美しい日本の憲法をつくる県民の会」の設立総会

 「美しい日本の憲法をつくる県民の会」の設立総会が7月4日、山口市のホテルで開催され、県内から約500人の出席がありました。

 この会は、ジャーナリストの櫻井よし子氏らが共同代表を務める「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の山口県組織として、全国で25番目に設立されました。

 会長は、衆議院議員岸信夫先生(日本会議山口の会長)。副会長は、自民党県連会長の柳居俊学県議。顧問は、県選出の自民党国会議員6名(安倍総理、高村副総裁、河村衆議院議員、江島参議院議員、北村参議院議員、古田衆議院議員)と、畑原基成県議会議長です。

 岸会長は大会で
我が国周辺の安全保障環境は急変し、国家の存続や国の安泰が危機に瀕していると言っても過言ではない。
 日本人自らの手で国柄にふさわしい憲法に改め、世界に誇れる美しい日本を子供たちに引き継いでいこう
。」
とご挨拶されました。

 来年夏の参院選では、憲法改正の是非を問う国民投票が実施される予定だそうです。そこで、10万人を目標に署名活動を展開する活動方針が決定されました。


 その後、大相撲解説者の舞の海秀平氏による記念講演がありました。

 「可能性への挑戦」と言うタイトルで、現役時代の相撲の裏話など、とても楽しいお話をしてくださいました。

「ふるさと・家族を守り、少子化に歯止めをかける家族保護の規定を」

 先日の日本会議地方議員連盟総会の時に、地方議員として「ふるさと・家族を守り、少子化に歯止めをかける家族保護の規定を」について意見表明をしてきましたので、その原稿を掲載します。

******************

 私は「日本女性の会山口」の会長を拝命しております関係からか、ふるさと・家族保護の項目で提言するよう、事務局より指令をいただきました。

 文部科学省が毎年実施している、全国の小学生と中学生を対象にした学力と体力に関するテストで、福井県が常にトップクラスの成績を収めておられる事をご存じでしょうか。

 その理由は何なのか、私なりに調べてみたところ、福井県では、三世代で同居している家庭が多いことに気付きました。
三世代同居率は、全国平均7.1%に対し、福井県は17.6%と全国平均より10%以上も高く全国2位です。

 私自身も三世代同居の中で育ちました。3人の子供も、同じ環境で育ちましたのでよく分かりますが、三世代同居では、おじいちゃん、おばあちゃんは、子供を見守りながら、家を守り、さらに、子供に人として生きる道や生きる術を教えるという役割を持ちます。
 その中で子供は、早寝早起き朝ごはん等の基本的な生活習慣、礼儀作法、社会のルールを身に付けることができます。
 そして、お父さん、お母さんは子供を守ってくれる人がいるので、安心して外で働くことができ、家族は経済的な豊かさを享受できるという好循環が生まれます。

 さらに福井県は、三世代同居を基とし、共働き率56、8%で全国1位、女性の就業率50.9%で全国2位、合計特殊出生率1.56で全国7位と、全県をあげて、育児をしながら働きやすい環境づくりにも努力されていることが窺えます。

 こうしたことから、家族構成や家庭の形というものが、子どもたちに様々な刺激や影響を与え、それが、学力等にも反映していると言えるでしょう。

 しかし、三世代同居は、今更取り立てて言うまでのものでもなく、以前は日本のどこにでもあった普通の家族の形です。
 「ふるさとを想う心」を大切にしながら、この形を取り戻せば、日本全国に家庭を基盤とした育児や教育の環境が整い、少子化の歯止めにもなりうると思いますが、逆にこのまま少子化が進めば、全国の多くの「ふるさと」が消滅してしまう可能性があります。

 ところで、日本人には素晴らしいDNAが脈々と受け継がれていますが、戦後、個人主義が強調され過ぎたためか、家族や地域社会とのつながりが蔑ろにされ、「子を思う親の愛の深さ」や、「家族の絆の大切さ」が消え失せてきたように思います。
 そのために、児童虐待や少年犯罪など悲惨な事件が後を絶ちません。
 どれがどの事件なのかわからない程の殺人事件が多発し、このままでは、日本というこの国は、今後、一体どのようになるのか、不安でたまりません。

 近年、制定された100カ国の新しい憲法には、「緊急事態」「平和」「環境」「政党」「家族保護」など、大切な条項が規定されています。しかし日本の憲法には、いまだに平和条項しか規定されていません。
 家族は、社会秩序を維持するために必要不可欠な基礎をなす共同体であり、国が成長する土台です。
 今こそ、国や社会の手で、家族解体、家庭崩壊の流れに歯止めをかける時であります。家族や家庭の大切さを説くことにより、行き過ぎた個人主義を見直し、国民の意識を大きく変えていかなくてはなりません。
 
 最後に、女性の立場から、憲法改正に向けた運動について、特に強く申し上げます。
 よく言われる、「あなたの子供や孫を戦争に行かせたいのですか」。このフレーズは、多くの女性の心を捉えて離しません。
 この憲法改正問題は、女性に向けて、優しく丁寧に説いていくべきです。
 そうしないと、多くの女性は国民投票で改正に賛成しにくいのではないでしょうか。

 我が国の真の姿を蘇らし、世界に誇れる国に生まれ変わるために、そして、日本の将来を担う子どもたちの為に、憲法に「家族の尊重、保護」を規定し、失われた「家族の強い絆」を取り戻しましょう!

日本会議全国地方議員連盟の平成27年度総会に出席して

 日本会議に加盟している地方議員約150人が集い、「日本会議全国地方議員連盟の平成27年度総会」が、5月29日、衆議院第2議員会館の会議室で開催されました。

 冒頭、会長の松田良昭神奈川県議のご挨拶があり、その後、日本会議国会議員懇談会会長の平沼赳夫衆議院議員と、自民党政調会長の稲田朋美衆議院議員、日本会議会長の田久保忠衛杏林大学名誉教授の3人の来賓の方のご挨拶がありました。
 次に、人事案、組織拡大運動案、憲法改正実現のための方針案等について審議がなされました。

 その後、第二部として「憲法改正賛同者拡大推進のための提言」が行われました。まず、文芸評論家の小川榮太郎氏と、三原じゅん子参議院議員の基調講演がありました。

 次に、伊良皆高信沖縄県石垣市議会議員、相沢光哉宮城県議会議員と私の3人が、自治体議員からの意見表明を発表しました。

 三原じゅん子参議院議員のお話の一部をご紹介します。
*有楽町での街頭演説をして
  話を聞いてくれる観衆がいない。「9条のことでしょ?!」「難しい!」
憲法は70年間かわっていない。
  時代に合わせて変えるべき。

  70年前は一つの村に一台の電話しかないような時代。
リベンジポルノ防止法
  ネット上に、流して欲しくない画像が流出
  被害者の人権が守られていない
国家緊急事態条項の必要性について
*東日本大震災の時、助け合う日本人の心が見直された
  ふるさと、家族の大切さ
  行き過ぎた個人主義は故郷を崩壊している。
  日本の社会は、個人単位ではなく、家族が基礎

 全国から来られた議員の皆さんは、信念を持って活動される方ばかりですし、とても熱心な方ばかりですので、熱気あふれる総会となりました。私の原稿は次回に・・・。

講演会のお知らせ

ちらしより。クリックで大きくなります。※ クリックで大きくなります。

 私がメンバーの一員として活動しております「子供の未来をつくる会」が講演会を開催いたしますので、ご案内いたします。

 この「子供の未来をつくる会」は、子供たちの現状をいろいろな角度から見ながら、この国の将来を憂い、どうにかしなければと思っているメンバーの集まりです。

 少子化について考え、改めて「男らしさ」「女らしさ」について見直し、調査や話し合いを行っています。

 その中で、まずは少子化問題について、ひとりひとりが意識を持つことが大切であるとの考えから、今回の講演会を企画しました。

 講師は、高橋史朗先生(明星大学教授)です。政府の、男女共同参画会議の議員さんであり、「親学」の提唱者です。

 ぜひとも、ご参加いただきたいと思います。興味のある方は事務所の方へご連絡ください。
 TEL 0834-26-0123


***詳細***

「少子化問題を考える~男らしさ・女らしさの否定が少子化を招く~」
日にち:H27年1月23日(金)
時 間:14時~16時半 (受付13時半~)
場 所:山口県教育会館 第1研修室
    (山口市大手町2-18 TEL083-922-5766)
講 師:高橋史朗先生
参加費:500円(含む資料代)
主 催:子供の未来をつくる会
共 催:山口県教育文化研究所・日本女性の会山口・(株)日本時事評論社
後 援:日本会議山口

******


安倍昭恵さんが講演されたニュースを聞いて

 私は今、親しい友人たち数名で「子供の未来をつくる会」という会を立ち上げ、月に1回集まっては情報交換や意見交換をしています。

 今、取り組んでいるテーマは、「男らしさ・女らしさ」です。

 「男女共同参画の推進で、男らしさ・女らしさを求めてはならないとあるが、性差はあって然り。むしろ、男らしさ・女らしさを育てることが大切ではないか?それがなくなったために、異性として相手を見つめることができず、少子化が一層進んでいるのではないか?」ということを討議しています。

 去る9月に、国連総会に出席するため訪米された安倍総理の昭恵夫人が、ワシントンで「女性が活躍する社会づくり」について講演されました。

 女性の社会進出は少子化対策や経済活性化の観点だけでなく、紛争解決や社会再構築などグローバルな問題への取り組みとしても重要だとお話されたそうですが、その中で、

 「“女性が男性と全く同じように働く”ことを可能にすることが、女性が輝く社会ではないはず」

 「男性は縦割りでピラミッド社会を好む気がする。長い間かけて築き上げられたその男性社会に、女性を放り込むのは少し乱暴だと思う」

 「これからは女性らしさ、男性らしさは持ったままで、いろいろな働き方、社会貢献の仕方がある。そんな社会になるといいと思う」


 私はこの言葉を聞いた時に、「まさに、これだっ!」と思いました。

 女性が社会に進出する時に、男性の中で、鎧を着、背伸びをして男性に負けまいとするより、女らしさを持ったままで、女性らしく働くことができれば、それが本来の男女共同参画ではないかと考えていたことと、同じ考えでした。

 今後、この総理夫人の言われた言葉を、男女共同参画の適切な表現として、私は使っていきたいと考えていると、先日の会議で発表しました。

 皆さんはいかがお考えでしょうか。

参議院議員予算委員会に関して②

 蓮舫議員の質問内容としては、

・「日本女性の会」の副会長には、山谷拉致担当大臣や有村女性活躍担当大臣、高市総務大臣などが就任している。

・日本女性の会では、乳児のうちは肌を離すなとか、夜遅くまで保育園に預けるような子育てのせいで世の中が殺伐とし、心が貧困になっているなどということを言っている。

・今の世の中は本当に格差が広がって、どんなに肌身を離さず子育てをしたいと思っていても子供を預け、働かなくてはならない女性の現実を分かっていないのではないか。

というものでした。



 質問には有村大臣が、ご本人のワーキングマザーとしての経験を踏まえながら、堂々と

・命の重みと家族、地域の絆と国家の尊厳を守るという視点を、軸足を明確にし、この13年間、保守政治家として守るべきものを守る、すなわち子供たちや弱い人たちの命を守り切るという政策を一貫してやってきた。

・我が家も共働きで核家族。そういう生き方を否定しては絶対にいけない。自分自身もそうやって選択肢のない中でやっている。そういう方々も支援していくことも極めて大事な女性活躍の一環だと理解をしている。

・いろいろな事情がある中でも、やはりお母さんを始めとして家族とともに過ごせる時間を提供する方策、具体的には子育て世代の所得増や減税につながる政策に重点を置くべきである。

という説得力のある内容のお答えをされました。


 「日本女性の会」の一員として、また、子育て経験を持つ県議として、私も子育て支援政策の充実に向け全力で頑張らねばと思います。

参議院議員予算委員会に関して①

youtubeより。右下にフリップあり。 去る10月7日の午前中、参議院の予算委員会をテレビ中継していました。蓮舫議員が、「安倍改造内閣の女性閣僚の適正」について、大きな鋭い声で発言されていました。

 よく聞けば、「日本女性の会」の名前が何度も出てきますので、すぐに「日本女性の会山口」の役員さんと連絡をとりながら、「日本女性の会」副会長である有村治子女性活躍担当大臣の答弁を拝聴しました。

 その後、詳細が知りたく蓮舫議員のホームページを拝見したところ、情報公開として配布資料と会議録(未定稿)を掲載されており、(蓮舫参議院議員オフィシャルサイト「2014年10月7日 予算委員会での質問」)配布資料には「日本女性の会」について、山谷大臣や有村先生の「日本女性の会」での活動、発言などがまとめられておりました。


 しかし、何という間違い!「山谷大臣」として掲載されているのは、私でした!!!

蓮舫議員のオフィシャルサイトより。赤枠の部分が間違えの箇所。※ クリックで大きくなります。蓮舫議員のオフィシャルサイトより。赤枠の部分が問題の箇所です。

 「山谷大臣」「平成24年6月、同会全国代表者会議にて挨拶」とありますが、まぎれもなく、私のカメラで撮影し、私のブログに掲載した、私の写真です。
2012-06-26「日本女性の会」の「全国代表者会議」に出席して ①  )

 私はこの会議に「日本女性の会山口」会長として出席し、活動報告をさせていただきましたが、山谷先生はお越しではありませんでした。加えて、他のサイトにこの写真が掲載された様子もありません。どこでどう間違われたのか、全くわかりません。
 また、ブログの写真を使用することについて、どなたからも確認のご連絡はありませんでした。

 この「配布資料」は、フリップとしてテレビにも映されました。

 国会で使用される資料です。慎重に作成していただきたい
と切に願います。


私のブログの該当記事。赤枠が使用された写真
※ クリックで大きくなります。このブログの該当記事。赤枠の部分が使用された写真です。









 この予算委員会での蓮舫議員の質問・有村大臣の答弁の概要は次回…

日本会議全国代表者大会に参加

 13日、東京・憲政記念館で開催された「憲法改正の実現へ!日本会議全国代表者大会」に参加して来ました。

 大会には国会議員、各都道府県本部役員、全国230支部の代表、地方議員、女性の会、経済人同志会の代表など700名を超える参加者があり、メイン会場の講堂の他、第2会場を設置する程の盛況ぶりでした。

櫻井よしこ先生の基調提言。 第1部では民間憲法臨調代表の櫻井よしこ先生から「憲法改正を如何に進めるのか」と題して基調提言がありました。

「米国の国力が落ち、アジアでは南シナ海の空白が現出したが、同様なことが東シナ海でも起こる可能性が高くなり、日本は自分達の意志で領土領海を守るために憲法改正を一刻も早く実現しなければならない
と、話されました。  



 続いて、各政党代表から、自民党の高市早苗政調会長、日本維新の会の平沼赳夫国会議員団代表、民主党の松原仁国対委員長、みんなの党の浅尾慶一郎幹事長から憲法改正に向けた取り組みの現状についてお話がありました。

 その後、櫻井氏が各党代表へ質問され、回答を頂くというコーナーがあり、憲法改正の方向性についてそれぞれの党から説明がなされました。

会場で心をひとつに。 第2部の運動構想については、憲法改正の必要性を国民に訴える一大啓発運動を開始し、憲法を国民の手に取り戻すために憲法改正の国民投票の実現を要請していくことが提起されました。

 私は、この大会に先立って開催された「日本会議地方議員連盟役員会」にも理事として出席し、意見書採択や地方議員署名等について審議をしました。 

 結局、8時間近くにわたって、全国から集まってこられた皆さん達と交流することになりました。まさに、歴史的な大会の日であったような感がいたしました。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ