「第33回須金なし・ぶどう祭り」に参加して

オープニングにて、あいさつをさせていただきました。木村市長さん・米澤議長さんと一緒に。 毎年、観光梨園・ぶどう園の開園を前に開催される恒例の「須金なし・ぶどう祭り」に、8月29日参加してきました。あいにくの雨のため、ステージは、グランドから体育館へ変更されました。

 私は須金出身の県議という事で、毎年、開会式でご挨拶の場をいただいています。
 今年は
 「梨ぶどう生産組合が40周年を迎えられたことをお喜び申し上げます。
 また、先日の台風15号の襲来に伴う被害調査をした所、各園共に2-3%だったが、生産者は常に厳しい自然を相手にしながら、苦労して梨やぶどうを作っておられます。1粒のぶどう、1個の梨は、生産者の汗と涙の結晶なので、しっかり味わって食べて欲しいと思います。」
とお話しました。

 体育館の周りには、テントが張られ、特産の梨やぶどうの直売に加え、須金産の小麦を使った焼き立て石釜ピザ、焼き鳥、ヤマメの塩焼き、焼きとうもろこし、かき氷、おでんなどが販売されていました。大雨にもかかわらず、多くの人が集まられ、とても賑やかなお祭り風景でした。

ステージの様子 生産者の皆さんの中には、新しく梨やぶどう作りにチャレンジされている地区外の方も増えており、特に最近、須金に行くたびに新しい風を感じます

 10年近く前、一番初めにそのパイオニアとして入ってこられたYさんは、国交省からの転職でした。Yさんご夫妻にはこれまで、子供さんがいらっしゃいませんでしたが、今回、嬉しいことに奥様がご懐妊とのことでした。会場でご主人のご両親にお目にかかり、お祝いを申し上げたところ、
 「きっと、2人が一生懸命頑張っているから、神様がご褒美をくださったんでしょうね」
と大喜びされていました。

 生産者の仲間の皆さんも赤ちゃんの誕生を心待ちにされていらっしゃいます。元気な須金の地域づくりに一番嬉しい話題ですね。元気な赤ちゃんのご誕生を心からお祈りしております。

ちょっと一息!ライオンズクラブの家族会で「錦川清流の里」へ

 去る8月2日、徳山中央ライオンズクラブの家族会で、岩国市錦町深谷峡温泉「錦川清流の里」に行き、川遊びや岩魚つかみ取り、バーベキュー、温泉などを楽しみ、家族間の交流を深めました。私も娘と一緒に参加しました。

 まず、徳山からバスで清流岩国駅に行き、そこから錦川清流線を利用して錦町駅まで行き、その後バスにて深谷峡温泉まで移動。周囲の緑や川の流れなど、大自然を満喫しながら暑い夏の一日を堪能しました。

 私は世界スカウトジャンボリーのために早退しましたが、メンバーの皆さんは、その後、雙津峡(そうずきょう)温泉までバスで移動し、錦町駅まで観光用トロッコバス「とことこトレイン」に乗り、トンネルの壁に光る石で描かれた絵画を楽しまれたそうです。

 山口県内は自然が豊かで、ゆったりした時間を過ごせる場所が多くあります。夏休み中、ぜひ県内の様々な観光施設を楽しんでみてはいかがでしょう。

「峯さん牧場」の「ヤマアジサイ祭り」に行きました

 新聞のイベント情報を見て、市内四熊尾花の「峯さん牧場」の「第3回ヤマアジサイ祭り」に出かけました。

 4000㎡の広い園内に植えてある2000株のアジサイは、まさに今、見ごろを迎えています。大輪のアジサイの他、小さな花のヤマアジサイもたくさんありました。ヤマアジサイだけでも、100種類以上あるそうです。 

 私はこの場所に初めて行きましたが、このアジサイ園は、牧場を営んでおられる峯重昭政さんが、牧場近くの原野を購入され、石垣を組んだり、小川に橋を架けたりと、自然散策ができるように、10年がかりで整備されたそうです。
 日本の原風景が広がる一帯。小川には毎年、蛍が飛び交い、大自然の癒しの空間が広がっています。アジサイ園の向こう岸の畑で、牛がゆっくり草を食べている光景は、見ているだけで心が和みます。

 このアジサイ祭りは、地元の「四熊を良くする会」の方たちをはじめ地区住民の方が、地域の活性化につなげようと、2年前立ち上げ、峯重さんご夫妻と共に準備をされたそうです。炊き込みご飯やポップコーン、たこ焼き等のバザー、地区内で採れた蜂蜜や野菜などの販売もあり、多くの市民が楽しんでいました。

 私は、アジサイの花が好きですが、特に楚々としたヤマアジサイが好きで、我が家の庭にも何種類も植えています。今回も、峯重さんご夫妻が挿し木をしながら可愛がって育ててこられた珍しいヤマアジサイを買い求めてきました。

 また、今回は、このアジサイ園に県の補助を受けて小水力発電が導入されましたので、その披露の場にもなりました。

 アジサイ園の中に池を作り、農業用水路から水を引き、池に置いた発電機の水車に水が落ちるように設計されています。この小水力発電で発電した電力は、イノシシの被害を防ぐための電気柵とアジサイ園の照明に使われているそうです。

 とてもきれいなヤマアジサイ。皆さんも一度足を運んでみられませんか?

嬉しいニュース③特別に安くなった「ぶちうま!山口」

 3年余り前、柳井市の商品流通システム管理運営会社から、「まるごと!山口」というカタログギフトが発売されました。

 これは、他社の「アズユーライク」など「選べるギフト」と同じシステムで、県内産の農水産物や加工品などを掲載したもので、10,500円、5,500円、3,500円(いずれも税別)の3種類が用意されました。

 例えば、県内産の各種日本酒、ふぐ刺セット、岩国レンコン、天然クルマエビ、長州黒かしわ焼肉セット、山口みかん、萩のたまげナスなどなど・・・厳選された、山口県の海や山の幸がずらりと取り揃えられています。

 これまで、農水産物の地産地消や首都圏への販路拡大を積極的に展開してこられた県農林水産部の主導で、でき上がったものです。
 
 この取り組みは、冠婚葬祭の引き出物として、また、お返しの品としてカタログギフトを使っていただければ、山口産の農水産物や加工品が全国へ流通し、商品とお金が地域内を循環するという、まさに、地産地消や販路開拓などを強力に推進する重要な役割を担っています。

 このような特産品をカタログにして販売するという取り組みは全国でも山口県のみの施策です。これで、生産、加工にかかわった多くの方々が潤い、活気づき、地元の元気づくりにつながると期待されていました。

 しかし、当初から私は「せっかくの良い取り組みだが、このカタログの値段設定はこれでいいのだろうか・・・」と思っていました。

 なぜならば、日本人の冠婚葬祭に対するお返しは約半分とする慣習がありますが、そのお返しにこのカタログを活用とした場合・・・
 このカタログの売値は、A)10,500円+税、B)5,500円+税、C)3,500円+税であり、もしも、10,000円をいただいた場合のお返しとしては、Bでは高すぎるし、Cでは安すぎます。また、20,000円のお返しにもAでは高すぎます

 そこで、農林の担当の方に
「実際に主婦として使うと・・・と考えると、正直少し使い勝手が悪いですね。その証拠に、アズユーライク等はよく流通しているのに、『まるごと山口』は殆ど見たことないです。たくさん印刷してあるでしょうから、すぐにはどうにもならないかもしれませんが・・・」
と話しました。

 すると、今回、刷新されたカタログは「ぶちうま!山口」という名前になり、500円ずつ値引きされました。

 加えて、国の交付金を活用し、更に価格を割り引くことになりました。
 商品価値はそのままに、A)7,000円+税、B)3,000円+税、C)2,500円+税

 ただし、この特別値引きは今年度のみであり、さらに、売切れ次第終了となります。ぜひ、冠婚葬祭や県外へのお土産などに、お早めにご利用いただきたいと思います。

 今回、私は主婦としての感覚を、農林の方にお話ししたまでですが、担当の方はこの思いを形にしてくださった訳です。とても嬉しく、感謝しています。

 尚、このカタログは、西京銀行が定期預金を成約された方への抽選プレゼントの品に選ばれているので、テレビのCMなどで見られた方もいらっしゃるかもしれませんね。

「ぶちうま!山口」カタログギフトの取扱店は、
JR新山口駅・山口宇部空港内・岩国錦帯橋空港売店・下関大丸・山口井筒屋・宇部井筒屋・周南井筒屋・フジグラン岩国・山口県漁業協同組合・JAタウン正直やまぐちショップ・ギャラリー&ギフト アド柳井店 ・山口県職員会館売店・おいでませ山口館・県大阪営業本部・・・等です。

佐藤秀峰さん講演会のお知らせ

ちらしより (一財)周南観光コンベンション協会の主催にて、漫画家・佐藤秀峰さんの講演会が開催されますのでご案内いたします。

 佐藤秀峰さんは「ブラックジャックによろしく」や「海猿」などの作者で、現在は第二次世界大戦時に使用された人間魚雷・回天を題材にした「特攻の島」を描かれています。

 この制作にあたり、回天について全国を取材して歩かれており、周南市・大津島にも何度も足を運ばれているそうです。

 周南観光コンベンション協会に協力してくださっており、現在「平和の島プロジェクト」として、「特攻の島」とのコラボレーション商品を販売したり、徳山駅にイラストを用いた巨大看板が設置されたりしていますので、イラストを目にされたことのある方も多いのではないでしょうか。


 今回は、「特攻の島」の取材・制作の中で感じられたことなどから、「特攻の島からのメッセージ」と題して講演をされます。

 ぜひ、お話を聞いていただきたいと思います。


 平和の島プロジェクト事業
 漫画家・佐藤秀峰 講演会
 「特攻の島」からのメッセージ


 日時:2015年2月13日(金)
 時間:19時~20時半(開場18時)
 場所:周南市市民館大ホール
 入場料:前売り券1000円(当日券1500円)
 特典:「おしげさんのすき焼き缶詰」をプレゼント


 興味のある方は 藤井律子事務所までご連絡ください。
 0834-26-0123



★★★事務所からのお知らせ★★★

 年末年始について・・・
  12月27日~1月4日まで、秋月事務所はお休みさせていただきます。
  御用の方は、栗屋事務所もしくは自宅にご連絡くださいませ。
  (栗屋事務所0834-26-0123)


 今年も大変お世話になりました。
 関係の皆様に心より御礼申し上げます。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

                       藤井律子事務所 一同

農家レストラン「fu do ku kan Bamboo」

fu do ku kan bamboo。須金地区ブログより。 千葉県から周南市須金に移住して地域おこしに取り組んでおられる須田浩史さん、加弥子さん夫婦が、去る8月18日に地区の中心部の空き家を改修して農家レストラン「fu do ku kan Bamboo」をオープンされました。

 須田さん夫婦は現在30代半ば。東日本大震災をきっかけに平成23年8月に、子ども2人を連れて移住してこられました。現在、須金の街づくりにもとても積極的に関わりを持ってくださり、私も大変親しくさせて頂いております。

 須田さんは、移住当初は観光農園で働いておられましたが、来訪者から飲食店がほしいという声を聞かれ、昨年5月から移動販売の「山の中の小さなおべんとうや Bamboo」を運営しておられました。

 これらの取り組みは西京銀行主催の社会課題解決を目的にする事業者の「さいきょうS1グランプリ2013」で準グランプリも獲得されたそうです。

 農家レストランの基本メニューは、大豆や野菜など植物性食材だけを使ったベジランチ、肉か魚をメーンにした定食、スパイスカレーの3種類。
 
 野菜は無農薬・無化学肥料にこだわり、耕作放棄地を借りた農園で自ら育てた青唐辛子やピーマン、ナス、モロヘイヤ、カボチャなども材料にしているそうです。須金にはこれまで飲食店がなかったので、今後、観光農園を訪れる人などに喜ばれると思います。

 場所は須金支所の裏手にあります。近くには川もあり、散策も楽しめますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

第32回梨・ぶどう祭り

村岡知事さんが初めてお越しくださいました。 去る30日、恒例の須金の「梨・ぶどう祭り」が須磨小学校のグランドで開催されました。毎年、大勢のお客様を迎え、須金の方たちがおもてなしをされるこのお祭りも、既に32回目を迎えました。

 今年は特に、村岡知事さんを迎えてのお祭り。知事さんが会場に入られると、客席から歓声が上がりました。

 式典で知事さんは、
中山間地域を全力で守る。梨やぶどうの生産者の方と話したが、それぞれに約20種類の品種があると聞いて驚いた。生産者の皆さんに敬意を表する
とご挨拶されました。

 私もご挨拶の場をいただきましたので
一房のぶどう、一個の梨は生産者の汗と涙の結晶です。どうぞ味わって食べていただき、生産者の応援団になっていただきたい
と申し上げました。

 須金における梨やぶどうの歴史はずいぶんと古く、4-5人の農家がそれぞれに、山を切り開き、二十世紀梨を植えたのが昭和20年代の終わりごろ

 昭和30年代の終わりに、観光農園を開始

須金のぶどう農家 昭和40年代の終わりごろに、テストでぶどうの木を植え、須金の気候に合っていると判断され、昭和50年に第二次農業構造改善事業に着手。桧山地区にぶどうや梨畑が一気に広がり、新たに梨やぶどう作りに手掛ける人たちが増えました。

 現在、組合員の数は14名。その殆どが観光農園として園を開放しておられ、毎年訪れられる顔なじみの観光客を引き受けておられます。今日も大勢のお客さんが来園されていました。

 また、平成18年頃から、新たな担い手として、須金や農業に関係のなかった方々が入ってこられ、梨やぶどうをつくっておられます。国交省にお勤めだった方もお二人いらっしゃいます。

 また、親の後を引き継いで梨やぶどうをつくっておられる若い人たちも多数いらっしゃり、とても頼もしく思っています。

 今年の夏は雨が多く、日照時間も短かったため、生育状況が気になっていましたが、梨もぶどうもとても甘く美味しかったです。ぜひ、須金にお越しください。

「おいでませ山口館」へ行きました

「おいでませ山口館」は日本橋の一角にあります。 東京の日本橋の一角、「日本橋プラザビル」の1階に、山口県のアンテナショップ「おいでませ山口館」があります。東京駅の八重洲北口から4-5分歩いた所ですので、今回上京した際に、買い物と視察を兼ねて訪問しました。

 「おいでませ」とは、おもてなしとふれあいを大切にする山口県の観光キャッチフレーズです。

 店内には、全国的にも有名な「下関のふぐ」をはじめ、かまぼこやうに、くじら等の海産物、外郎(ういろう)などのお菓子、「獺祭」を始めとする日本酒、農産加工品やお茶、萩焼、赤間硯、大内人形などの伝統工芸品など、多数陳列されていました。

店内にはたくさんの山口県の名産品が並んでいます。 また、山口県の観光情報の発信場所として、「食」「見どころ」「温泉」などの情報を満載した各種パンフレットも取り揃えてありました。

 さらに、「山口県に戻りたい。山口県で働きたい」そんな思いの方々に、山口県の最新の雇用情報を提供しながら、UJIターンに関する相談も受け付けています。

 「おいでませ山口館」は今年の6月には12周年を迎え、4月には、就任直後の村岡知事も視察に行かれたそうです。

 三方を海に開かれた本州最西端の地にある山口県には、豊かな自然と、歴史や文化がありますが、これらをまとめて発信するために、アンテナショップが設置されています。ぜひ、山口県の魅力を全力で発信して欲しいと願っています。

平和の島プロジェクトのグッズもありました。 尚、先日、周南市の観光コンベンションの方たちに依頼された「平和プロジェクト」のグッズである「回天カレー」と、特攻隊員が出撃前に食べられたというすきやきを再現した「お重さんのすき焼き缶詰」も陳列されていましたので、ホッといたしました。








岩国錦帯橋空港への案内板②

「錦帯橋」のマークは、大きくしたのを見ると大変きれいです。 今年の1月、阿野理事さんから、案内板についてのお電話がありました。

 「この年末年始に、たくさんの人が岩国錦帯橋空港を利用されましたが、その人たちから、
あの案内板の茶色いマークは何だろう?と、思わずボーっと見ていて事故をしそうになった』と、西日本高速道路株式会社(ネクスコ)に数件、連絡があったそうです。

 そこで、『以前、県の方で予算措置するようにと言っていたが、事故があってからでは遅いので、ネクスコが全部経費を持って、早急に更新する』という連絡が入りました。近いうち、案内板も替わるでしょう」
という嬉しい報告をいただきました。

 その日から、ずっと首を長くして待っていましたところ、先日、議会に行く時に、初めて、高速道路の入り口の新しくなった案内板を見つけた次第です。

 車の中から案内板を見た瞬間、心から喜びと嬉しさが沸き上がり、早速、阿野理事さんへ御礼の電話をしました。

 ネクスコさんには経費も労力もかかり、大変であったと思います。本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

岩国錦帯橋空港への案内板①

上が以前の看板、下が変更後の看板です。  先日、徳山東インターから高速道路に入り、上り線と下り線の分岐点で、「あらっ!!!」と思わず声が出ました。

 「岩国錦帯橋空港」への案内板が替わっていたからです。

 以前、このブログでご紹介しましたように、(2014-02-10岩国―羽田線の運航機材の大型化について山陽自動車道に設置されている案内板がずっと気になっていました。

 写真にあります通り、「岩国」と「空港」の文字の間に描かれている錦帯橋のイラストが、実際には何かわからないものでした。

 そこで、昨年の6月、周南市コンベンション協会が設立された折に、式典にお越しになった県商工労働部の阿野理事さんに、
 「もう少し、わかりやすい案内板はできませんか?」
と申し上げました。

 すると、阿野理事さんも
 「同感です!案内板をつくる際には、5文字までという文字数の制限があり、『岩国錦帯橋空港』では7文字になるので、錦帯橋をイラストで表現し、5文字にしたのです。しかし、この案内板は見づらいので、私も納得していないところです」
と言われました。

 阿野理事さんのおっしゃる通り、このデザインは、残念なことに錦帯橋の絵がはっきり見えず、運転中、「何のマーク?」と目を凝らして見るようになり、交通事故を起こす原因にもなりかねません。

 聞けば、この案内板は、西日本高速道路株式会社(ネクスコ)が岩国市長さんへデザイン等の了解をとって設置されたそうです。
福田市長さんに伺うと、
 「このイラストはA4用紙に印刷されているものを見せていただき、ゴーサインを出しました。しかし、実際は10数センチ角の大きさなので、錦帯橋の絵がはっきり見えず、枯れ葉がくっついているように見えて、僕もどうにかならないだろうかと思っていたところです」
とおっしゃっていました。

 私は市長さんの同意を頂いた後、すぐに、阿野理事さんにデザイン変更の申し入れをし、すぐにネクスコに問い合わせをしてくださいました。

 その時のネクスコの返事は
 「このイラストを使った案内板は山陽自動車道の入り口から本線上に13カ所あります。撤去、更新にはかなりの経費がかかります。県からの要望によるものなので、県で予算措置してくださるのなら、取り替えます
という事だったそうです。

 阿野理事さんは、「大変なことになったなあ・・・」ときっと思われたでしょうが、「次年度、予算を獲得したい」と、私に計画を報告してくださいました。

 続く・・・
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ