ベトナム視察報告②

 2日目は新都市・ビンズン省を訪問しました。ビンズン省はホーチミンの北に隣接し、山口県の44%の面積の所に180万人の人が住んでおり、若くてとても元気の良い街です。国際空港からも、ホーチミンの港湾からも10―15キロという好立地にあり、全国で最も外資誘致を集める地方のひとつです。

 省内には数多くの工業団地があり、鉱工業生産高においては常に全国トップレベルを堅持しています。既に、日系企業66社が進出しています。

① 総合学習センター「寺小屋」
  山口県を中心に専門学校等を展開するYIC(山口キャリアデザイン)グループとベカメックス社の合併により、東部国際大学付属語学センターとして2013年に設立。
  幼児から上級までの日本語プログラムを行っている。
  この訪問に合わせ、設立2周年の記念セレモニーが開催された。
  日本語の他、算数や公文、習字などの教室もある。



② EIU(東部国際大学)の英語教育センター
  寺子屋と同じビルにある。
  ベカメックス社とEIUが共同で運営する英語教室。学生から社会人まで、広く学んでいる。

③ ベカメックス社
  1976年に設立された100%ビンズン省政府出資の有限会社。
  これまで、工業団地、住宅区、都市区、交通インフラを整備してきたデベロッパー。
  傘下に20社以上の子会社・関連会社を有し、病院や大学(EIU)も設置。
  代表はクエン・バン・フン会長兼社長

④ 東部国際大学(EIU)
  2011年開校・
  ビジネス学部、工学部、看護学部の3学部で学生数3700人。
  山口大学工学部から、英語の語学研修として昨年から学生9名を派遣。
  現在、県立大学も学生の語学研修先として検討中。
  EIUと山口大学では学術提携に向けて検討委員会を設置することで合意。
  今回の訪問団の大学訪問に合わせ、グエン・バン・フック学長と山口大学の三浦副学長による委員会設置の覚え書きの調印。
  
⑤ ビンズン省新都市
  ビンズン省の中心部に開発されている産・官・学・住・遊が融合した新都市
  開発面積は1,000ha(東京ドーム210個分)、人口12万人、雇用40万人を目指している。
  ビジネスパーク、金融センター、国際会議場、商業施設、総合病院、大学、新都市交通システム、高層マンション等が建設される予定。




⑥ ビンズン省人民委員会、人民議会との意見交換
  チャン・バン・ナム(人民委員会委員長)、ファム・バン・カン(人民議会会長)ほか
  村岡知事から、経済、教育などの分野において、両県省の発展につながる具体的な提案がなされた。
  *今年度中にベトナムへの海外展開に高い関心を示す県内企業がビンズン省を訪問し、工業団地の視察や交流の実現につながる情報交換を行う。
  *優れた技術や製品を有する県内企業とビンズン省企業との取引拡大に向けて協力していく。
      ビンズン省側から、県内企業の工業団地への進出等について協力していくことが提案された。
 


 今回の訪問を契機に築かれた信頼関係の上に、今後は、双方の発展につながる交流を目指して、具体的な協議を進めることになりました。

 私は今回初めてのベトナム訪問でしたが、多くの方々から温かい歓迎を受け、とても有意義な視察をすることができました。

ベトナム視察報告①

 昨年12月、県は、経済、教育、文化などの幅広い分野で交流を進めるため、ベトナム・ビンズン省と覚書を締結しました。(下記参考)

 それを受けて先月20~23日、村岡知事を団長とする代表団の一員としてベトナムを訪問し、視察や、今後の交流について、ビンズン省の幹部との意見交換などを行ってきました。

 訪問団のメンバーは、執行部11人と、畑原県議会議長を始めとする日本・ベトナム友好促進山口県議会議員連盟の17人、計28人です。

 福岡空港から飛行時間5時間で、ホーチミン・タンソンニャット国際空港に到着。ビンズン省の関係者にお迎えをしていただき、人口800万人のホーチミン市内を視察しました。この街は、1975年のベトナム戦争終結までは南ベトナムの首都でサイゴンと呼ばれていました。

 19世紀末のフランス統治時代に建てられ、建築文化財としても貴重なサイゴン大教会、中央郵便局や、ホーチミン市最大の屋内市場であるベン・タイン市場などを見学しました。

 街の中では、道路をひっきりなしに走るバイクの数の多さに驚きました。信号機がある交差点に慣れている私たち日本人には、短い横断歩道でさえも渡ることができません。

 その後、サイゴン山口県人会の皆さんとの懇親会に出席しました。迫川会長さんをはじめ、6名の県人会の皆さん、在ホーチミン日本国総領事の中嶋敏さん、ビンズン省の4名の方とご一緒に食事をしながら、ベトナムの話を楽しく聞かせていただきました。

つづく・・・

***参考***
 昨年の12月、ビンズン省一行が来県され、山口県とビンズン省人民委員会の間で「日本国山口県とベトナム社会主義共和国ビンズン省との友好・協力に関する覚書」を、山口県議会とビンズン省人民議会の間で「日本国山口県議会とベトナム社会主義共和国ビンズン省人民議会間の友好親善交流促進に関する覚書」を締結しました。

4年ぶりの環境福祉委員会

 6月24日~7月10日、山口県議会において、6月定例会が開催されました。

 5月の改選で環境福祉委員を拝命しましたので、私にとっては4年ぶりの環境福祉委員会となりました。全員で8名の委員会ですが、その内、女性議員は3名を占めています。

今回の私の質問・・・

① 性犯罪・性暴力被害者への支援について
 10年前から、性被害や交通事故など犯罪被害を受けた人、その家族、遺族の方々から、「どこにも頼るところがなく、苦しみや辛い気持ちを抱え込んでいる」と言った声を聞き、とても胸を痛めていた。

 当時、国においては、平成16年、犯罪被害者基本法が成立。翌年、犯罪被害者等基本計画が閣議決定。

 私は、交通事故で子供さんを亡くされた遺族の方々と交流。ご遺族の方々は、平成18年に、NPO法人「山口犯罪被害者支援センター」を発足、直接支援活動を開始された。現在、このNPOは、山口県公安委員会から「犯罪被害者等早期援助団体」の指定を受けられ、昨年、一般社団法人に移行。いろいろな支援活動をされている。

 しかしながら、性犯罪や性暴力の被害者にとっては、精神的・肉体的な影響がきわめて深刻である。近年は低年齢化し、相談内容も複雑化しており、このセンターにも行きにくく、依然として、どこにも相談できずに潜在化しているようだ。

 自民党においては、「女性活躍推進本部」を立ち上げ、先月、来年度の予算編成に向け、「性的虐待に関する時効制度の改正の他、被害者救済制度の整備として、ワンストップ支援センターの整備促進などの予算措置の拡充」の提言を取りまとめ、政府に要請を行われた。

<質問>
 ワンストップ支援センターを始め、「女性に対する暴力」への総合的な支援窓口が必要と考えるが、現時点、本県における具体的な課題をどのように把握しておられるのか?また、課題解決に向けて、今後、どのように検討していかれるのか?

<答弁>
 医療機関や医師の積極的な協力、臨床心理士や弁護士の確保に加え、分散型の都市構造を踏まえた、より相談しやすい環境整備が課題と認識している。
 このため、今後設置を予定している協議の場において、医療関係者等の協力をいただきながら、より具体的な課題を抽出し、支援機能の充実・強化を図る取り組み手法などを検討してまいる。


子育て支援の充実について
<質問>
 少子化対策の具体的な成果を出すため、人口ビジョン中間報告案にも示された合計特殊出生率1.9に向け、県としてどのように取り組まれるのか。
 また、県民総参加による子育て環境づくりの取り組みが必要と考えるが、現在進められている「子育て県民運動」をどのように促進していかれるのか。


<答弁>
 「やまぐち結婚応縁センター」による「婚活」の支援や、全国トップクラスの不妊治療費助成制度の整備、多子世帯への保育料等軽減制度の拡充などに取り組むこととしている。
 また「子育て県民運動」に関しては、県が養成した「地域コーディネーター」を中心に、子育てイベント等を活用して、地域の支援の輪を広げるとともに、子育て連盟を通じ、「子育て家庭応援優待制度」への協賛など、企業と一緒になって、社会全体で子育て家庭を支える機運を醸成し、県民運動の促進を図ってまいる。

 
障害者福祉施設等職員の虐待防止について
<質問>
 施設職員等の虐待防止の取り組みをより一層強化する必要があると考えるが、虐待防止に向け、施設職員等への研修や指導監査の充実等について、具体的にどのように取り組まれるのか。

<答弁>
 施設職員等を対象とした研修については、障害者虐待対策に取り組んでこられた専門家を講師に招き、現場の職員の声を踏まえ、より実践的で実効性のある研修などを行うこととしている。
 また、施設等への指導監査の際には、虐待事案の発見だけではなく、施設職員等による虐待防止の取り組みを聞き取り、他の施設の模範となる取り組み事例について、研修会を通じ手法を広めることなどで虐待防止を図ってまいりたい。

美祢社会復帰支援センター 視察②

 美祢社会復帰支援センターを見学させていただくのは今回が初めてです。刑務所の光景は、テレビドラマでしか見たことがありませんが、想像していたものとはずいぶん違いました。

 まず、会議室でセンター長さんより説明を聞き、その後、広いセンター内を案内していただきました。

 見学の途中、刑務官を始めとする多くの職員の皆様に出会いましたが、どの方も明るく、優しい方ばかりで、テレビドラマなどから想像する刑務官の怖さは全くなく、いろいろなお話や質問をさせて頂きました。

 受刑者の平均年齢は、男性35.3歳、女性39.1歳。一番多い犯罪は、男性が窃盗、女性は覚醒剤だそうです。

 受刑者がパソコンの技術指導や調理実習などを受けている現場も見せて頂きました。 出所後、社会生活にうまく適応できるよう、社会の労働需要に合わせた技術を身に付けるのだそうです。
(調理師科・クリーニング科・製パン科・ホームヘルパー2級・コンピュータープログラミング)

 さらに、社会の一員として生きていくために、「人の役に立つ」ことの学びの時間もあります。(手話やボランティア啓発など)

 見学後、施設内の一般食堂で、「美祢ランチ」をいただきました。これは、受刑者の方と一緒の食事だそうで、麦ご飯ですが、とてもおいしかったです。

 また、センターの入り口には、南野智恵子元法務大臣が書かれた「再誕の丘」のモニュメントがあります。

 美祢は以前、良質な石炭が採掘されていた所で、この地には、かつて、炭鉱住宅が立ち並んでいましたが、2004年、南野先生は、ここがセンターに生まれ変わるという事に因み、「この施設で受刑者が生まれ変わる」ことを願って、「採炭の丘」→「再誕の丘」と名付けられたそうです。
 
 以前、南野先生から
 「刑務所は母親で、受刑者は子供。出所後、二度と罪を犯さないように、子供たちが再び誕生するようにと願う母親の心を表現しました
と言う言葉を聞いたことがありますので、このモニュメントを見ることも楽しみの一つでした。

 いろいろなことを深く考えさせられた視察でした。センター長さんをはじめ、多くの職員の皆様、本当にお世話になり、ありがとうございました。

美祢社会復帰支援センター 視察①

28会の皆さんと一緒に 私は、平成3年より(一般社団法人)ガールスカウト山口県連盟のリーダーを務めています。一昨年、昭和28年生まれの7名のリーダー仲間と一緒に自己研鑚のための「二八会(にっぱちかい)」を結成し、年に数回、定期的に集まり、いろいろな活動をしています。

 今回は、美祢社会復帰促進センターに視察に行きました。

 このセンターは、2007年、民間事業者のアイデアやノウハウを活用した国とPFI事業者の官民協働の刑務所として、全国で初めて美祢市に整備されました。

 その後、全国でこのシステムが導入され始め、現在、島根・栃木・兵庫の4カ所に整備されています。

 民間に委ねる業務の範囲は、施設の設計・建設、施設の警備、収容監視、職業訓練や健康診断等で、国職員と民間職員が協働して運営する、「混合運営施設」です。刑務所管理に伴う行政責任については、国が全て負うこととなります。

 職員数は、国が175人、民間が約820人。受刑者の収容人員は、男性500人、女性800人(全国で最大)。

 広い敷地(総面積280㎡)に中には、他の施設のようなコンクリート塀や鉄格子はありません。周辺の自然環境と調和するフェンス、居室などの窓には強化ガラスの使用により、とても明るく、一般社会に近い環境です。

 当センターは、初犯の受刑者のみの収容です。徹底した矯正処遇等を実施して、早期に社会復帰できるよう「人材の再生」を図っておられます(仮釈放率96.9%)。

 また、地域との共生、地産地消の観点により、食材の調達及び雇用面など、地元への経済効果を考慮しておられますし、施設内の一般食堂においては、地域住民の方も利用できるように一般開放しておられます。

 さらに、2011年、市立豊田前保育園が、このセンターの敷地内に移転し開園されました。全国で初めての試みで、現在、職員と地域の子供さんが一緒に通っておられます。

 続く・・・

 「山口県議会子育て環境づくり推進議員連盟」の会長を拝命しました

 山口県議会には、これまで長年続いてきた数多くの議員連盟があります。

全員参加の議連
  ・観光振興議連
  ・森林・林業活性化促進議連
  ・日本伝統捕鯨とクジラ食文化を守る議員連盟・・・等。

一部参加の議員連盟
  ・北朝鮮による拉致問題の早期解決を求める議員連盟
  ・スカウト運動推進議員連盟
  ・21世紀のエネルギー開発推進議員連盟
  ・岩国基地問題に関する議員連盟・・・等。  

 今回、去る7月1日に新しく議員全員参加による「山口県議会子育て環境づくり推進議員連盟」が発足し、図らずも、私は会長を仰せつかりました


******
設立趣意書

 本県では、結婚から子育て支援日本一の実現を掲げ、県民が安心して子供を産み、育てることができる環境づくりを推進するため、「やまぐち子育て連盟」を中心に、行政・地域団体・企業が連携し、社会全体で子育てを応援する「子育て県民運動」が展開されている。

 本議会としても、こうした県民総参加による子育て環境づくりの取り組みが一層推進されるよう、県や子育て連盟等とも連携し、子供や子育て家庭を支える機運の醸成や、子育て支援の輪を広げるための活動等に積極的に取り組むこととし、新たに山口県議会子育て環境づくり推進議員連盟を設立する。

事業計画

① 実際の子育て支援活動の現場を視察し、関係者の生の声を直接聞く。
② やまぐち子育て連盟や関係団体等が行う県民大会やフォーラム・セミナーへの参加
③ 山口子育て県民運動の取組において実施される関係団体等との意見交換会への参加、情報収集等
④ その他、本議連の目的達成に必要な事項
     
役 員

 顧 問  畑原基成
 会 長  藤井律子
 副会長  新谷和彦 他6名
 幹事長  二木健治
 幹 事  星出拓也 他5名

*****


 県が抱える最重要課題である少子化に対し、昨年8月、村岡知事は自らキャプテンとなって、「子育て連盟」を発足されました。議会としても、知事と共に、県民総参加による取組を積極的に推進するために議連を立ち上げた次第です。

 私自身、少子化に対して、強い問題意識を持っています。また、子育て世代に対し、いろいろな支援も行ってきました。今回、会長のお役を仰せつかったことは、これまでの活動を認めて頂いたものと、とても嬉しく思っています。

 子育ての経験を活かしながら、全力で頑張ってまいる所存です。

初めての監査委員協議会に出席して

 去る5月26日、県庁7階の監査室で、監査委員協議会が開催され、橋本議員と一緒に出席しました。

 監査委員4人と、監査事務局職員全員によるこの協議会は毎月1回開催されます。今回、橋本議員と私は初めてなので、会の前に説明を受けました。

 その際に、とても驚いたことがあります。
 監査委員室には、卓上ネームプレートに私の名前が書かれた机がありました!議会棟以外に、自分の席が設けられるのは初めてのことです。

 窓の外には、県庁の南側の風景が広がります。木々の新緑が美しい前庭、広い駐車場、藩庁門、まっすぐ伸びるパークロード、穏やかな市街地、小高い丘の上のサビエルの塔など・・・。

 今までもずっと見てきた光景ではありますが、自分の席から見ると、思いはまた異なります。感動しながら、眼下の光景を眺めました。

 その後、緊張しながら初の協議会に臨みました。監査委員の任務としては、この協議会と、県庁や出先機関等157カ所の定期監査があります。月に3~5日、任務に就くことになります。

 大変な任務です。しっかり頑張ってまいります!

山口県監査委員を拝命しました

 14日、議会が終了いたしました。

 先日、上提されていた4つの議案の採決がなされた後、監査委員の選任について、村岡知事より県議会の同意を得るための追加提案がなされました。

 県議会から監査委員として選任された2名は、2年間にわたって、県行政において適正かつ効率的な運営がなされているかチェックする役目を果たします
 
 この度、その監査委員に選任され、橋本尚理さん(自民党新生会)と共に県議全員の同意を得、この任を拝命しました。

 尚、自民党会派からは、初の女性の監査委員です。

 大変忙しい任務であると聞いていますが、よい勉強の機会を与えていただいたと思い、全力で頑張ってまいる所存です。

5月臨時会開会

 5月11日に、山口県議会において5月臨時会が開会しました。

 11日には正・副議長選が行われ、第62代議長に畑原基成県議、第66代副議長に塩満久雄県議が選出されました。

 就任挨拶にて、畑原新議長は「活力みなぎる山口県の実現に向け、全力で職務に当たりたい」と決意表明をされました。


 会期は14日まで。新しい委員会構成などが決定されます。

 山積する山口県の課題解決に向け、村岡県知事と県議会が車の両輪となって、取り組んでいかなくてはなりません。

 新体制の下、議会の一員として、県勢発展のため頑張ってまいります。

2月定例会が閉会しました

 13日に本会議が開催され、7,066億375万円の新年度一般会計当初予算案や県議会委員会条例の一部改正案など70議案と、意見書案1件が可決され、2月定例会が無事、閉会しました。


 閉会後、4月の任期満了をもって勇退される4人の議員さんを「送る会」が開かれました。村岡知事さんから
「長年にわたり県政の発展に尽力いただき、心より感謝します」
というお言葉が贈られた後、女性職員さんから花束が贈呈されました。

 ご勇退される議員さんは、松永卓氏(山口市区、7期、自民)、山手卓男氏(岩国市玖珂郡区、6期、自民新生会)、末貞伴治郎氏(山口市区、5期、自民新生会)、吉田和幸氏(下関市区、5期、自民新生会)の4人です。

 皆さんは、私が県議になった時、既に、当時、党の役員さんや、議会の委員長さんクラスのベテランでした。何もわからない私に、いろいろなことを教えてくださいました。感謝の気持ちと共に、本当に寂しく思います。

 この4月の選挙に立候補を予定している議員さん方は、議会が終わりましたので、一気に県議選に向かって動き出されます。

 私も現在、毎日走り回っているところですが、
「りっちゃん、頑張ってね!体に気をつけるんよ!」
と声を掛けてくださる方々に出会うと、本当に嬉しくなります。

 皆様のために、これからも全力で頑張っていきたいと思います。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ