日韓小学生ハンドボール親善交流会

 8月7~11日、「第7回日韓小学生ハンドボール親善交流会」が岩国市で開催されました。

 これは日本ハンドボール協会の主催で、日韓の小学5~6年生がハンドボールでの交流を行うものです。会場は毎年日韓が交互に引き受けており、今年は日本での開催となりました。

 会の目的は、ハンドボールを通してスポーツ親善交流をし、お互いのハンドボール技能レベルの向上を図ることです。

 日本側は、その年ごとに違う県協会が担当するのですが、今回「山口県で実施してもらえないだろうか?」と日本協会からお話があったときに、岩国のジュニアチームの指導者の方がすぐに「会長、ぜひ岩国で受けさせてください!」と手を挙げられたことで、岩国に決定しました。

 7日の夕方に、40名近くの韓国の小学生・指導者・スタッフの方をお迎えし、県協会主催の歓迎レセプションを開催し、私は会長として歓迎のご挨拶をいたしました。

 日本側の小学生たちは、歓迎の気持ちを込めてソーラン節を踊りました。言葉は通じなくても、子供たちはすぐに仲良くなっていきます

 また、期間中、合同練習や交流試合を実施しました。韓国は国内選抜チームということもあり、大変レベルが高く、技術・体力も目を見張るものがあります。

 この大会では、ハンドボールだけでなく宮島観光などを通し、文化交流も行いました。 MARSなどで開催自体が危ぶまれましたが、何事もなく無事に終了し、ほっとしています。

 来年は、韓国での開催となります。岩国の5年生は今から楽しみにしているようです。

<交流試合の結果>
  男子  IDBクラブ 24-15 韓国A
  男子  山口選抜 19-12 韓国B
  女子  IDBクラブ 13-18 韓国A
  女子  山口選抜 17- 9 韓国B

拳心館の春の昇級昇段試験を開催しました

 去る5月24日、空手道拳心館の春の昇級昇段試験がありましたので、開会式で挨拶をさせて頂いた後、幼児~小学生の部を見学してきました。

 どの選手も、みんな一生懸命!指導を受けて練習を重ねてきた成果を、指導者や保護者の前で披露している様子を見ていると、涙が出そうになるくらい感動します。

 私は、この拳心館の会長になって12年が経ちます。この間、礼儀作法や心身を健康にすること等を中心に、指導者や保護者に提言をしてきました。また子供たちへは、靴の整理整頓、挨拶、食事など、生活の中で大切なことを一つずつ話し、必ず守るように指導してきました。

 この日の朝も、体育館の玄関には約200人分の靴がきれいに整然と並んでいました。トイレなどで、何度も出入りをしますが、このきれいな状態は帰る時まで続きますので、全員の心がけ一つだと思います。

 また、この拳心館での指導のおかげで、自分の家の玄関もきれいにする習慣が付いてきたという話を聞くと、「話した甲斐があった」と嬉しくなります。

 また、指導者の中にはいろいろな方がいらっしゃいますが、特に多いのは、地元の企業にお勤めの30代~60代の皆さんです。中には親子で一緒に指導者としてご活躍して頂いている方もあります。

 その中のお一人が、次のように言われました。

「小さい頃から、父親には絶対に勝てないが、尊敬しながら、ずっと、その背中を追って来たし、これからもそうして行きたいと思う。
 以前、自分は仕事が嫌いで、会社に行くことが苦痛となり、本当に悩んだ時がある。でも、自分の心や考え方を変えることによって、大きく勤務環境を変えることができた。
 この時気付いたことは、『世の中には楽な仕事などあるはずがない。それをミスマッチという言い訳で辞めていたら、何度も転職を繰り返さなくてはならなくなる』。
 この貴重な経験を、今から社会に出ていく若者などに教えてあげたい。


 そんな若い指導者のおかげで、子供たちがすくすくと育ち、次々と、指導者になってくれています。本当にありがたいことだと心から感謝しています。みんなで頑張りましょう!


****
山口県新空手道連盟 拳心館 ブログ
2015/5/26 「2015年春季昇級・昇段審査会」

ミニバスの第14回藤井真杯大会が開催されました

 去る23日、周南市ミニバススポーツ少年団の春季交歓会、ならびに第14回藤井真杯大会が開催されました。役員の皆様が、こうして夫の名前をいつまでも残してくださいますことに、心から感謝しています。

私は来賓としてご案内を受け、挨拶の場をいただきましたので、全国の体力テスト学力テストの結果についてお話しました。
・体力テストの成績が良い県は、体育の授業以外で、スポ少やクラブなどで、毎日1時間以上、スポーツをしている子どもが多い。
・スポーツをしている子供たちは、疲れているので、夜、勉強をしたら早く寝る
・早く寝ると、朝早く起きることができ、ゆっくり朝ご飯を食べることが出来る。
・朝ごはんを食べると、脳への血流が増えるので、授業の内容も良く理解でき、成績が上がる。
早寝、早起き、朝ごはん、運動、勉強の良い循環を作っていくことが大切
・皆さんには無限の可能性がある。何事にも全力で立ち向かっていただきたいと思うので、そのためにも、今一度、毎日の生活を振り返ってみて欲しい。
・家族の方には、子供たちがこの基本的生活習慣を身に付けることができるよう、 お願いしたい。

 その後、私の地元の櫛浜・久米チームと岐山チームの試合を観戦しました。小学生と言え、背も高く、また、素晴らしい技術を持っている子供さんもたくさんいて驚きます。逆に、まだ入ったばかりの1-2年生の子供は身長も低く、掌よりもはるかに大きなバスケットボールをうまく扱うことができない子供もいます。

 以前は、各学年10名ずつ選手がいたそうですが、今はチーム全体で10名余りのところが多く、選手の確保にどのチームも苦労されており、そのために興味のある子がいれば、低学年から入部させているようです。

 試合は6分のクォーター制。10人以上選手として出場しないといけませんので、登録選手数が少ないチームは、技術がなくても低学年の子供を出場させなくてはならず、とても大変な様子です。

 選手が少なくなった原因として、少子化の影響もあげられますが、同時に、共働き家庭が増え、練習や試合の送迎が困難なためにスポ少に入れることができない家庭も多くなったそうです。
 おじいちゃんやおばあちゃんが近くに住んでいらっしゃれば、その力をお借りすることもできるでしょうが、核家族では難しいのでしょう。

 しかし、子供の成長には、スポーツをすることは体力をつけるためにも、また、仲間づくりや、社会のルールを知る上でも、必要な事だと思いますので、できるだけ、その機会を作ってあげて欲しいと願います。

<結果表>
トーナメント表















第66回中国高等学校ハンドボール選手権大会

 5月9-10日、「第66回中国高等学校ハンドボール選手権大会」がキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターにおいて開催されました。

 本大会は、厳しい予選を勝ち抜かれた男女それぞれ16校の皆さんによる、中国地区の高校ナンバーワンチームを決定する大会であると同時に、今月末の各県のインターハイ予選に向けた絶好の力試しの場でもあります。

 8日の開会式には、選手の皆さんはとても緊張した面持ちで参加されていました。私は県ハンドボール協会の会長として、歓迎の挨拶をさせて頂きました。

 選手の皆さんには、本大会を一つのステップとして、今後さらに同じ中国地区の良きライバルとしてしのぎを削り、今年の大阪インターハイにおいて大活躍されますよう大いに期待しています。

 2日間にわたる試合の結果は、
男子決勝
岩国工(山口)23―21総社(岡山)
女子決勝
高水 (山口)22―19玉野光南(岡山)


と、山口県は男女共に、見事、優勝することができました。

 中でも今回のトピックスとして、この優勝チームの中に一組の三つ子のご兄妹がいらっしゃいました。岩国工業高校に男子と、高水高校に女子2人。ご両親は会場に応援に来ていらっしゃったようですが、お喜びの気持ちはいかばかりでしょう!

 来年8月には、キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターをメイン会場に、周南市、下松市、光市の3市においてインターハイのハンドボール競技が開催されます。

 三つ子のご兄妹には、ハンドボールの啓発のために、ぜひ、モデルとしてご活躍頂きたいものだと思います。

ハンドボール徳山クラブ女子が「トップスポーツクラブ」の指定を受けました

 去る4月30日、県庁の県政資料館において、平成27年度の「トップスポーツクラブ」の指定証交付式が行われました。

 トップスポーツクラブは、国体などでの活躍が期待される県内トップレベルの企業・大学・クラブチームが対象で、成年競技のさらなる競技力向上を図ることを目的としています。

 本年度、公益財団法人山口県体育協会から指定を受けたのは、今年バトミントンの日本リーグ1部に昇格した「ACT SAIKYO」を始めとする14競技16チームです。指定を受けると、合宿や遠征の補助などを受けることができます。

 交付式には、指定を受けたチームの監督や選手の皆さん約20名が出席されたそうです。光栄なことに、我がハンドボール徳山クラブの女子も指定を受けることができました。

 早速、安田監督は、県体協の太田専務理事から頂いた指定証と激励の品をチームの皆さんに披露し、今年度も国体に参加できるようにと檄を飛ばされました。

 実は、県内にはハンドボールの女子のチームは徳山クラブしかありません。このクラブを強化することは、即、山口県の成績を上げることに繋がります。

 山口県ハンドボール協会としてもこのことに全精力を注いでおり、私も会長として、一昨年から山口銀行へ女子の雇用をお願いしてきました。その結果、昨年1人、今春2人が就職し、勤務終了後に徳山クラブでの練習や試合に励んでいます。

 少しずつメンバーが充実してきたおかげで、昨年は中国大会で強豪岡山チームを破り準優勝。3年ぶりに、中国ブロック代表として、長崎国体に出場してきました。

 今年の国体は和歌山です。皆様の大きな期待を受けて、ぜひ頑張っていただきたいと願っています。

サンデー早朝野球連盟のリーグ戦が開幕


 球春到来!

 3月15日、サンデー早朝野球連盟のリーグ戦が開幕しました。

 早朝より6試合が行われた後、17チームの皆さんが揃いソフトボール球場で開会式を開催しました。

 私は、会長として
野球を愛する人たちのこの大きな力を、仲間づくりや地域づくりの進展のためにお貸しいただきたい
とご挨拶しました。

 怪我をしないように、楽しく元気に1年間の交流試合が行なわれます事を祈っています。

 始球式では木村市長さんがピッチャー、高村副総裁のご子息がキャッチャー、私がバッター!

 見事な球が投げられ、球場には大きな拍手が響き渡りました。








初めてアイスホッケーの試合を観戦②

 くだまつ健康パークは、我が家から歩いて10分の所にあります。本館の隣には、夏はプールとなる大きなアイススケートリンクが併設されています。

 ここは、山口県のアイスホッケーの選手たちの練習場所となっているそうで、この日も夕方からは貸し切りとなっていました。

 ウォーミングアップの時間になると、防具に身を包んだ選手たちが颯爽とリンクの上に滑り出してきました。リンクのすぐ傍で見ていた私は、まず、そのスピードと選手の大きさに圧倒されました。

 リンク上で「開会式の挨拶」をするという初体験の後、試合を観戦しました。滑りながらスティックでパックを打ち、シュートをするという神業的な、本当に勢いのある試合展開!

 2階のスタンドには、選手の家族や、県内のジュニアチーム・女性チームの姿がたくさん見え、選手のファインプレーのたびに大きな拍手が起こります。私も旧知の選手の姿を目で追っかけながら、試合の醍醐味を満喫しました。

 試合終了後の閉会式で、支援金が10万円を超えたと発表され、歓声が沸きました。河内監督の説明によると、3.11の後行った第1回目は40万円もの寄付が集まったが、2回目・3回目は10万円を切っていたからだそうです。

 常々、私は「スポーツは地域づくり・人づくりに大きな力を発揮する」と話しています。また、「ジュニアからの経験は、優れた技術や体力を身に付ける」し、「チームワークを必要とするスポーツは、人間力を作っていく」とも言っています。

 今回、試合を観戦させていただき、また選手の皆さんと話しをし、やはり、この感覚は間違っていなかったと確信しました。

 さらに、広島コレクターズチーム、山口ドランカーズチームは共に、大変、素晴らしい理念を持った頑張り屋さんのチームであることがよくわかりました。これからも応援していきたいと思います。皆さん、怪我をされませんように頑張ってくださいね。

初めてアイスホッケーの試合を観戦①

 古くからの友人である河内さんからご案内を頂き、去る15日、生まれて初めて、アイスホッケーの試合「広島コレクターズvs山口ドランカーズ」を観戦させていただきました。

 この試合は「東日本大震災・広島土砂災害の復興支援チャリティマッチ」として開催され、会場であるくだまつ健康パークアイススケートリンクの入口では子供たちが募金を行うなど、活気に溢れていました。想像以上に観戦される方が多く、失礼ながら、「こんなにアイスホッケーの関係者がいらっしゃるのか!」と驚きました。

 今回、来賓としてご挨拶と「始球式」をさせていただきました。河内監督さんから、
「本来でしたらリンクの中央でしていただきたいのですが…」
と言われましたが、スケート靴は、もう40年近くも履いていませんので、怖くて、とてもそんな勇気はありません。

 そんなわけで、氷上に一歩踏み出したところでご挨拶と始球式をさせていただきました。

 始球式では、試合で使用する球のようなもの(パックと言います)を氷上にポトリ。全て初体験であり、戸惑いながらも行いました。


 今回学んだアイスホッケーのルール・慣習をご紹介します。

* 試合は、1ピリオド20分を、休憩をはさみ3ピリオド行う。60分の総点を競う。
* パックをスティックで飛ばし、相手ゴールに入れたら1点。
* 1チーム6人+キーパー。選手交代には規制がなく、次々に入れ替わる。
* 選手交代はリンクの柵をまたいで出入り。
* 開会式などで選手は装備から拍手ができないので、スティックでガンガン氷を叩く。





 アイスホッケーは、氷上の格闘技と呼ばれています。

 実際観戦してみると、スケート靴のエッジが氷を削る音が激しく聞こえる中で、パックが勢いよく飛び、大変な迫力がありました。また、秒単位で攻守が変わるなど、スピード感あふれる試合運びに驚きました。




続く・・・



周南市体育協会統合設立10周年記念式典に出席して

 公益財団法人 周南市体育協会統合設立10周年記念式典と祝賀会が、2月13日、周南市の遠石会館で行われ、266名の出席がありました。

 当協会は周南市民のスポーツの統一組織として市民の体力の向上、及び、スポーツ精神の高揚を図りスポーツの振興に寄与することを目的として、平成16年4月1日に、2市2町の体育協会が統合して設立されました。

 現在、加入団体は37、会員数5万人。周南市の人口は148,388人(平成27年1月31日現在)ですから、市民の3人に1人が会員という事になります。

 スポーツ大会で、周南市を訪れる人は年間5万人。その内、宿泊者は3万人。また、中国大会以上の大会は年間30回を超えるそうです。

 式典で和田会長は、
「健全な精神は、健全な肉体に宿る。競技力の向上はもとより、子供たちに人生を生き抜いていく力をいかに付けさせるか、忘れてはならない」
とご挨拶をされました。

 私は県議としてご案内を頂きましたが、いつも一緒に活動しているレクリエーションや野球、空手、バスケット、ハンドボール関係の方たちも多数出席されており、親しく意見交換をすることができました。

 これからもみんなで頑張っていきましょう。

「第31回山口県少年野球部門親睦リレー・マラソン大会」

 2月8日、「第31回山口県少年野球部門親睦リレー・マラソン大会」が、周南市陸上競技場で開催されました。

 主催は桜木野球スポーツ少年団、大会会長は田村勇一団長さん。参加者は周南市のみならず、岩国市・萩市・山陽小野田市・防府市など県内各地から集まった、31チーム、648名の少年野球選手たちです。


 私は大会名誉副会長として毎年ご案内を受け、出席させて頂いていますが、今年は、大会名誉会長の高村副総裁も開会式にお越しくださいました。


 保護者や指導者など2000名近い方が整列されているスタンドの皆さんに向かって、私は次のようにお話させていただきました。

 「私はこれまで何度もスターターの役をさせていただいているが、いつも何名かの人が転んで怪我をし、そのたびに、とても胸を痛めている。

 スタート地点に立つと、誰でも、気持ちが高まり、すこしでも早くスタートしようと思うだろうが、決して前の人を押してはならない。ぜひ、『美しいスタート』を切っていただきたい」

 そして、今年も、スターターのお役を頂きました!


 大会運営の応援団として、周南市役所の陸上部の方が来てくださっていましたので、私は、選手の皆さんが美しいスタートを切れるように、スタートの合図やピストルを撃つタイミングの指導を受けました。

 マラソンの部には毎年、学年ごと(3年~6年)に150人から200人近い子供が参加しますので、スタートラインには選手がひしめき合います。

スタートの瞬間 「後ろの人は押さないでね」と言いながら、スタートの準備をします。いつも本当に緊張する一瞬ですが、幸いなことに、今年はリレーの部のスターターのお役でした。

 選手は横1列に並ぶことができるチーム数ですので、押すこともなく、きれいなスタートを切ることができ、ホッとしました。

 この大会は、冬季の体力増進、頑張る力を養うこと、礼儀やマナーを学ぶこと等を目的として開催されているものです。参加者が多いので、準備や運営も大変ですが、桜木野球スポーツ少年団の保護者の皆さんが、黙々と働いてくださっています。その姿にはいつも頭が下がります。

 子供たちが、未来に向かって大きく羽ばたいていくために、これからもどうぞよろしくお願いしますね。
プロフィール

ふじいりつ子

Author:ふじいりつ子
山口県議会議員

リンク
カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ